無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

日本

-,

12/1東京の池袋の中国っぽい空間:友誼食府(ユウギショクフ)

   

投稿日:2020-12-01 更新日:

こんばんは。

数日前にかなりガチで中国っぽいお店に行ってきました。

東京の池袋にある友誼食府(ユウギショクフ)です。

そのレポートをします。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

友誼食府(ユウギショクフ)


↑ビル

このビルの4階にあります。

JR山手線の池袋駅の北口を出て、徒歩15秒くらいの場所です。

駅のすぐ目の前です。


↑ビル

建物に入っていきなりビックリしました。

モニターから看板から、中国っぽさ溢れまくりです。

逆に言うと、すでにこの時点で『日本っぽさが』がほぼゼロになっています。

個人的には香港でよく見た雰囲気に似てるなと思いました。


↑お店

エレベーターで4階に移動。

さらに中国っぽさが強まりました。

中国語の新聞も置いてありました。

 

スーパーマーケット


↑お店

広いスーパーマーケットがあります。


↑商品

商品の99%以上は外国製品でした。

お菓子とかカップ麺だけではなく、用途がよく分からない物もたくさんありました。

ガチですね。


↑商品

ロブスターとか、魚の鮒(フナ)も売ってました。

あと肉類も珍しいものが色々あって充実していました。

なるほど、日本の中華料理屋さんて、こういうお店で仕入れているのですね。

 

僕はお茶(甘い緑茶)とお酒(紹興酒)とビール(台湾ビール)を買いました。

 

フードコート


↑お店

スーパーマーケットの脇にフードコートがありました。

こちらも明らかに中国な雰囲気ですが、日本人もよく利用するそうです。

店長さんに聞いたところ、お客さんの半分くらいは日本人だそうです。


↑お店

もうホントにガチです!

日本語の表記がほとんどありません!!

 

でもそれは僕にとって嬉しいことです。

日本にいながらして、旅気分を味わえましたから!


↑お店

もちろん料理もとても本格的に見えます。

美味しそうなものばかりです。


↑昼食

僕は担々麺を食べました。

お値段は680円でしたが、支払いシステムが面白かったです。

お店でカードをもらい、それをスーパーのレジに持っていき、代金をチャージしてもらうシステムでした。

 

一見するとサッパリした麺料理ですが、底に辛いソースがたくさん沈んでいます。

よく混ぜて食べました。

とても辛く、そして美味しかったです。

しびれる系の辛さで、四川省の成都で食べたものを思い出しました。

 

感想

全体的にとても良かったです!!

特にフードコートが魅力的で、味も良かったし種類も多いしなので、必ず再訪しようと思います。

っていうか僕は池袋にはたまに行くので、そのたびに立ち寄りたいくらい気に入りました。

 

店員さんも皆さん朗らかで親切で、ほんわかした気分になりました。

なかなか旅に出られない日々ですが、国内のこういうスポットを巡って、旅気分を少しでも補いたいです。

動画も撮影したので、後日YouTubeにアップロードします。

おしまい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-日本
-,

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.