無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 7/15-21はウラジオストク旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 アゼルバイジャン

アゼルバイジャン旅にかかったお金(費用集計)&まとめ 大都会&旧市街

   

投稿日:

アゼルバイジャン旅の費用集計結果です。


大きな地図で見る
↑アゼルバイジャンの場所

中央アジアからカスピ海を挟んだ西側、コーカサスの国、アゼルバイジャンです。

◆渡航準備のお金:7,350円
・ガイドブック2冊....4,200円←地球の歩き方 ロシア 2010~2011と、シルクロード(旅行人)
・雑誌1冊.........1,365円←旅行人163号特集コーカサス
・会話集1冊.......1,785円←旅の指さし会話帳 26ロシア
・ビザ取得代..........0円←ウズベキスタン

地球の歩き方ロシア編の後ろの方に、ちょっとだけコーカサス編があります。
今回は旅行雑誌も持って行きました。
情報は少ないですが、写真が多いので気持ちが高まりました。

◆国際移動のお金:合計34,550円
・タシケント(ウズベキスタン)⇒バクー.....31,750円←ウズベキスタン航空ビジネスクラス
・バクー⇒トビリシ(グルジア)..........2,800円←夜行寝台列車

◆アゼルバイジャンで使ったお金:合計6,924円
・食費............2,794円
・宿泊費..........3,200円
・交通費............330円
・入場料............600円
・エンターテイメント.......0円
・ツアー代.............0円
・その他..............0円
(*)お土産代は計上していません。

1マナト = 100円 で計算しました。

7/28~7/31の4日間、アゼルバイジャン観光しました。
観光した都市は、首都のバクーだけです。

IMG_5672
↑バクー旧市街

カスピ海を渡ると、雰囲気がガラっと変わりました。
近代的になり、物価もだいぶ高くなりました。

ここは世界遺産にも登録されている旧市街地なのですが、
背後に超近代的なビルが、うっすらと見えます。

IMG_6031
↑バクー旧市街

見晴らしの良いところから見ると、こんな感じです。

近代建築と歴史的建造物の調和が美しい、、、、
と思うかどうかは、人それぞれだと思います。

IMG_5908
↑湾岸

カスピ海油田のため、とても潤っています。

銀行員の人が、
「リーマンショック?アゼルバイジャンには、大して影響なかったよ」
というくらい潤っているみたいです。

IMG_5840
↑新市街

新しくて綺麗な街並み。
ウズベキスタンの旧市街も良かったですが、
近代的な街並みの場所に来ると、やっぱり少しホっとしますね。

IMG_5656
↑新市街

先の日程も気になっていたので、アゼルバイジャンは早足で通過してしまいました。
あまりしっかり観光していないので、印象に残っているのは近代的な街並みくらいです。

IMG_5930
↑湾岸

周辺諸国に比べると、観光資源は少なめかも。

でも地方部には、キャラバン隊が使ったホテルがあったり、
いい雰囲気の村があったりと、そこそこ楽しそうな感じです。

P1360346
↑鶏肉

ご当地料理は全然食べませんでした。
これのほかは、お菓子とマクドナルドだけです。

P1360367
↑電車内

バクーの街並みはとても近代的でしたが、
人の優しさや暖かさは、古き良き時代のままのような気がしました。

正直なところ、アゼルバイジャンはそれほど面白くなかったかもしれません。
でもリラックスできました。安心して過ごせました。
シルクロード横断の旅人が、一息付くのには良いかもしれません。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, アゼルバイジャン

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.