無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/26-1/12はイタリア旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ラオス

ビエンチャン到着

   

投稿日:

5/6に、ブッダパークを見学して大満足したあとの話です。

IMG_6696
↑街並み

バスでビエンチャンに向かおうと思います。
15分おきにバスがあるそうです。

DSC06135
↑売店

おっちゃん達に混じって、バスを待たせてもらいました。
ベトナムから来たそうです。

DSC06134
↑おやつ

ビールをご馳走になりました。
ぬるいしあまり美味しくなかったですが、ありがとうございます。

DSC06136
↑バス

料金は6000キープ(≒60円)。
さっきの食堂の前も通りました。

電車でラオスに入った人は、友好橋付近まで歩けば、
ビエンチャン行きのバスに乗ることができると思います。

DSC06137
↑街並み

イミグレーションっぽい建物。
バスで入国した人は、ここで手続きするのかな?

DSC06138
↑バスターミナル

ブッダパークから1時間くらいで、ビエンチャンのバスターミナルに到着です。
さて、まずは宿探しです。

DSC06140
↑街並み

欧米人旅行者を多く見かけます。

IMG_6699
↑凱旋門

地球の歩き方には、
「樹木がなければ、まさにパリのよう」
って書いてあります。

でもさすがにそれは同意できないです、、、

DSC06143
↑地図

ところどころに地図があって親切です。

DSC06144
↑街並み

欧米人向けのおしゃれな飲食店が多いです。

DSC06147
↑街並み

ビエンチャンは予想外に近代的な雰囲気です。

DSC06150
↑街並み

静かなんだけど、それでいて活気もあるビエンチャンの町。
なかなか居心地が良さそうです。

DSC06152
↑部屋

チャンター・ゲストハウスという宿にしました。
エアコン、ホットシャワー付きで、1泊100,000キープ(≒1000円)。

本当は夜行バスでルアンパバーンに移動しようと思ったのですが、
さすがに夜行3連投は厳しいと思い、予定変更して宿泊する事にしました。
自分も電子機器も、充電が必要です。

シェムリアップ出発から37時間、さすがにちょっと疲れました。

もっと安いサバイディー・ゲストハウスという宿も気になったのですが、
南京虫が居るという噂を聞いたので、やめておきました。
(Thundersさん、情報ありがとうございました!)

DSC06154
↑スイッチ類

なんとなく好きな配列。

IMG_6703
↑街並み

一息ついてから町を散歩です。

IMG_6705
↑看板

寿司など、和食屋さんも何件かあるようです。

IMG_6707
↑街並み

安宿が何件も並んでいました。

IMG_6714
↑工事中

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ラオス

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.