無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ペルー

2/14夜行バスで盗難にあった&ナスカの地上絵を見学する

   

投稿日:

*******************************
2011年2月14日 月曜日 バスの中(ペルー)

おはようございます。
クスコから夜行バスでナスカに移動中です。

P1320414
↑朝食

標高3400mのクスコで買ったオレオの袋がパンパンです。
アンデス山脈越えは大変です。

P1320415
↑景色

あれ?

P1320417
↑靴下

くつが無いよ。

無職旅始まって以来、、、どころか、
私の10年間の旅経験で、初めて盗難にあいました。

幸い、貴重品類は無事でした。
カバンに鍵をかけて、だっこして寝ていたので。

P1320423
↑景色

いやー、まさかくつを盗られるとは、、、
サイズ的、衛生的な問題で、それは無いと思ったんですけどね、、
それだけモンベルのテナヤブーツが魅力的だったということでしょう。
残念。

安全で楽しい旅を送ることがモットーである無職旅。

今まで大きな被害にあったことが無いのが、
私の自慢であり誇りだったのですが、それがついに崩れてしまいました。
お恥ずかしい話です。
皆様ごめんなさい。カーチャンごめんなさい。

P1320426
↑地面

10時頃、ナスカに到着。
クスコから14時間かかりました。
想定より早く着いたのは良いのですが、、、裸足です。

P1320431
↑部屋

客引きの言うことをハイハイハイと聞いて、
適当に着いていってしまいました。
心身共に弱っていたようです。

タクシー代 3ソル(≒96円)
部屋代 25ソル(≒800円)

GUANGZHOUというホステル。
名前からして中国系でしょうか。

フロントでツアーの申し込みができます。
私は急ぎの予定のため、ナスカ観光は今日中に終えなくてはいけません。
サンダルしか無いので、街中の観光会社を歩き回って比較するのも辛いですし、
言われたままに申し込んでしまいました。

う~ん、やっぱり弱ってたんだなぁ。。

P1320438
↑昼食

近所のレストランにて。
カニ雑炊みたいな食べ物 10ソル(≒320円)

P1320440
↑昼食

カニの卵?とか米が入っています。
日本人的には大満足の味と内容です。
贅沢な感じなのに、お手ごろ価格なのも嬉しいです。

IMG_2392
↑ナスカ空港

メインイベントは、上空からの地上絵鑑賞です。

さて、あまり悪い事を引っ張っるのも何ですので、先に書いちゃいましょう。
宿で申し込んだこのフライトですが、ボッタクられました。

この時期は80~90ドルが相場のようですが、
私は150ドル支払ってしまいました。

宿に戻ったあと、どうして高かったのかを質問すると、
逆ギレしてごまかそうとした上に、色々と酷い対応をされました。
今まで宿の悪口は書いた事がありませんでしたが、
あの宿(GUANGZHOU)は要注意です。オススメしません。

P1320452
↑チケット

気を取り直して、地上絵鑑賞フライトに行きましょう。
空港使用料25ソル(≒800円)。

IMG_2410
↑セスナ

14:30頃、セスナに搭乗。

IMG_2414
↑セスナ内

IMG_2420
↑地上絵の配置図

いよいよ出発です。

IMG_2430
↑くじら

おおおおおお!!!!!

ナスカの地上絵!!!リアルに本当に本物の地上絵です!!!

すげええええええ!!!!

IMG_2441
↑宇宙飛行士

おまえガチャピンだろ!

IMG_2446
↑ナスカ

こんな大地に、地上絵が描かれています。
パイロットの人が、あっちだよこっちだよって教えてくれます。

IMG_2462
↑type-Pとナスカの地上絵

ナスカの地上絵は、もちろん世界遺産です。
この状況で持っていった事を評価してください。

IMG_2474
↑ハチドリ

だいたい100mの大きさです。
小さな小学校の校庭まるごと1つくらいの大きさですね。

意味はたぶん、「私はここにいる」では無いと思います。

IMG_2523
↑手と観測台

中央下に見えるのが、高さ20mの観測台と道路です。
地上絵は大きいですね。

IMG_2536
↑ナスカ空港

約35分のフライトを終え、空港に帰着。
いやー、いいものを見られました。

P1320463
↑参加者

セスナの揺れがひどく、1人ダウン。
このロシア人夫婦を元気付けようと、
アレクサンドル・カレリンのモノマネ(カレリンズリフト)をしたのですが、
残念ながら理解してもらえなかったようです。

しかし小さい頃から気になっていたナスカの地上絵を、
実際にこの目で見られた事は大感激です。

フライト時は、絵の大きさや神秘性を感じ取る余裕はありませんでしたが、
実際にこの目で見たという事実だけでも満足できました。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ペルー

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.