無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/21はオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

カンボジア

バイヨンとか

   

投稿日:

5/4に、アンコール遺跡群を見学にいくところからです。

おおざっぱな用語解説。
アンコール・ワット・・・凄い遺跡の名前
アンコール・トム・・・大きな遺跡の名前(この中にバイヨンとかバプーオンとかがある)
アンコール遺跡群・・・上記の遺跡と、その周辺にある遺跡の総称
シェムリアップ・・・その見学拠点となる町の名前

IMG_6047
↑トゥクトゥク

カンボジア式のトゥクトゥクは、バイクに座席が連結されたものです。
馬車みたいな感じですね。

宿泊しているタケオという宿で、トゥクトゥクの1日チャーターを申し込んでおきました。
アンコール遺跡群を小さくまわるAコースで、1日10ドル(≒820円)。
それにサンライズ鑑賞の追加料金が2ドル(≒164円)でした。

以前に比べるとけっこう値上がりしましたが、それでもだいぶ安く感じますね。

IMG_6060
↑南大門

8:00に宿を出発。
まずはアンコール・トムから見学します。
これはその入り口となる南大門です。

IMG_6049
↑象

IMG_6052
↑像

綱引きっぽい姿勢です。

IMG_6067
↑像

いい表情。
アンコール・トムは2km四方くらいの城壁に囲まれています。

IMG_6077
↑バイヨン

アンコール・トムの中心部にあるバイヨンに行きました。

このバイヨン。
アンコール・トムの中心どころか、宇宙の中心とまで言われています。

IMG_6088
↑看板

大声を出すのは禁止。
そりゃそうですよね。ゆっくり静かに見学したいものです。

IMG_6097
↑レリーフ

色々な彫刻があります。
バイヨンは12世紀末に建設されたようです。

IMG_6103
↑バイヨン

中に入ると、一段と迫力が増します。

バイヨンやばい!スゲー!とんでもなく偉大な遺跡です!!

10年前に見たときは、それほど興奮しなかったんですけどね。
どうしてこの良さが解らなかったのか、本当に不思議です。

IMG_6123
↑バイヨン

石の重厚感が凄いです。
歴史を感じます。

IMG_6125
↑レリーフ

世界中でたくさんの遺跡を見てきた今だからこそ、その良さが解るような気がします。
これだけの偉大な遺跡は、世界広しといえど、そうそうありませんから。

IMG_6133
↑バイヨン内

そこは座っちゃダメですよー。
あと大声で騒いではいけませんよー。

またしても「観光マナーの悪い人が多い国」の観光客が大暴れです。
非常に強い憤りを覚えました。

IMG_6139
↑バイヨン内

こんな風に、顔があちこちに彫ってあります。

スーパーファミコンのスーパーストリートファイターIIの箱に、
この顔が描いてあったような気がします。

そんな感じで、大興奮のバイヨン見学でした。
メインディッシュ(アンコールワット)がまだだというのに、かなり興奮しています。
アンコール遺跡群、自分内ランキングで、首位奪還あるかもしれません。
(現状の1位は、フランスのモンサンミッシェル)

IMG_6161
↑バプーオン

これも立派なのですが、体力温存のため、軽く眺める程度にしておきました。

IMG_6174
↑アンコール・トム内部

広いです。

IMG_6175
↑象のテラス

これも軽く眺める程度に。

IMG_6186
↑トゥクトゥクの待機所

DSC05989
↑おやつ

コカコーラ 1ドル(≒82円)
観光地価格ですが、暑いのでしっかりエネルギー補給しないと。

IMG_6191
↑タ・ケウ

IMG_6197
↑子供

遺跡内には、だいたい子供がいます。
あの手この手で、1ドルくらいもらおうと頑張っています。

IMG_6202
↑像

IMG_6219
↑タ・ケウ

高所恐怖症の私ですが、頑張って昇りました。
手をついて昇ったので、ちょっとヤケドしました。

IMG_6222
↑作業者

そんな感じで、アンコール遺跡群の見学は続きます。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-カンボジア

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.