無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/21はオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 【南米】

南米旅にかかったお金1

   

投稿日:

だいぶ前の話になってしまいますが、南米旅全体の費用集計結果などです。

まずはGPSの移動経路ファイルをアップします。
↓クリックすると詳細地図が開きますが、データ量が多いのでご注意ください。

110205_GPS
↑序盤の移動経路

110218_GPS
↑中盤の移動経路

110313_GPS
↑終盤の移動経路

59泊60日の南米等9ヶ国の旅でした。
旅の日程はこんな感じです。

1/18 日本出発
1/19 コロンビア(ボゴタ)
1/23 エクアドル(キト⇒アマゾン⇒ガラパゴス諸島)
2/02 ペルー(リマ⇒アレキパ⇒プーノ)
2/04 ボリビア(ラパス⇒ウユニ⇒ラパス)
2/10 ペルー2回目(クスコ⇒マチュピチュ⇒ナスカ⇒リマ)
2/16 チリ(イースター島)
2/21 ペルー3回目(リマ)
2/24 チリ2回目(アリカ⇒サンペドロデアタカマ)
2/28 アルゼンチン(サルタ)
3/02 パラグアイ(アスンシオン⇒シウダーデルエステ)
3/03 アルゼンチン2回目(プエルトイグアス⇒ブエノスアイレス)
3/10 アメリカ(ロスアンゼルス⇒ハワイ)
3/18 日本帰着

今回も一項目ずつ、集計結果を書いてみようと思います。

2011年3月頃のレートで換算しています。
1ドル = 85円 くらいです。

◆食費:52,324円(平均872円/日)
まあ妥当なくらいかと思いますが、国よってだいぶ差がでました。
ボリビアは7日間滞在して、食費が1,684円(平均240円/日)でした。これは安い!
ステーキを食べまくったアルゼンチンは10日間滞在して11,552円(平均1155円/日)でした。

南米の人はお米を多く食べるという事もあり、口にあう料理が多かったです。
全体を通しての食事の満足度は、かなり高いです。

◆宿泊費:74,945円(平均1,249円/日)
意外と安いですね。
シルクロード旅の宿泊費が、平均1116円/日だった事を考えると、かなり割安に感じます。
しかもアメリカでは、そこそこいいホテルに連泊していますし。

だいたいどの場所にも、利用しやすい安宿があったためだと思います。
日本人宿の居心地もよかったし、やはり全体的な満足度はかなり高いです。

あ、、、でもちょっと怖い宿もありましたね、、、治安的に。
(コロンビアのボゴタとか、ボリビアのラパスとか)

◆交通費:286,911円
・日本からの航空券....145,150円
(成田⇒コロンビア、アルゼンチン⇒アメリカ本土、ハワイ⇒成田)
・国内交通..........122,130円
・国際交通..........141,760円

毎度毎度、交通費が高くついてしまう事が辛いです。
「世界一周航空券」でさえ35万円くらいという事を考えると、かなり割高に感じます。
特に、ペルーからイースター島の往復航空券が89,807円もした事が痛いです。
キャンペーン中なら25,000円くらいで買えたらしいですので、けっこう悔しいです。。

でも悔いはありません!
イースター島だけではなく、ガラパゴス諸島にも行けましたし、
あの経験と感動は、お金には代えられません。

◆入場料:23,105円
ガラパゴス諸島:8,500円、マチュピチュ:4,032円など、
超有名観光地は、やっぱりそれなりの料金がかかりますね。

◆エンターテイメント代:8,110円
カジノとか、ボート遊びとか、タンゴ鑑賞とかです。
まあこんなところでしょう。

◆ツアー代:44,965円
アマゾン、ナスカの地上絵、ウユニ塩湖、デスロードなど。
けっこうかかってしまいましたが、どれもこれも濃い内容で楽しかったです。

◆その他:10,778円
ネット、日用雑貨、洗濯、郵送代とか。
2ヶ月も旅してると、なんだかんだとお金がかかりますね。

◆お土産代:内緒
ビックリするくらい使っていました。。
カバンの容量MAXを超えて、お土産を買い込んでしまいましたので、
帰国後の配達にもかなり時間がかかりました。
旅の中盤では荷物を増やしたくないので、多くのお土産を買いづらいのですが、
ペルーでアルパカ製品をもっと買えばよかったなー、、、と少々後悔しています。

