無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 1/16~24はベトナム旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 フランス ドイツ オーストリア チェコ

-

欧州旅の費用集計&まとめ2019 13泊14日で総額173,230円、想定よりも高かったけど毎日楽しかったからOK!

   

投稿日:2020-01-15 更新日:

こんにちは。

2019年10月のヨーロッパ旅の全体の費用集計とまとめの記事です。

各記事へのリンクは、タグの2019旅-7をご覧ください。

旅の期間は、2019年10月3日~16日の14日間です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

移動経路と日程


↑地図

スケジュールはだいたいこんな感じです。

2019年10月
10/03 羽田⇒北京経由⇒パリ

10/04 フランス パリ セーヌ川クルーズ
10/05 フランス パリ ルーヴル美術館
10/06 フランス パリ 凱旋門賞(競馬)

10/07 ドイツ ミュンヘン ソーセージ
10/08 ドイツ ミュンヘン 博物館

10/09 チェコ チェスキー・クルムロフ 肉
10/10 チェコ チェスキー・クルムロフ お城
10/11 チェコ プラハ お城
10/12 チェコ オロモウツ 噴水
10/13 チェコ パルドゥビツェ ヴェルカ・パルドゥビツカ(競馬)

10/14 オーストリア ウィーン 宮殿
10/15 ウィーン⇒北京経由
10/16 成田帰着

機内1泊、夜行バス1泊を含めて、13泊14日間の旅でした。

 

旅の計画の話

今回の旅は、世界最高峰のレースである凱旋門賞の観戦』が、いちばんの目的でした。

なので出発地点をフランスのパリにしました。

 

「パリから2週間かけて移動しながら観光すると、ウィーンから帰るのがちょうど良いかな~」

と思って、最終地点をオーストリアのウィーンにしました。

それぞれの町でしっかり楽しめたので、いいルート作りができたと思います。

 

ちなみに他の『最終地点候補』としては、

・チェコのプラハ
・ドイツのベルリン
・イタリアのヴェネツィア
・ポルトガルのリスボン

などがありました。

 

それでは各項目ごとに、費用集計結果をご紹介します。

1ユーロ ≒ 118円 で計算しています。

 

全体の費用集計

食費:32,016円(平均2,463円/日)

1日あたりの金額としては、過去最高額になりました。

でもほぼ毎日、『ご当地料理+ビールかワイン』という生活でしたので、それも納得です。

っていうかむしろ安いかも???


↑ソーセージ

今回の旅でいちばん美味しかったのはこれかなー?

ドイツのミュンヘンのラーツケラーというお店にて、ソーセージの盛り合わせでございます。

お値段は19.5ユーロ(≒2,301円)

 

ケラービールもめちゃめちゃ美味しかったです。

私の人生でトップ3に入る美味しさのビールでした。


↑ケーキ

スイーツも何回か頂きましたね。

これはオーストリアのウィーンにて、元祖ザッハトルテです。

炭酸水とカフェラテのセットで16.9ユーロ(≒1,994円)

私は甘い物好きなので、『散歩⇒スイーツ』という過ごし方は最高でした。


↑朝食ビュッフェ

そうそう、無料朝食付きの宿が多かったんですよね。

パリで3回、ミュンヘンで2回ありました。

それで食費が意外と安かったのかもです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

宿泊費:25,199円(平均1,938円/日)

夜行バス1泊、飛行機1泊があるので、11泊分の総額がこちらになります。

なので実際は1泊あたり2,290円なのですが、それでも安く済ませられたなあと思います。


↑部屋

こういうドミトリー(相部屋)に泊まりました。

ヨーロッパは宿泊費が高いですが、ドミトリーは安いので助かります。

 

ところで『ドミトリーは安全面が気になります』というコメントをたまに頂きますが、

個人的にはほぼほぼ大丈夫だと思います。

トラブルの経験や伝聞はゼロではありませんが、確率的にはとても少ないです。

100回泊まって1回か2回トラブルがあったかなー、という程度です。

特に『盗難があった』という話は、聞いた記憶もありません。


↑宿

チェコのオロモウツで泊まったロングストーリーショートホステルは、別格の存在でした。

デザイナーズマンションみたいにオシャレな作りですよね。

 

宿泊情報は別途まとめてありますので、よろしければご参考にどうぞです。

 

交通費:90,160円

日本からの航空券 73,620円 エアチャイナ
羽田⇒パリ/ウィーン⇒成田
旅先の国内交通 8,520円 バスや電車など
旅先の国際交通 8,020円 FlixBusでの国境越え3回

日本からの往復航空券が73,620円だったのは、安くて良いものを見つけられたと思います。

航空券探しのオススメ⇒スカイスキャナー とか航空券予約 サプライス


↑バス

今回の旅では、FlixBusにかなりお世話になりました。

値段が安いし、公式のスマホアプリで簡単に予約できるしで、とてもとても便利です。

 

入場料:12,415円


↑競馬

凱旋門賞の日のロンシャン競馬場、入場料は驚きの65ユーロ(≒7,670円)でした!

私はネットで前売り購入しましたが、当日券だともっと高くなります!

でも値段を遙かに上回る感動と興奮を経験できたので、全然納得です。

いつか日本馬が勝つシーンを現地で見たいです。

 

この他には、

・ルーヴル美術館
・ドイツ博物館
・ヴァーツラフの地下室
・パルドゥビツェ競馬場

に入場料を支払っています。

 

エンターテイメント:1,341円


↑競馬

フランスとチェコで合計1,341円の馬券を買いました。

全て外れです……

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ツアー代:1,770円


↑川

パリでセーヌ川クルーズをしました。

世界遺産の美しい建物を見ながら、たっぷり1時間のクルーズ、とても楽しかったです。

こういうのはだいたい楽しいので、今後も機会があれば各所で参加したいです。

 

その他:4,247円

SIMカードとか洗濯代とかです。

 

お土産代:内緒


↑お菓子

集計したらお土産代がけっこう高くなってました……

大きめのカバンを持って行ったので、たくさんお菓子を買いましたねぇ。

 

書籍代:6,082円

新しいガイドブックを買い揃えていきました。

地球の歩き方 パリ

地球の歩き方 南ドイツ

地球の歩き方 チェコ

地球の歩き方 ウィーン

 

新しい観光スポットなどをチェックしたいので、

地球の歩き方は2~3年ごとに新しいのを買うことにしています。

 

それでは各項目が出そろったところで、総額の発表です。

 

総合計

13泊14日のヨーロッパ旅の総額費用

 

 

 

 

 

 

 

173,230円

 

 

でございます。

 

感想

YouTubeのライブ配信のときに、

「旅費の総額はだいたい13万円くらいかなぁ。高くても15万円くらいだと思います」

なんて発言をしたのですが、それをだいぶオーバーしちゃってますね!

大変失礼致しました!!!

 

・凱旋門賞の入場料が高かった

・ほぼ毎日、贅沢な食事をした

というのが主要因ですね。

もしここら辺を節約したら、総額15万円くらいだったかなあと思います。

 

参考資料:現地費用の集計表

 

まとめ

そんな感じのヨーロッパ旅2019でした。

一言で感想を書くと『かなり楽しかった!』です。

とても濃密な2週間でした。

 

いや、ホントに良かったですよね笑

トラブルも体調不良も無かったですし、毎日楽しく過ごせましたから。

次の旅はベトナムですが、ヨーロッパもそう遠くない時期にまた行きたいです!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, フランス, ドイツ, オーストリア, チェコ
-

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.