無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/26-1/12はイタリア旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

タイ ミャンマー

ミャンマービザ申請

   

投稿日:

************************
2012年4月11日 水曜日 バンコク(タイ王国)

おはようございます。
昨日は会社員時代にお世話になった紳士にご馳走になり、そして宿泊させて頂きました。

DSC04164
↑窓からの景色

バンコクも大都会ですね。

DSC04168
↑窓からの景色

こんな家に住んでみたいです。
9:00頃に退室。大変お世話になりました。
このご恩は一生忘れません。

DSC04171
↑駅構内

10分100バーツ(≒270円)の散髪屋さん。
日本だけでなく、タイでもこういう商売が始まったんですね。

DSC04172
↑券売機

まずはスカイトレインという高架の鉄道で移動します。

相変わらず5バーツと10バーツコインしか使えない券売機。
懐かしいです。

DSC04173
↑改札と窓口

でもって窓口では、お札とコインの両替だけしてくれます。
切符の販売はしてくれません。

この微妙なシステムは、10年前と一緒です。

DSC04174
↑スカイトレイン

エカマイからチョンノンシーまで移動します。
35バーツ(≒57円)

DSC04175
↑スカイトレイン

一編成まるまる、ユニクロの広告が入っていました。

日本と似たような値段っぽいので、タイだとむしろ高級品なのかも?

DSC04176
↑車内

クーラーが効いててとっても快適です。
それにドラマみたいなCMみたいなのが放送されていました。

DSC04185
↑ミャンマー大使館

チョンノンシー駅で下車して、徒歩10分くらい。
ミャンマー大使館のビザ申請場所に到着。

DSC04187
↑ミャンマー大使館

内部はこんな感じです。
申請書をもらって記入します。
髪と目と肌の色を記入する欄があって、ちょっと驚きました。

DSC04186
↑街並み

写真は持参したのですが、パスポートのコピーを忘れてしまったので、
近所のコピー屋さんに行きました。
コピー1枚 3バーツ(≒8円)
ここで写真を撮ってもらうこともできます。

・申請書
・顔写真2枚
・パスポートのコピー
・申請料金1260バーツ(≒3402円)

を提出して、無事に申請完了しました。
今日の午後に受け取ることができます。

2営業日後の受け取りなら810バーツで済むのですが、
ミャンマー大使館は明日から6連休なので、特急料金を支払って、
当日受け取りにしました。

悪いタイミングで来ちゃったとも言えますが、
ギリギリ間に合ったんだから、むしろ幸運だったのかも?

DSC04190
↑街並み

とりあえずカオサン通りの宿に戻ります。

DSC04192
↑謎の巨大水門?

DSC04196
↑チャオプラヤー川で釣りをする人

30cmくらいの魚が釣れていました。

DSC04198
↑船

川沿いの船着場まで歩いてきました。
この船でカオサン通りの近所まで移動します。

サートーンからプラ・アーティットまで、30バーツ(≒81円)。
特急とか鈍行とか観光用とか色々な船があるのですが、
その種別はよく分かりませんでした。

DSC04213
↑船内

ガイドさんが色々と説明してくれます。
観光用の船だったのかな?

DSC04217
↑景色

たぶんワット・アルン。
バンコクを代表するお寺のひとつです。

DSC04223
↑船内

だいぶ乗客が降りてしまっても、ガイドさんは一生懸命にトークし続けます。
仕舞いには、なぜかABCの歌を歌い始めました。

DSC04229
↑飲食店

ミャンマー大使館から80分かけて、カオサン通りの宿に戻ってきました。
けっこう時間がかかりますね。

サブウェイ、バーガーキング、、、冷房の効いた室内で、
脂っこいものを腹いっぱい食べたい誘惑、、、

DSC04230
↑屋台

それに打ち勝って、今回もパッタイ(タイ風焼きそば)を食べることにしました。

DSC04231
↑昼食

パッタイ 30バーツ(≒81円)

唐辛子などの調味料をかけすぎて、見た目が謎な事になっていますが、
野菜がたくさん入った焼きそばです。
うん、今日も美味しいです。

お昼過ぎに宿に到着。
延泊手続きをしてから昼寝しました。
暑いよー。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-タイ, ミャンマー

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.