無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ウズベキスタン アゼルバイジャン

7/28無職旅ビジネス(クラス)(タシケント⇒バクー)

   

投稿日:

******************************
2011年7月28日 木曜日 タシケント(ウズベキスタン)

おはようございます。
今日でウズベキスタン、そして中央アジアともお別れです。
カスピ海の反対側、アゼルバイジャンまで飛びます。

P1360131
↑服

ビジネスクラスだから、少しくらいは身なりを整えよう。
と思って、久々にえり付きシャツを着ます。

P1360130
↑朝食

宿の朝食ビュッフェ。
普通です。

P1360137
↑宿のお姉さん

エリギナさん。

「エリギナ、、、いい名前だね」
までは言えました。

「一緒に日本に行かないか?」
は言えませんでした。

P1360139
↑タクシー

空港まで5000スム(≒150円)。

P1360141
↑空港

10分くらいで空港に到着。
例によって空港内は写真撮影不可です。

初めてのビジネスクラスということで、
緊張したりウキウキしたり高慢になったりしながら、
空港に入りました。

まずはチェックイン。
あれ?ビジネスクラス用のカウンターは無いの?
と思ったら、そもそも別室でした。
税関、出国審査も、一般とは別でした。

ビジネスクラス恐るべし、、ここまで優遇されるものなのか、、、

P1360143
↑おやつ

その後は、専用ラウンジ(?)で待機。
いい感じのおやつが用意してありました。

P1360144
↑おやつ

私はイクラパンとスプライトを選択。
久々の海産物は、とても美味しく感じました。

P1360148
↑椅子

豪華革張り。

P1360149
↑ラウンジ内

そもそも撮影してよかったのかな?

P1360145
↑レギストラーツィア

宿泊先で手続きしてもらう滞在登録の、控えの紙です。
出国審査で少しだけ質問されましたが、特に問題ありませんでした。
不備があると、800ドル(≒64,000円)の罰金という噂です。

P1360153
↑車

飛行機まで移動する車も、ビジネスクラス専用車でした。

P1360158
↑機内

いよいよ搭乗です。
席は思ったよりも小さかったです。

ウズベキスタンのタシケントから、アゼルバイジャンのバクーまで。
ウズベキスタン航空のビジネスクラスで、898,000スム(≒26,940円)。
昨日、街中の航空券売り場で買いました。

P1360156
↑おやつ

座った早々、飲み物を持ってきてくれました。
こんなに優遇されちゃっていいのかしら。

P1360162
↑備品

スリッパの他にも、アイマスクとくつべらをもらいました。

定刻通りタシケントを出発。

P1360163
↑机

お楽しみの機内食の時間。
なんと、最初に布をひいてくれました。

P1360164
↑昼食

機内食。
メニューだけでなく、食器も豪華です。
塩とコショウもついてます。
もちろん味もグッド。

P1360167
↑食器

興奮してたら、フォークを落としてしまったのですが、
すぐに新しいセットをくれました。

P1360168
↑昼食

なんと、まだ続きがあったとは!
おからハンバーグみたいですが、とても美味しかったです。

P1360171
↑おやつ

心なしか、コーヒーも豪華な気が。

P1360172
↑景色

世界一大きな湖、カスピ海です。

ウズベキスタンは16日間も居ました。
一つの国の滞在日数としては、歴代上位の記録です。

遺跡がいい感じだった思い出。
地元の人に親切にしてもらった思い出。
タシケントで色々苦労した思い出。

などなど、記憶に残る国でもありました。

中央アジアは、予想通り旅の難易度が高いエリアでした。

P1360178
↑空港

タシケントから約2時間で、アゼルバイジャンのバクーに到着です。
初ビジネスクラスのフライトは、超快適でした。
私もいつか、普通にビジネスクラスに乗るような男になりたいです。
(Tさんみたいに)

コーカサスの国々はどんな感じなのでしょうね?
楽しみです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ウズベキスタン, アゼルバイジャン

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.