無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5/9-21は香港とか桂林の旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

5/18広州に到着、名店の稲香酒家で飲茶してから陳氏書院を見学する(どちらも素晴らしい)

   

投稿日:

2018年5月18日 金曜日 夜行寝台列車の中(中国)

おはようございます。

張家界から広州まで、夜行寝台列車で移動しています。

人の出入りで起きてしまうポイントが何回かありましたが、おおむねグッスリ寝られました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

朝食


↑朝食

昨日買っておいたお菓子の朝食です。


↑車窓

ずっとのどかな風景の中を進みます。

 

広州


↑駅

8:30、広州駅に到着です!

14時間くらい乗っていたけど、快適だったので全然疲れてないです!


↑駅

寝台列車で長距離移動すると、『旅してる感』が出てきて、より一層楽しい気持ちになります。

 

ちなみに今日は香港へ移動する予定なのですが、

・時間調整

・ちょっと寄り道したい

という事で、広州で降りることにしたのです。

 

って広州から香港までも数百キロありますし、

『ちょっと寄り道』にしては、ずいぶんスケールが大きいなあと思います。


↑地下鉄駅

広州火車駅から、地下鉄で移動しました。

2元(≒35円)

 

西門口駅


↑街並み

西門口駅で地下鉄を降りました。

交通ルールがよく分かりませんね。自転車が交差点のど真ん中にいますし。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

稲香酒家 富邦店


↑飲食店

稲香酒家 富邦店に来ました!

地球の歩き方にも載っている名店です。

『このお店で飲茶する』というのが、広州に来た目的の90パーセント以上だったりします。


↑飲食店

かなり賑わってますね。

それにちょっと豪勢な雰囲気ですが、頑張って楽しみます!


↑朝食

鉄観音茶 15元(≒263円)

せっかくなので高いお茶を頼みました。

爽やかで上品で味わい深くて、とても良かったです。


↑朝食

チャーシューまん 19元(≒333円)

香りが素晴らしいので、口に入れる前から美味しさを感じたくらいです。

もちろん味も素晴らしかったです。

 

牛肉入りチョウフン 22元(≒385円)

一口目も美味しいのですが、食べていると『知らない種類の旨み』が増えて、より複雑で高等な美味しさになります。

さすが飲茶の本場広州です。しゅごい。

 

タイムサービスの割引が32%あって、総額42.5元(≒744円)でした。

こんなに楽しく美味しく過ごしてこの値段は、かなりコスパ良いと思います。

幸せです。

 

広州の町歩き


↑街並み

目的は果たしたのですが、せっかくなので少し広州を散歩します。


↑お店

不動産屋さんっぽいです。

マンションは値段高いですね。

 

陳氏書院


↑書院

広州を代表する観光地のひとつ、陳氏書院に来てみました。

今日は何かの日らしく、入場無料でした。ラッキーです。


↑書院

19世紀の建物です。

簡単に説明すると、『陳さんが親戚の学生を支えるために作った施設』でございます。


↑書院

展示コーナーがいくつかありました。


↑展示物

半立体的な作品です。

どことなくジョジョっぽい雰囲気を感じました。


↑展示物

衣装を着た係員さんかと思ったら人形でした。


↑展示物

昔の中国の部屋の展示です。

もしかしたら中国でこういうのを見学するのは初めてかも。

あまり記憶にないので。


↑展示物

うおおおおおおお!!! これは凄い!!

象牙を削って作った船のようですが、めちゃめちゃカッコいいですね!!!

こういう船の実物も見てみたいです。


↑商品

売店ではなぜかサソリとかカニ入りのマウスを売ってました。

 

そんな感じの陳氏書院見学でした。

あまり期待せずに入ったのですが、予想を良い方向に裏切る楽しさでした。

もうちょっと広州散策してみます。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.