無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 10/3-16はヨーロッパ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

台湾

-, ,

9/2台南の安平樹屋を見学、ガジュマルに浸食された家が神秘的で凄いです!

   

投稿日:

2019/9/2に、台南の町中を散策している続きです。

ちょっと離れた地区にも行ってみます。

病院の前から2番のバスに乗りました。18台湾元(≒61円)

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

台南の安平地区


↑バス停

12分で安平地区に到着しました。

台南のなかでも、昔の雰囲気が色濃く残るエリアです。


↑車

スピーカーが付いていますが、どういう用途の車なのでしょうか?


↑お姉さんたち

たぶん台湾人のお姉さんグループ。

チャイナドレスがよくお似合いだったので、写真を撮らせて頂きました。

 

この他にもチャイナドレスのグループを見かけました。

町中にレンタル衣装屋さんがあるのかな?

 

安平樹屋


↑家

安平樹屋に来ました。

入場料は50台湾元(≒170円)です。


↑展示

最初の建物は、書道の展示館&カフェでした。

筆を水に浸して、書道体験(?)が出来ます。


↑書道

自分でも信じられないのですが、これでも私は書道3段だったりします。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ツリーハウス


↑家

おおおおお!!

これは凄い!! 神秘的!!!

敷地の奥に進むと、樹屋(ツリーハウス)がありました。

家がガジュマルに覆われています。


↑家

カンボジアのアンコールワットの近所に『タ・プローム』という寺院があります。

それと雰囲気的にとても近いものを感じます。


↑家

建物の中はこんな感じです。

それなりに近代の建物なのに、こんなに浸食されちゃってるのはビックリです。

自然の力って凄いですね。


↑家

神秘的な雰囲気がとても良いです。

そんな家の内部を近くでしっかり見学できるのは、とても嬉しいです。


↑家

通路も半分が根で塞がれています。

植物を避けながら通ります。


↑家

何ヶ所かに階段があり、屋根の上から見ることも出来ます。


↑家

屋根の上から見た光景です。

こんな風になっていたんですねー。

『ガジュマルが家を浸食してる』というよりは、『ガジュマルと家が一体化している』というようにも感じます。


↑記念撮影

さっきと反対側の通路に移動しました。

通路付近の枝は切ったあとがありました。

適度に伐採してあげないと、今後もどんどん浸食してきちゃうのでしょうね。

 

空中通路


↑通路

敷地の奥に空中通路がありました。


↑景色

いちばん奥は見晴し台になっていて、川が見えました。

1kmもしないで海になります。


↑家

見晴らし台から振り返って、樹屋(ツリーハウス)を見た光景です。

この光景とても気に入りました。

手前には水車もあります。


↑家

本当に凄いです。

これは『もっと評価されるべき観光地』だと思いました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

徳記洋行


↑家

すぐ隣にある徳記洋行も見学してみます。

白い西洋建築で、内部は博物館になっています。

樹屋と同じ敷地なので、入場券は共通です。


↑展示

レトロなものがたくさん展示してありました。


↑展示

日本の侍っぽいですが、どういうシチュエーションなのでしょうか???

 

アート作品の部屋?


↑展示

最後の部屋では、不思議なアート作品が上映されていました。


↑展示

上映されている脇はこんな感じです。

手前の遊具もアートの一部なのでしょうか???


↑展示

スクリーンの手前には、精巧なジオラマがありました。

アートとは難しいものですね。

でも迫力を感じたので、解説してもらったら感激したかもしれません。


↑街並み

そんな感じの、安平樹屋と徳記洋行の見学でした。

素晴らしい家を見られて、とても楽しかったです。

安平地区をもう少し散策してみます。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-台湾
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.