無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ラオス タイ

タイ⇒ラオス

   

投稿日:

*********************
2012年5月6日 日曜日 電車の中(タイ)

おはようございます。
バンコク⇒ノーンカーイの夜行列車で移動中です。

たまにガタンガタンいいましたが、概ね快適に寝られました。
エアコンも強めに効いていたので全然暑くありませんでした。
むしろちょっと寒いくらいかも。

DSC06112
↑タイ人家族

私の下のベッドの人。
娘さんが日本語を勉強中だそうです。
やたらツンな娘さんと、ちょっとニューハーフっぽいお父さんが印象的でした。

DSC06116
↑車窓

朝食セットを160バーツ(≒432円)で車内販売していましたが、
ちょっと割高に思えたので遠慮しておきました。

それにしてもタイの夜行列車は快適です。
ストレスなく移動できることは、非常に嬉しいです。

IMG_6568
↑ノーンカーイ駅

定刻からけっこう遅れて、10時ごろノーンカーイ駅に到着。
タイ東北部の終点駅です。
ここからラオス南部まで、短距離の電車がつないでいます。

まずはラオスまでの切符を購入。20バーツ(≒54円)

写真中央にあるブースが、出国窓口です。
簡素な建物ですが、問題なくスタンプを捺してくれました。
今回もタイは1日だけの滞在での出国です。

IMG_6569
↑電車

これでラオスに向かいます。
時刻表の出発時刻はとっくに過ぎているのですが、
バンコクからの電車を待っていたようです。

IMG_6572
↑車内

旅人が全員乗り込んだころ乗車。

子供が運転席の脇に行っても全然問題ないようです。
ほんわかした車内。

IMG_6575
↑メコン川

この川がタイとラオスの国境となります。

ここまでタイ
******************
ここからラオス

IMG_6579
↑駅

10分くらいでしょうか。
すぐにラオス側のターナレーン駅(?)に到着しました。

まるで切符売り場のような窓口で、入国審査を行います。
入国カードを記入して、40バーツ(≒108円)を支払って、無事に入国完了です。

入国手続きしなくても駅の外に出られそうだし、
ずいぶんゆるい雰囲気の国境です。

DSC06120
↑貼紙

日本語も併記してあります。

DSC06119
↑駅

日本語の流ちょうな人がいて、町までの移動手段を説明してくれました。

「ビエンチャンまではタクシーで300バーツ(≒810円)です。
バスはありませんよ。ラオスは貧乏ですから。
来年か再来年にはバスが開通するんじゃないですかね?」

いや、絶対に嘘でしょこれ。

地球の歩き方にも、「この駅の人はふっかけてくるから注意!」
みたいなことを書いてありますし。

IMG_6582
↑街並み

さっきの人を信用できなかったので、自力でバスを探すことにしました。
メコン川の橋(友好橋)まで歩けば、公共のバスがあると予測しますので。

IMG_6589
↑街並み

さすがラオス、タイに比べてずいぶんのどかになりました。

IMG_6590
↑街並み

とりあえず線路に沿う感じで南へ向かいます。
最初の踏切は渡りました。

IMG_6591
↑道路

駅から30分くらい南に歩いたら、大きな道路に出ました。

IMG_6592
↑橋

たぶんあれが友好橋ですね。
そこそこ交通量の多い道だし、バスがあると良いのですが。

DSC06123
↑食堂

とりあえずそこら辺の食堂で腹ごしらえ。
いきなり軍人さんとオカマさんと相席です。

DSC06125
↑昼食

ペプシコーラ 5000キープ(≒50円)
ミー・ナム(ラオス風ラーメン) 12000キープ(≒120円)

香草いっぱいのラーメンです。
ベトナムのフォーみたいな味です。

まだラオスの通貨に両替していなかったのですが、
USドルとかタイバーツを、そのまま受け取ってくれました。
ラオスの人は、3種類の通貨を併用しているようです。

DSC06126
↑昼食

肉から魚から、色々な怪しげな具が入っています。
コクがあって美味しかったです。

DSC06130
↑バス

食堂の人達に聞いて、無事にバスに乗車できました。
とりあえず町とは反対方向に向かいました。
運賃は6000キープ(≒60円)。

ガイドブックに頼らず、人に聞きながらの旅というのも、
けっこう楽しいものですね。

DSC06131
↑街並み

道路の状態はこんな感じ。
けっこうな悪路です。

IMG_6594
↑公園?

というわけで、ラオス最初の目的地のブッダパークに到着です。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ラオス, タイ

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.