無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

チェコ

-, , , ,

10/13パルドゥビツェ競馬場を散策、お店もたくさんあってお祭りそのもので楽しい!

   

投稿日:2019-10-14 更新日:

2019/10/13に、パルドゥビツェ競馬場に入場した続きです。

競馬場へのアクセス方法は、ひとつ前の記事をご覧ください。

11:56に入場しました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

パルドゥビツェ競馬場


↑競馬場

子供向けの障害コースがありました。


↑競馬場

こちらは引き馬コーナー。


↑競馬場

屋台がたくさん出ていて、まるでお祭りみたいです。

っていうかお祭りそのものですね。

家族連れのお客さんもたくさん来場しています。

 

スタンド


↑競馬場

私の入場券(220チェココルナ)は、立ち見のようです。

写真左側のスタンド席は、別のもっと高いチケットが必要です。


↑競馬場

犬を連れてきてもいいのは意外です。


↑競馬場

ここがゴールです。

今日はチェコ競馬の祭典、ヴェルカ・パルドゥビツカが開催されます。

競馬の障害レースです。

 

チェコツーリズムのHPには、

欧州大陸最古にして最難関レース

と記載されています。

 

「あれ? イギリスのグランドナショナルの方が古いよね???」

と思って読み直して気づきました。

『欧州最古』ではなく『欧州大陸最古』なのですね。

なるほど。

 

いずれにせよ、歴史ある偉大なレースである事は間違いありません。

今年で129回目となります。


↑競馬

2レースの入場です。

各馬そろって、隊列を組んで本馬場に入場してきます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

レーシングプログラム


↑プログラム

レーシングプログラムを見たら、日本馬のポップロックの子供がいて驚きました。


↑プログラム

日本馬のタイガーカフェの子供もいました。

チェコで種牡馬生活を送っていたのですね。


↑競馬場

レースは遠いので、主にモニターで観戦しました。

スタートはゲートを使わずに、スターターが旗を降ろした瞬間がスタートとなります。


↑馬

障害レースは迫力があって楽しいです。


↑競馬場

スタンド脇の通路を通ってバックヤードに戻ります。

日本よりもだいぶ近くで見られます。


↑競馬場

馬券売り場です。

マークシートなどは無く、口頭で買うシステムのようです。


↑競馬場

屋内はこんな感じ。

馬券窓口とか、飲食店がありました。

競馬場内をのんびりと、一通り散策してみます。

 

パドック


↑競馬場

こちらはパドック。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

馬具屋さん


↑売店

お店もいくつかありました。

こちらは馬具屋さんですね。


↑売店

同じ馬具屋さん。

お土産物ではなく、ガチな馬具屋さんです。

馬の頭につける器具とか、鞍を止める腹帯なんかもあります。


↑像

伝説の名馬かな?


↑競馬場

ヴェルカ・パルドゥビツカの歴代優勝馬の名前が刻み込まれていました。

 

飲食店


↑飲食店

お腹が減ったので食事にしましょう。

たくさんのお店がありますが、ここが気になりました。

焼きそばにしか見えませんよ!


↑昼食

肉焼きそば 150チェココルナ(≒684円)

ビール 40チェココルナ(≒182円)

チェコらしく、そして競馬場らしくもある昼食です。

味もほとんど焼きそばでした。

美味しいです。

 

そんな感じでパルドゥビツェ競馬場を楽しんでいます。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-, チェコ
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.