無職で海外とか国内を旅をしている人のブログでしたが個人事業主になりました 次の旅は2023年初旬かな

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

チェコ

-,

9/26国営馬繁殖牧場クラドルビ・ナド・ラベムを見学 世界遺産です 意味不明なくらい凄いこともありました

   

投稿日:

2022年9月17日 土曜日 ドルニー・モラヴァ(チェコ)

おはようございます。

今日も4:30に起きてブログを書いたりしました。

シャワーも浴びたのですが、お湯がぬるかったので、風邪をひいてしまわないか心配です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ドルニー・モラヴァ


↑食堂

チェコ北東部の高原リゾートのドルニー・モラヴァにいます。

Pension Terezkaというホテルに泊まりました。

7:00から朝食ビュッフェです。


↑朝食

ごくごく軽めにしました。


↑荷物

荷物をまとめてチェックアウト。

今回の旅も大詰めです。


↑景色

チェコ政府観光局のプレスツアーに参加しています。

7:40、送迎バスに乗って出発です。


↑施設

8:50、ガソリンスタンドで休憩タイム。


↑設備

トイレは無料で使用できました。

手を乾かすマシンがダイソン製でした。


↑商品

値段チェック。

コカコーラなどは41チェココルナ(≒246円)です。

けっこう高い。


↑商品

ビールは28チェココルナ(≒168円)から。

ソフトドリンクより安いんですね。


↑商品

さすがに水はもっと安くて、15チェココルナ(≒90円)からでした。

 

クラドルビ・ナド・ラベム


↑馬

10:15、国営馬繁殖牧場クラドルビ・ナド・ラベムに到着。

今回のプレスツアーで最後の見学スポットであり、個人的に一番気になっていた場所でもあります。

リダさん(写真中央の女性)に案内してもらいます。

 

僕は2019年のチェコ旅で競馬場に行きましたが、大きなくくりでいうとあの辺りです。

(近くはないけど州は同じ)

参考記事⇒10/13ヴェルカ・パルドゥビツカを観戦(2019) チェコ競馬の祭典であり、世界いち激しいレースです!


↑馬

施設概要はこんな感じです。

・チェコの伝統的な品種の馬が250頭いる

・高貴な馬車を引くための馬が多い

・1579年にルドルフ2世が皇帝用の育成施設にした

・世界遺産に登録された

 

僕たちはプレスツアーでの見学ですが、一般観光客向けの見学ツアーもあります。

※料金は未確認


↑道具

などなど、リダさんが色々な事を説明してくれます。

でも馬好きな僕としては気になる事がありまくりなので、

かなり積極的に質問しながら見学しました。


↑馬

こちらは育成スタッフを育成するための学校だったと思います。


↑馬

ちょっと見えづらいですが、手綱の先が輪っかを通ってて、その先に重りがついています。

この構造は非常に珍しいです。

僕が見たのはもちろん初めてですが、馬に詳しい友人も「こういうの知らない」と言っていたので、本当に珍しいのだと思います。

※友人はドイツやスペインで馬術の修行をした経験があり、現在は日本で乗馬クラブの仕事をしています


↑馬場

こちらは1846年くらいに作られた歴史的な屋内馬場。

かつてフィリップ王子が訪れて、その時に大きなシャンデリアを取り付けたとか。

他にも書きたいことが山ほどあるのですが、大変な量になってしまうので割愛します。


↑馬

子馬たちが学校から帰ってきたところです。

スタッフは120人いて、勤務時間は6時~17時だそうです。


↑馬車

馬車の展示室。

小さな格子のドアは、狩りに行く時に犬が待機するスペースです。


↑馬車

色々な馬車がありました。


↑馬車

黄金の馬車。

値段は3兆円と言ってた気がするのですが、さすがに聞き間違いかも。


↑馬具

ブリンカーに紋章が入ってて格好いいです。


↑馬具

儀礼用の馬車の衣装。ゴージャスです。


↑馬

模型による馬車の展示。

この馬車は6頭で引いていますね。

22頭引きの馬車を運行させた事もあるそうです(意味不明なくらい多いです)


↑バス

11:55、見学を終えてバスに乗り込みました。

最後に一番ビックリした事を書いておきます。

 

馬とか競馬が好きな人向けの話

この施設に250頭、グループ施設に250頭いて、合計500頭の馬を管理しています。

全ての馬が自家生産で、外から新しい血は入れません。

それなのに、全ての馬が5代アウトブリードになっています。

そうするための配合は、スペシャリストが考えています。

 

多くの方は何の話か分からないと思いますが、

むしろ理解できる人の方が「意味がわからない」って言うかもしれません。

要は、意味不明なくらい凄い事をしてる、という話です。

それを実現してるんだから、世界遺産に登録されるのも納得ですね。

 

ではいよいよ空港へ向かいます。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-チェコ
-,

Copyright© 無職旅2 , 2023 AllRights Reserved.