無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/21はオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 ペルー

ペルー旅にかかったお金(費用集計)&まとめ マチュピチュよりも印象的なものとは?

   

投稿日:

ペルー旅の費用集計結果です。

peru_gps
↑ペルーの地図と移動経路
(クリックすると詳細地図に飛びますが、データが重いのでご注意ください)

南米観光の主役といっても過言ではないペルー。
日本の約3倍の国土には、見どころがたくさんあります。

◆渡航準備のお金:3,570円
・ガイドブック1冊...2,100円←地球の歩き方 ペルー2010~2011

・会話集1冊......1,470円←旅の指さし会話帳〈12〉スペイン

◆国際移動のお金:合計2,491円
・ラパス(ボリビア)⇒クスコ........1,950円←バス
・ラパスバスターミナル使用料.........26円
・タクナ⇒アリカ(チリ).............480円←乗り合いタクシー
・タクナバスターミナル使用料.........35円

◆ペルーで使ったお金:合計70,928円
・食費............8,284円
・宿泊費...........4,640円
・交通費..........30,025円
・入場料...........5,840円
・エンターテイメント.....640円←インカマッサージ
・ツアー代.........15,150円
・その他...........6,349円←日本への荷物送料、日用品、洗濯代など
(*)お土産代は計上していません。

1ヌエボソル = 32円で計算しました。
2/2~2/4、2/10~2/15、2/21~24の合計13日間、ペルー観光しました。
観光した場所は、アレキパ、クスコ、マチュピチュ、ナスカ、リマなどです。

見どころたくさんのペルーですが、

ペルーといえば、

ペルーといえば、まず最初に思い出すのは、

P1320553
↑バス

クルス・デル・スル社のバスです。

P1320551
↑バス内

これの一階席(ファーストクラス)が、本当に快適でした。

シートの快適さ、清掃状況、接客態度、路線の豊富さ、予約しやすさなど、
ほぼパーフェクトです。

無職旅認定:世界一のバス会社

でございます。

IMG_1766
↑マチュピチュ

常識的にはこっちが本命ですよね。
というわけで、超人気世界遺産のマチュピチュです。

細かい説明は必要ないですね。
テレビや雑誌で見た印象そのまま、想像通りの素晴らしさでした。

・マチュピチュ入場料.....4,032円
・マチュピチュ村への電車..7,735円
値段はちょっと高め。

IMG_1984
↑マチュピチュ内

極一部の人に大好評だった野性の小動物。

IMG_1365
↑クスコの街並み

とても趣のある、世界遺産の町です。
観光客を狙ったスリや詐欺師も多いので、それなりに気をつけましょう。

P1320378
↑クスコの売店

アルパカのマフラーが500円くらい、セーターが800円くらいでした。
いいお土産が安く手に入るのも、ペルーの魅力のひとつですね。

IMG_1543
↑クスコの人

いかにもペルーっぽい、南米っぽい人々。
「旅してる感」も、かなり高まってきました。

IMG_1453
↑クスコの少年

髪型、表情、微妙な傾き、謎の指人形など、雰囲気作りが完璧です。

特にイベントは発生しませんでしたが、かなり印象に残る少年でした。

P1310621
↑バス内の子供

彼もいい味出していますね。

IMG_2474
↑ナスカの地上絵

くつの盗難、ツアー代ボッタクリなど、辛いことが続いたナスカ。
でもあの地上絵を、肉眼で見たという達成感(?)は格別です。

P1320438
↑カニぞうすい?

これは320円。
美味い食事も多かったです。

そんな感じで、やたらと楽しいペルー旅でした。
国単位で考えると、南米で一番楽しめたと思います。
他の地域の国と比べても、かなり上位に位置すると思います。

ツアー旅行者、個人観光客、バックパッカーのいずれも多く、
旅しやすい環境が整っているのも嬉しいですね。

国土が広い(移動が大変)のと、少し治安が悪いのが難点ですが、
総合的にかなりオススメできる国です。
まとまった時間が取れたら、是非ペルーに行ってみましょう!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, ペルー

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.