無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 8/28-9/5は台湾の旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インドネシア

インドネシア登山3

   

投稿日:

ふと思い出したインドネシアの話の続きです。

*****************************
2007年1月4日 木曜日 スラバヤ(インドネシア)

DSC04931
↑チャーター車

0時30分ごろ、宿を出発です。

DSC04932
↑山小屋?

3時ごろ、山のふもとに到着。

登場人物のおさらい。
私:日本人 男 会社員
サミュエル:スウェーデン人 男 大学生

ローラ:アメリカ人 女 大学生

ローラは、
「ちょっと様子を見てくる。」
と、どこかへ行ってしまいました。

私とサミュエルは作戦検討。
「徒歩だと、けっこう大変っぽいね。」とか、
「ジープで登れるらしいよ。」とか、
「日の出を見たいし、ジープで行こうか。」とか。
2人とも、登山を楽しむというよりは、ご来光を見たい感じ。

DSC04933
↑山のふもと

ローラ帰着。
「準備OK?ジープ?たぶんそれは詐欺ね。歩いて行きましょう!」
多数決という発想も出ずに、歩いて行くことに決定。

あれ?なんか人が増えてませんか?

「さっき仲間になったの。みんなで一緒に行きましょう!」

というわけで、インドネシア人6人を加えた、
総勢9名で登山開始です。
ポカーンとする私とサミュエル。
でも人数が多い方が楽しいし安全ですしね。。。

後ろ向きに小走りしながら自己紹介とか、
海外ドラマみたいな展開が続きます。

DSC04935
↑サミュエル

突風。メチャクチャ寒い。
私は 非常用保温アルミシート を持っていたので、
それでコートを作ってあげました。

でも道は平坦で歩きやすいです。
夜中のハイキングも悪くないものです。

DSC04940
↑登山道

突風で木が折れていました。

DSC04945
↑登山道

暗くて解りませんが、たぶん崖です。

DSC04951
↑登山道

平坦なのは最初だけだった模様。

これじゃジープは無理でしょ。
ローラが正解でした。

DSC04953
↑迷子

4時30分ごろ。
道が解らなくなったり、疲れたりで、大変になってきました。

「俺はこっちだと思う。」
「いや、あっちの道が正解だろう。」
「疲れた。もう歩けない。」
「もういい!俺は一人であっちに進む!」

おー、なんだなんだこの展開は。
ケンカにはなっていませんが、確実に揉めています。

DSC04944
↑団結

座り込んでいるインドネシア人に、手を差し伸べるローラ。

「たぶんもう少しで頂上だから、あとちょっと頑張りましょう!」

「もう俺は歩けない。俺を置いて、みんな先に行ってくれ。」

「そんな事できない!みんな一緒じゃなきゃ、意味が無いの!」

「他のみんなも待って!あと少し、一緒に頑張りましょう!」

というわけで再団結。皆で頂上を目指す事になりました。

ちなみに上記会話は、脚色していません。
ローラは本当に、素で、そんな事を言っていました。
ローラは熱い人だったようです。松岡修造と同じくらい。

例によって、私とサミュエルは苦笑い。

DSC04956
↑朝焼け

5時ごろ。
空が明るくなってきました。
でも本当に、頂上まであと少しです。

DSC04969
↑頂上付近

・・・舗装道路!?
やっぱりジープで来られたようです。
ローラ不正解。

DSC04983
↑記念写真

6時ごろ、プナンジャカン山の山頂に到着。
全員揃いませんでしたが、とても記念になる一枚。
日の出は見られませんでしたが、
映画みたいで、やたらと楽しい登山でした。

DSC04989
↑景色

崖というか段差というか、とってもグレイトです。
ちなみに中央の集落から、歩いてきました。

DSC04998
↑ブロモ山とか

たぶん奥から、スメル山、ブロモ山、バトッ山、です。
聖なる山。日本の富士山に相当するのだと思います。

いやー、満足満足。
だいぶ疲れたけど、登山して良かった。
とても良い思い出になりました。

観光や休憩もひと段落した頃、ローラが言いました。
「休憩が済んだら、ブロモ山まで歩いて行きましょう!」

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インドネシア

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.