◆ガイドブック代:7,770円
地球の歩き方の南米編は、数ヶ国分まとまっているので助かりました。

それでは各項目が出揃ったので、合計金額の発表です。


59泊60日の南米旅の総額費用

631,037円

63万円、、、、あひー!!!!
基本的にあまり贅沢しなかったつもりではありますが、やっぱりこれくらいかかっちゃうんですね。

【アレンジ案】
・アメリカ本土とハワイに立ち寄るのをやめる
・イースター島行き航空券は、安いものを探して数ヶ月前に予約する
・バスのグレードを下げる
・外食を減らして、自炊を増やす
とすれば、あと20万円くらいは安くできると思います。

さて、ここからは写真を見ながら振り返ろうと思います。

「1つの国につき、1枚写真を貼ろう」
と思ったのですが、全然絞りきれませんでした。

南米旅、思い出多すぎです。

P1300724
↑ボゴタの広場

まずはコロンビアの首都のボゴタ。
初南米、しかもコロンビアなのでかなりビビッていましたが、とても平和な雰囲気なんですよねー。
本当に治安が悪いのか、疑わしくなってしまいました。

でも場所や時間帯によっては、ガチで危ないみたいです。
武装ゲリラも居るみたいですし、要注意でございます。

P1300683
↑コロンビアのご当地料理

豆と米が多いですね。やや淡白ですが、日本人の口にあう美味しさでした。

IMG_9871
↑アマゾンツアー

続いてエクアドル。
これはアマゾン4日ツアーに参加して、罠作り体験をしているところです。

IMG_0243
↑アマゾンツアー

ピラニア釣りなんかもしました。
もちろん楽しかった記憶はありますが、写真を見て振り返ると、
なんだか超楽しそうに見えるんですよねー。
また行きたいなー。

IMG_0122
↑ジュリアちゃん(右)

メキシコ人のジュリアちゃんとの恋は、残念ながら実りませんでした。

IMG_0581
↑type-Pとガラパゴスゾウガメ

まさかガラパゴス諸島にも行けるとは思いませんでした。

・入念に計画をしてから、決意を持って行く島
・調査団とか学者だけが行く島
みたいな先入観があったのですが、
「とりあえずエクアドル本土からの航空券を取れば行けてしまう島」
という気軽な観光地でした。

エクアドルはかなり楽しかったです。

IMG_1137
↑ウユニ塩湖

新婚旅行中の友人夫婦を追いかけるため、ペルーを素通りしてボリビアへ。
ここが世界一の絶景と評されるウユニ塩湖です。

うん、確かに世界一だと思いました。

下手なフィクションの世界よりも、ずっとずっと幻想的で神秘的ですね。
ただ、ラパスからウユニへのバスが、過去最悪の乗り心地でした、、、

他にもデスロードツアーに参加したり、宿が強盗に襲撃(未遂)されたり、
友人夫婦と出会えたりと、思い出深い国のボリビアです。

IMG_1365
↑クスコの街並み

そして南米旅のメイン国であるペルーへ。
高山病に悩まされながらも、まずは古都クスコを堪能しました。

IMG_1557
↑鉄道

ペルーレイルの高山鉄道で、マチュピチュへ向かいます。
駅は、旅人とか民芸品を売るインディヘナ(先住民)のおばちゃんとかで、かなり賑わっています。

この時のワクワク感は、過去最高レベルの凄さだったかも。

IMG_1734
↑マチュピチュ

でもってマチュピチュに到着。
カレンダーとか雑誌で何回も見た絵を、実際に自分の目で見られて、、、感動です。

IMG_2410
↑飛行場

ペルーでは、ナスカの地上絵も見に行きました。

IMG_2443
↑地上絵

正直言って、満足度はイマイチでした。
だってセスナが揺れまくり傾きまくりだから酔ってしまって、
しんみりと感動する余裕なんて、全然ありませんでしたし。。

でも地上絵を実際に見たという達成感は凄いです。
ついつい人に自慢したくなっちゃいます。

えーっと、、、、まだまだ続くのですが、長くなってきたので記事を分割します。
その2へ続く

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, 【南米】

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.