無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

6/13成田⇒上海浦東(エアチャイナ)、地下鉄で南京東路の安宿へ(客引き多し)

   

投稿日:2017-06-14 更新日:

2017年6月13日 火曜日 千葉県(日本)

おはようございます。

いよいよフライトの日となりました。

昨晩は友人のカイタロウ君の家(千葉県)に泊めてもらいました。

2:30頃に寝て4:30頃に起きたので、けっこう眠いです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食


↑朝食

吉野家で腹ごしらえ。

カレー美味しいです。

 

成田空港

↑空港

京成電鉄で成田空港に移動しました。

まだ6:30くらいなので空いています。

今回は預け荷物が無いので、カウンターに並ぶことなくチェックイン機であっさり手続き完了しました。

↑飛行機

エアチャイナを使います。

スカイスキャナー で検索したあと公式HPから予約して、成田⇔上海の往復航空券が25,900円でした。

セキュリティチェック、出国審査ともに問題なく通過して、飛行機に乗りました。

↑昼食

寝て起きたら機内食の時間でした。

牛肉ご飯です。オクラが大きいです。美味しかったです。

 

ここまで日本

ここから中国:上海浦東国際空港

↑空港

寝て起きたら上海に着いてました。

成田から上海まで3時間半くらいです。

これくらいのフライト時間だと、あまり疲れないので楽で良いですね。

 

入国カードに記入して提出して、普通に入国しました。

税関の検査は特にありませんでした。

↑空港

まずはATMで中国のお金を入手しました。

空港内の売店でおやつを買います。

↑おやつ

レモンティー 5元(≒80円)

↑空港

では町に向かいましょう。

バスとかリニアモーターカーとか地下鉄とか、いくつかの移動手段があります。

↑空港

フードコートもありますね。

メモ
空港内の無料Wi-Fiを使うには、『SMSの認証』もしくは『IDとパスワードを発券してもらう』が必要っぽいです。

↑交通カード

窓口で、上海の交通カードを買いました。

いちいちきっぷを買わないで済むので、とても便利です。

カード代が20元(≒320円)で、それとは別に20元(≒320円)をチャージしてもらいました。

↑地下鉄

地下鉄の2号線で町中まで移動することにしました。

これがいちばん安いと思います。

上海浦東国際空港から南京東路駅まで、7元(≒112円)でした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

南京東路

↑街並み

上海を代表する繁華街である、南京東路に到着しました。

空港からここまでは65分くらいでした。意外と早かったです。

↑街並み

「南京東路についたよー」ってツイートをしてたら、熱心な客引きのおばちゃんに声をかけられました。

ここら辺はそういう人が多くて、中には悪質な人もいるので注意が必要です。

もちろん毅然とした態度でお断りしました。

 

で、そのおばちゃんが立ち去ったところで「早速、客引きに勧誘されたよー」ってツイートを書いてたんですけどね。

その途中で別の客引きの人が来たので、思わず笑ってしまいました。

想定していたのよりも、だいぶ頻度が高くて熱心です。

↑街並み

おー、お世話になったのは、確かこの警察署だったかと。

『上海 ぼったくり』で検索すると、無職旅のその記事が出てくると思います。

↑街並み

大通りから外れると、すぐに下町っぽい雰囲気になります。

↑宿

予約していた宿は、この建物に入っているようです。

地下鉄駅から徒歩数分で、便利な場所にあります。

 

安宿

↑宿

Agodaで予約しておきました。

Shanghai Blue Mountain Bund Youth Hostelという宿です。

いい雰囲気の内装ですね。

↑宿

あいにくの雨ですが、バーとかテラスとかもあって、居心地が良さそうです。

↑部屋

ドミトリーで1泊75元(≒1,200円)でした。

トイレ・シャワーは共同です。

Wi-Fiはロビーではしっかり使えて、部屋では電波が弱くて微妙でした。

 

最近の中国旅(麗江とか成都とか)に比べると、値段が倍くらいしますねー。

やっぱり上海の物価は他の都市よりも高めなのかもしれませんね。

とりあえず昼寝して、それから何をするか考えようと思います。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.