無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

カザフスタン ウズベキスタン

7/13カザフスタン⇒ウズベキスタン 国境越えがかなり面倒でした

   

投稿日:

***************************
2011年7月13日 水曜日 シムケント(カザフスタン)

おはようございます。
今日はいよいよウズベキスタンへ移動します。

P1350554
↑カフェ

ホテルの近所の小洒落たオープンカフェ。

P1350555
↑朝食

チャイ(紅茶)とプロフ(炊き込みご飯) 360テンゲ(≒216円)

おお!これはかなり美味い!さすがオープンカフェ!
スパイスが効いていていい味です。過去最高クラスのプロフ。
肉も適度に臭みがあって、個人的には好きな感じです。

P1350559
↑テレビ

朝から女子腕相撲大会の中継をやっていました。

荷物をまとめてホテルをチェックアウト。

P1350561
↑ホテルのロビー

この写真では解りませんが、女性の方は本当に青い瞳をしていました。
すげー!ロシア系すげー!

で、このお姉さんは宿のスタッフで、英語が話せます。
「ウズベキスタンに行きたい!」
って相談したら、とても丁寧に説明してくれました。

P1350562
↑バス内

それどころか、男性の方がバスターミナルまで連れていってくれました。

しかも!

市バス代まで出してくれました!!

シリア以外でこんなに親切にしてもらったのは初めてです。
カザフスタン人、、、かなりいい人たちなのかも。

ちなみに男性の名前はムゥラさん。
もちろん「ブシドー」と「タカダ(高田延彦)」は知っているそうです。

P1350566
↑バスターミナル

ここで長距離バスに乗り換えます。
たぶん「コロス」っていう名前のバスターミナルです。

ミニバスみたいなのが400テンゲ(≒240円)、
手前の乗用車だと700テンゲ(≒420円)です。

私はミニバスを選択しました。
出発まで30分くらいかかったのですが、ムゥラさんはそれまで見守ってくれてました。
スパシーバ!(ありがとう!)

P1350565
↑おやつ

コカコーラと、ジュースをもう1本 225テンゲ(≒135円)

ムゥラさんは何も見返りを求めませんでしたが、
せめてものお礼に、ジュースをご馳走させて頂きました。

P1350573
↑景色

出発。
シムケントはただ通過しただけでしたが、
色々な人に親切にしてもらい、楽しい思い出になりました。

P1350575
↑国境

シムケントから約2時間、ウズベキスタンとの国境に到着。
たぶんチェルニャイェフカという場所だと思います。

あれ?みんなバラバラに動いてるけど、どこに行ったらいいの?
それにこのバス、タシケントまで行くんじゃなかったの?

とりあえず国境っぽい方に進んでみます。

P1350576
↑ゲート付近

混雑しています。
っていうか門が閉じています。

妙なおっちゃんが、
「俺に100テンゲくれたら、裏口から通してやるぜ、へっへっへ」
みたいな事を言っていた気がします。
丁重にお断りして、列に並び続けました。

・カザフスタン出国手続き
列の進みがやたら遅かったものの、出国手続きはすんなり完了。

・カザフスタン税関
荷物の中身を床に広げて確認させられました。
意図がよくわかりません。意地悪されたのかも。

・ウズベキスタン入国手続き
またしても門が閉まってました。昼休み?
強烈な日ざしのなか屋外で並ばされてしんどかったです。
大柄な3人組が豪快に割り込みまくり、ひんしゅくを買っていました。
入国手続き自体は、すんなり完了。
(ビザは日本で取得しておきました)

・ウズベキスタン税関
所持金や貴重品について書類を作成して提出します。
ここも混雑しまくりで、心身ともに疲れました。
さっきの大柄な連中は、ここでも割り込みまくりです。
ローキックしたい衝動にかられました。

ここまでカザフスタン
*******************************
ここからウズベキスタン

P1350578
↑ウズベキスタン側

そんなこんなで、やっと国境を越えました。
所要約3時間、、、

昔は「陸路での国境越えこそ、旅の醍醐味だ!」なんて思ってましたが、
今は考えが変わりました。国境越えは面倒くさいから嫌いです。。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-カザフスタン, ウズベキスタン

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.