無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/21はオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

カンボジア タイ

バンコク⇒シェムリアップ1

   

投稿日:

5/2に、バンコクの宿をチェックアウトするところからです。

6時頃に宿を出発。
カンボジアのシェムリアップへ向かいます。

シェムリアップは、アンコールワット観光の拠点となる町です。

DSC05848
↑街並み

朝のカオサン通り。
朝っぱらからビールを飲んでいる欧米人がいました。
楽しそうですね。

まずはバンコクの北バスターミナルへ移動します。

が、カオサン周辺に止まっているタクシーは、なかなか難しいですね。
10台近く声をかけたのですが、みんなメーターは使わずに、
「300バーツ(かなり割高)でどう?」
って提示してきます。

なのでカオサン通りからちょっと離れて、流しのタクシーを探しました。
1台目ですんなりと、メーターを使ってくれるタクシーが捕まりました。

DSC05851
↑北バスターミナル

意外と時間がかかりました。
カオサン通りから約30分で、バンコクの北バスターミナル到着です。
97バーツ(≒262円)

DSC05853
↑北バスターミナル

行き先ごとに窓口がたくさんあります。
インフォメーションカウンターで質問したら、すぐに分かりました。

まずはバンコクから国境の町アランヤプラテートまで。212バーツ(≒572円)

DSC05855
↑セブンイレブン

中華まんのようなものを販売していました。

DSC05856
↑セブンイレブン内

ランチパックみたいな菓子パンまで。

DSC05858
↑バス

7:30頃、バンコクを出発です。
席はそこそこ広くて快適です。
エアコンも効いています。

荷物が少ないので、預ける必要もありません。
ヒザの上に置いてもたいした重さではないので、とても楽です。

DSC05863
↑おやつ

バスの無料サービス。

DSC05860
↑朝食

さっきのセブンイレブンで買いました。
景気づけのレッドブル 10バーツ(≒27円)
肉まん 17バーツ(≒46円)

肉まんは甘い味付けでしたが、けっこう美味しくてびっくりしました。

DSC05869
↑街並み

どんどん田舎に向かっていきます。

タイは道路がよく整備されているので、バスはほとんど跳ねません。
エアコンも効いているし、ネパールやミャンマーのバスと比べると、
天国でございます。

10年前はツアーバスでも不安でいっぱいだったのに、
今はローカルバスでも余裕でどうにかなると思っています。
だいぶ成長しました。

DSC05872
↑バス

バンコクから5時間くらいで、アランヤプラテートに到着。

あれ?ここはバスターミナルではないようです。
どうやら国境付近の、旅行会社?の敷地のようです。

「こっちに並んで、カンボジアビザの取得手続きをしてください」

って、まるで義務のように呼びかけてきます。
確かにここでビザを取得することは出来るのですが、だいぶ割高っぽいです。

というわけでスルーして、自力で国境に向かいました。

DSC05874
↑さわやかな青年

色々と案内してくれました。
カンボジア側の旅行会社(バス会社)の職員のようです。

信用したりしなかったりしながら、適当にお世話になりました。

DSC05876
↑トイレ

男性用か女性用か、ちょっと判断に迷いますね。

ちょっと混んでいましたが、タイの出国手続きはあっさりと終了しました。
わずか12時間の滞在でした。

DSC05880
↑国境

タイの出国後、カンボジア側の建物でビザ取得の手続きです。
必要書類に記入して、写真を一枚添えて提出します。

料金は20ドル(≒1640円)+100バーツ(≒270円)でした。

あれ?この100バーツって何ですかね???
もしかすると職員のワイロの類だと思うので、抗議してもよかったのです
が、
ここはおとなしく支払うことにしました。

心象を悪くすると意地悪されるみたいですので、100バーツだったら、
まあ我慢しようかなー、という感じでした。

あと、写真が無いともう100バーツ追加されるようです。
でもそれが写真撮影の手数料という訳でもないので、これも意味不明です。

ちなみにさっきの旅行会社だと、1100バーツ(≒2970円)だったので、
こちらの方がだいぶ安く済みました。

ちょっと納得できない点もありましたが、無事にカンボジアのビザをゲットです。
いよいよカンボジアに入国です!!

ここまでタイ
**************
ここからカンボジア

DSC05883
↑街並み

おおおおお、なにこれ!!!!!!!

こんなに都会だったっけーーーーー??????
あれええええ?????

10年前に来たときは、地雷で足をなくしてしまったおじさんが、
手で動かす自転車でお菓子を売りにきたりしていたし、
もっと道路もホコリっぽかったのに。。

どうやらカンボジアは、この10年でかなり発展したようです。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-カンボジア, タイ

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.