無職で海外とか国内を旅をしている人のブログでしたが個人事業主になりました 最近は国内旅を再開しました

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

タイ

-,

2/25バンコク⇒パタヤー(バス) 凄まじい寺院(聖域)に行く1

   

投稿日:2015-02-28 更新日:

2015年2月25日 水曜日 バンコク(タイ)

おはようございます。

しっかり寝たので、今日は体調も万全です。

写真も多いのでサクサク進行します。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝のカオサン通り

IMG_0020
↑街並み

6:30に宿を出ました。
朝のカオサン通りは静かです。
夜とは全然雰囲気が違います。

IMG_0021
↑飲食店

マクドナルド泊らしき人がいました。
こういう手もあったのですね。

IMG_0022
↑お坊さん

P2251246
↑おやつ

レッドブル 10バーツ(≒36円)
オレオ 10バーツ(≒36円)×2

オレオは備蓄食料です。

P2251248
↑バス

カオサン通り周辺から15番のバスに乗りました。
料金は6.5バーツ(≒24円)。

P2251251
↑マッサージ

路上マッサージの人がいました。
マッサージ師さんがこちらを意識してニヤニヤしています。

P2251253
↑マッサージ

メチャ痛そうです。

IMG_0024
↑街並み

いつも大渋滞のスクムウィット通りですが、早朝はサクサク進みました。

P2251254
↑朝食

エカマイで下車。
そこら辺の食堂で適当に朝食にしました。

ご飯とおかず2品 50バーツ(≒183円)

適当に2品選んだら、甘いのと辛いのでした。
甘さと辛さが絶妙に入り混じって、絶妙な普通さになっていました。

 

東バスターミナル

IMG_0026
↑施設

エカマイにある、バンコクの東バスターミナルに到着です。
カオサン通り周辺から50分くらいかかりました。

IMG_0029
↑バス

今日はパタヤーというリゾート地に行こうと思います。
バス料金は119バーツ(≒435円)でした。

P2251256
↑おやつ

スナック菓子 25バーツ(≒91円)

8:00にエカマイの東バスターミナルを出発しました。

同じバスには日本人の若者グループも乗っていました。
修学旅行みたいな張り切ったノリが楽しそうでした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

パタヤーに到着

IMG_0031
↑施設

10:12、バンコクから2時間ちょいでパタヤーに到着しました。

IMG_0032
↑地図

バンコクの南東にパタヤーはあります。
バンコクから最も近いビーチリゾートです。

ですが私の目的はビーチではなくて寺院です。

IMG_0033
↑バイク

バスターミナルからサンクチュアリー・オブ・トゥルースまで、
バイクタクシーで80バーツ(≒292円)でした。

100バーツから値切りましたが、もうちょっと安くできたかも。
という印象です。

IMG_0035
↑施設

10分くらいで、サンクチュアリー・オブ・トゥルースに到着しました。
広い敷地内に謎の寺院があります。

入場料は500バーツ(≒1825円)と、かなり高くなっています。
たぶんタイの寺院で、一番高いと思います。

 

超寺院

IMG_0038
↑パンフレット

というわけでサンクチュアリー・オブ・トゥルースに入場。

サンクチュアリー・オブ・トゥルース
ですよ。

パンフレットにも、
真実の聖域
って書いてありますよ。

かなりヤバイ気配が出まくりです。

IMG_0039
↑寺院

地球の歩き方の説明文も、かなり気合が入っています。
(以下引用文)

”富豪の脳内から生まれたウルトラ・バロック"

"謎の木造巨大建築"

"開園当初に比べてどんどん遊園地化してきている印象もある"

"不思議な造形があふれる異次元空間"

"完成の時は来ないかもしれないアジアのサグラダ・ファミリア"

これは必ず行くべきだと思っていました。

IMG_0044
↑寺院

早速、乗馬コーナーがありました。
寺院との関係性は不明です。

IMG_0046
↑寺院

サッカーもできるようです。

IMG_0048
↑寺院

大きなトラの口がありました。

IMG_0049
↑寺院

ちゃんと下の歯もありました。
微妙にこだわりを感じました。

IMG_0051
↑寺院

トラを後ろから見るとこんな感じです。
張り切ってくぐってみたのですが、どこかに繋がっている訳ではありませんでした。

序盤から意味不明感バリバリで、かなり期待が高まります。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-タイ
-,

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.