無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

アゼルバイジャン グルジア

7/31トビリシ到着 有名なネリダリの家に宿泊する

   

投稿日:

*****************************
2011年7月31日 日曜日 電車の中(アゼルバイジャン)

おはようございます。

P1360352
↑電車

この夜行列車で、アゼルバイジャンのバクーから、
グルジアのトビリシまで移動中です。

P1360371
↑朝食

昨日買った水と、ウズベキスタンで買ったビスケット。

夜行列車は想像以上に快適でした。
とても良く寝られました。

P1360374
↑電車内

9:30頃、国境地帯で停車。
まずはアゼルバイジャンの出国手続きです。

アタッシュケースに偽装した(?)パソコンを持ち込んで、
車内で出国手続きが行われました。
ロジテックのカメラ付き。

ここまでアゼルバイジャン
************************
ここからグルジア

P1360378
↑国境地帯

ちょっと進んでから、グルジアの入国手続き。
係員にパスポートを渡したら、スタンプを捺してきて返してくれました。
手続きは順調でしたが、何故か1時間ちょい電車は停車。

メモ:アゼルバイジャン人の銀行員との会話
・アルメニアは大嫌い
・日本人は魚食べるから、若さが持続するんだろ?
・アゼルバイジャンには株式市場は無い、一部の銀行がやりとりしてるだけ
・ゆえに、リーマンショックの影響も少なかった
・ヒュンダイの車は高性能で良いと思う、安いし
・トヨタの車は超高性能でもっと良いと思う、でも高くて買えない

P1360385
↑トビリシ駅

バクーから15時間ちょいで、トビリシ駅に到着です。

P1360386
↑トビリシ駅

雑然としていて、中央アジアとか東南アジアみたいな感じです。

P1360387
↑トビリシ駅

と思ったら、綺麗な駅ビルでした。
アゼルバイジャンもそうでしたが、
綺麗なところと雑然としたところが入り混じっています。

ATMを発見したので、無事に現地通過をゲットです。

P1360388
↑トビリシ駅

まずは宿探し。

P1360389
↑部屋

旅人の間で有名な、ネリ・ダリの家に来ました。

民宿みたいだと聞いていましたが、
思いっきり普通の家です。

あまりにも普通の家すぎてビックリ。
普通の部屋に、不自然にベッドが並んでいます。

ドミトリーで一泊15ラリ(≒750円)。

P1360392
↑おやつ

パンと紅茶を頂きました。

P1360393
↑猫

とりあえず一緒に昼寝。

P1360397
↑宿

どこからどう見ても、宿には見えませんね。

ネリ・ダリの家

面白い名前だなぁと思ったら、そのまんま、

ネリさんとダリさんの家

という事でした。
たぶん苗字はスルグラゼ。
ネリさんとダリさんは姉妹という噂もありますし、違うという噂もあります。

駅から近いし、無線LANは使えるし、親切にしてくれるし、
個人的にはとても居心地が良いと感じます。
でも最近はあまり評判が良くないらしく、旅人の多くは別の宿に泊まっているっぽいです。
なんでかな?

ここでグルジア基礎データを。

国名:サカルトヴェロ(英名はGeorgia:ジョージア/グルジア)
首都:トビリシ
面積:北海道よりちょっと小さい
人口:430万人くらい

言語:グルジア語とかロシア語とか
通貨:ラリ 1ラリ≒47円
ビザ:日本人は不要
治安:内戦地域は危険、そうじゃない地域もたまに危険


大きな地図で見る
↑グルジアの場所

あまり有名ではありませんが、見所は多いみたいなので楽しみです。
あとできれば、ビターゼ・タリエルに会ってみたいものです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-アゼルバイジャン, グルジア

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.