無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インドネシア

バリ島到着

   

投稿日:

3/14にジャカルタに着いたあと、バリ島に向かう話です。

P1200323
↑機内

今度はそんなに狭くありませんでした。
隣の席の男が、無言で握手を求めてきました。

P1200326
↑風景

隣の席の男が挙動不審でしたが、
とても良く寝られました。

P1200329
↑バリ空港

ジャカルタから約2時間。
バリ島のグラライ国際空港に到着。

P1200332
↑空港内

バリ島は暑いです。

P1200335
↑タクシー

エアポートタクシーで、目当ての宿まで移動。
105,000ルピア(≒1050円)

P1200337
↑街並み

P1200338
↑宿

バリ島の、ブノアというエリアに来ました。
静かで安全で庶民的らしいので。

P1200339
↑部屋

ラサ・サヤン・ビーチ・インという宿にしました。
予約してなかったけど、空室があってよかったです。
一泊200,000ルピア(≒2000円)。

あれ?地球の歩き方だと150,000ルピアからなのに。
値上がりしたみたいです。

でもエアコンもあるしけっこう広いし、
なかなか良いんじゃないでしょうか。

っていうか今回の無職旅で、初のシングルルームです。
そりゃ快適に感じますよね。

P1200341
 ↑おやつ

ビンのコーラ。4,000ルピア(≒40円)

P1200345
↑街並み

ひと休みして昼寝してから散策開始。

P1200346
↑街並み

お土産屋さんが多い。

P1200348
↑街並み

IMG_0818
↑ネットカフェ

ネット30分で8,000ルピア(≒80円)。
日本語は読めますが、書けません。
数日前の記事は、ここでコピペして作成したものです。

子供たちも、仕事のお手伝いをしていました。可愛いです。

P1200351
↑街並み

美味しそうなシーフード屋さん。

P1200355
↑両替

インチキ両替屋に挑戦してきました。

あの手この手で、ごまかそうとするらしいです。

結果、

負けてしまいました。

超悔しいです。
しかしここは、相手が一枚上手でした。

「相手は自分を騙そうとしている。」

という認識があったので、かなり注意深く行動しました。
テーブル上のお金からは、絶対に目を離さずにいましたし。
計算も何度もやり直しました。
自分の手元で、お札の数も数えました。何回も。

でも、宿に帰って数えたら、ちょっと足りないんです。

いったいどんな魔術を使われたんだ!?
そんな気持ちでした。

被害額:約350円

手口を説明するのは難しいので、
興味がある人は別途ご質問ください。
一言でいうと、何重にもなった絶妙な心理トリック。

・気をつけるべきポイント
 - いかにも怪しい両替屋は、本当に怪しいので注意
 - 両替レートに端数があるのは、客を混乱させる目的
    ⇒キリが良い店は、安心できる可能性が高い

・おまけ情報
一万円を両替した場合。
為替レートそのまま ⇒ 約101万ルピア
優良な両替屋 ⇒ 100万ルピア
普通の両替屋 ⇒ 97万ルピア
インチキ両替屋 ⇒ 94万ルピア(今回の場合)
成田空港 ⇒ 71万ルピア

日本での両替は、もの凄くレー
トが悪いので注意。

インチキ両替屋で、全てのトリックに引っかかったとしても、
85万ルピアくらいはもらえそうな感じでした。

成田空港の両替ブースは、もちろん正当な商売です。
インチキしていません。こういうレートなんです。

そう思うと、インチキとか悪徳ってどういう事なんだろう??
って、ちょっと難しく考えてしまいます。

P1200356
↑夕食

気を取り直して、いい感じのレストランに。
無料でカクテルとガーリックトーストが付きます。

P1200358
↑夕食

バナナジュース 20,000ルピア(≒200円)
牛肉とご飯 47,000ルピア(≒470円)

美味しかったです。
バリ島はバリ・ヒンドゥー教が大多数なんですけど、
牛肉は取り扱ってるんですね。

P1200360
 ↑洗濯

P1200362
↑おやつ

スプライト1.5リットル 11,000ルピア(≒110円)
ついつい大きいのを買ってしまいました。

疲れていたので22時ごろ就寝。
色々とあった日でしたね。

おやすみなさい。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インドネシア

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.