無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5/9-21は香港とか桂林の旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 ミャンマー

ミャンマー旅にかかったお金

   

投稿日:

毎度恒例、費用集計結果の記事でございます。
まずはミャンマーから書こうと思います。

120525ミャンマーGPS
↑ミャンマーの移動経路

水色の線の下がヤンゴン。スタート地点兼ゴール地点です。
三角形の右上がマンダレー。
三角形の左上がバガンです。

こうやって移動経路を見てみると、辛かった出来事を思い出します。

だって、
・ヤンゴン(下)⇒マンダレー(右上) バスで9時間
・バガン(左上)⇒ヤンゴン(下) バスで10時間
で移動できたのに、

マンダレー(右上)⇒バガン(左上) 電車で18時間
だったんです。

どれだけミャンマーの電車は遅いんだい?
って話ですよ。

それについてはまた後で触れるとして、費用集計に移りましょう。

◆渡航準備のお金:5,397円
・ガイドブック1冊.......1,995円←地球の歩き方ミャンマー編
・観光ビザ取得........3,402円←バンコクで取得(即日発行料金1260バーツ)

◆国際移動のお金:合計約14,878円
・バンコク(タイ)⇔ヤンゴン......14,878円←飛行機、エアアジア

◆ミャンマーで使ったお金:合計18,368円
・食費............3,572円
・宿泊費...........3,526円
・交通費...........9,174円
・入場料...........1,251円
・エンターテイメント........0円
・ツアー代.............0円
・その他.............846円←インターネット、洗濯、チップ、日用品など
(*)お土産代は計上していません。

1チャット = 0.1025円で計算しました。
2012/4/14~4/20の7日間、ミャンマー観光しました。
行った場所は、ヤンゴンとマンダレーとバガンです。

タイのお隣にある国のミャンマー。

場所的には決して遠くはないのですが、
・ビザの事前取得が必要
・(基本的に)陸路での入国不可
という状況のため、なかなか行きづらい国でした。

でも気になっていたミャンマー。ついに入国です。

DSC04653
↑自動車

いきなりこんなのを見せつけられて、度肝を抜かれました。

でも水かけ祭りで盛り上がっているというだけで、
いつもこんな無茶をしている訳ではないようです。
(後で知って安心しました)

DSC04618
↑水かけ祭り

到着した日は、水かけ祭りの真っ最中でした。
ほとんどの人がガチです。

IMG_4533
↑水かけ祭り

しかも上手すぎるし。
私も大変な目にあいましたが、いい思い出になりました。
いい時期に行ったと思います。

DSC04737
↑子供たち

親切で愛想の良い人が多かったので、楽しく散策できました。
周辺国に比べると、明らかに人の雰囲気が良いです。
東南アジアではトップクラスだと思います。

「写真撮ってー」って言われることも何回もあって楽しかったです。

DSC04793
↑電車

そしてこれが問題の電車。
席が広々としていたのが唯一の救いでしたが、だいぶしんどかったです。

世界でもトップクラスのしんどさだと思います。

少なくとも私の経験したなかでは、一番です。

DSC04796
↑電車

ねずみも大量に発生していましたしね。
もしこれが黒い昆虫だったら、途中で飛び降りていたかもしれません。

しかも横揺れどころか、縦揺れまでするというファンタスティックな電車でした。
ミャンマーで長距離移動するときは、バスの利用を強くオススメします。

DSC04833
↑フミヤさん

ミャンマー正月に苦労しながら、一番の目的地のバガンに行きました。

DSC04849
↑バガン(ニャウンウー)の街並み

素朴な街並みがいい感じでした。
それでいてさほど不便でもないし、時間があればもっと長居したかったです。

DSC04871
↑遺跡

馬車をチャーターしての遺跡めぐり。
かなりの暑さでしたが、こういう観光は雰囲気があっていいものです。

IMG_4602
↑バガンの仏塔

アンコールワット、ボロブドゥールと並ぶ、仏教三大遺跡のバガンです。

IMG_4811
↑バガンのお寺

さすがにアンコールワットと比べると少しスケールは下がりますが、
十分に見応えのある遺跡でした。

IMG_4437
↑ヤンゴンの仏塔

あちこちに見応えのある遺跡があり、短期間の観光でしたが、
けっこう満足することが出来ました。

でも太陽熱で焼けた石の上を裸足で歩くのは、拷問に近いものがあります。

DSC04750
↑ミャンマー料理

日本人にはあまり馴染みがありませんが、色々な料理がありました。
そこそこ美味しいし、値段が安いのも嬉しいです。

麺とサラダとスープとコーラで、113円くらいでした。

DSC04840
↑ミャンマー料理

ライスサラダという料理。
チャーハンともちょっと違う、不思議な食感の米料理でした。
ご飯とサラダとスープが50円くらい、
ミートボールが2つで80円くらい、怪しいコーラが35円くらいでした。

DSC04890
↑ミャンマー料理

こんな風にたくさんのおかずが出てくるのが、ミャンマーの伝統的スタイルのようです。
これだけ出てきて約300円。(コーラは別)
ご飯もおひつで出てくるので、確実にお腹いっぱいになります。

と、そんな感じのミャンマー旅でした。
私は宿で3泊、バスで2泊、電車で1泊という、かなり無茶なスケジュールでしたが、
観光地は他にもたくさんありますし、もっとゆっくり滞在したかったです。
今度は最低でも2週間くらいは行きたいところですねー。
うん、また行きたいです。いい国です。

タイまで行って、さらに時間のある旅人は、
ミャンマーに行くことを強くオススメします。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, ミャンマー

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.