無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 7/15-21はウラジオストク旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ベトナム

-, , ,

5/13サパに到着、ブンボ―を食べる、中心部の1,100円の宿が快適

   

投稿日:2019-05-13 更新日:

2019/5/13の朝に、ラオカイ駅からサパにミニバスで移動している続きです。

山を通ってしばらくすると、町になりました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

サパ

↑バス

7:35、サパの中心部に到着しました。

ラオカイから1時間10分かかりました。

 

サパは少数民族を訪ねるトレッキングが人気です。

さっそく民族衣装の人たちが、熱心にツアーの勧誘に来ます。

↑街並み

第一印象は『とてもいい町!』です。

トレッキングもいいけど、のんびり滞在したくなるような雰囲気があります。

↑飲食店

とりあえず朝食です。

バスを降りてすぐのところの、賑わっているお店に入ってみます。

↑飲食店

地元の人かなと思ったのですが、中国語を話す人も多かったです。

中国との国境が近いので、商売で訪れる中国人も多いのかも。

↑朝食

レッドブル 2万ドン(≒100円)

ブンボ― 4万ドン(≒200円)

 

ベトナムは『フォー』が有名ですが、これは『ブン』です。

似てるけどちょっと違って、スパイシーなスープが特徴的です。

細くてちゅるちゅるした麺との相性もよく、とても美味しかったです。

 

ちなみに『ボー』は、牛肉が入っているという意味です。

なので牛肉が入ってるフォーだと、『フォーボー』になります。

 

食後は作戦検討したり、ネットで宿予約したりしました。

1時間くらいゆっくりしました。


↑おばちゃん

食堂から外に出ると、さっそくおばちゃんに声をかけられました。

お名前は『しょうちゃん』だそうです。

 

トレッキングツアーの勧誘をされました。

色々なプランがあって、日帰りだと20ドル(≒2,200円)くらいだそうです。

まだ考え中なので、とりあえずお断りしました。


↑公園

運動器具があります。


↑街並み

サパは標高1,000メートルくらいです。

ハノイよりもひんやりしてて、この時の気温は20℃くらいです。

過ごしやすい。


↑看板

その後も別のおばちゃんが声をかけてきて、ツアーの勧誘をしました。

5回くらいあったかも。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

サパの中心部


↑街並み

民族衣装を着ている人が、とても多いです。

ツアーの勧誘だったり、民族雑貨を売ったりしています。

熱心に営業しています。


↑広場

奥に見えるのは教会です。


↑街並み


↑施設

これは山へ行くトラムの駅だと思います。

それにしても立派な建物ですねー。


↑宿

そのすぐ前の宿を予約しました。

中心部から近くてとても便利な、Camelliaゲストハウスです。

 

レセプションで「予約したのですが」と言ったら、名前も聞かずに部屋に案内してくれました。

大らかだなあ。


↑部屋

ちょっと贅沢して(?)シングルルームにしました。

agodaで予約して、1泊22万ドン(≒1,100円)でした。

テレビとエアコンがあります。


↑部屋

トイレ・シャワーは部屋内にあります。

タオルとか歯ブラシとか石鹸もあるし、このクオリティでこの値段は嬉しいです。

ベトナムは宿泊費が安い傾向がありますね。


↑景色

窓から山も見えます。

Wi-Fiも部屋で使えるので、ゆっくり休憩しながらブログを書いて現在に至ります。

 

だいたいお昼くらいになりました。

シャワーを浴びてさっぱりしたら、サパの散策に出かけましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ベトナム
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.