無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

11/13成都⇒楽山(バス移動)⇒楽山大仏(市バス13路で移動)、所要3時間くらいです

   

投稿日:2016-11-14 更新日:

2016年11月13日 日曜日 成都(中国)

おはようございます。

久々に目覚まし時計の設定をしないで、ゆっくり寝ました。

ここ最近、山歩きとバス移動ばかりしていたので、今日はゆっくり過ごしましょう。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

成都の新南門の近所

img_2202
↑街並み

ミセスパンダホステルに宿泊しています。

チョンドゥ ミセス パンダ ホステル (Chengdu Mrs Panda Hostel)

10:30くらいから外出して、近所の食堂街に来ました。

img_2204
↑朝食

涼麺 6元(≒93円)

四川料理の定番のひとつです。

底の方に辛いのが入っているので、混ぜると赤くなります。

砂糖がかかっていて、甘辛い味わいです。麺自体は素朴な感じで、こういうのけっこう好きです。

img_2205
↑おやつ

お菓子 6.5元(≒101円)
水 2元(≒31円)

コンビニで購入。

 

成都旅游バスセンター

img_2206
↑バス

ゆったり過ごすつもりでしたが、急に気が変わりました。
楽山という町へ、大仏を見に行こうと思います!

チケットは窓口ですぐに買えました。

成都 ⇒ 楽山 45元(≒698円)

11:40に成都を出発しました。
詳細は未確認ですが、30分~1時間に1本くらい運行していると思います。

 

楽山に到着

img_2207
↑バス

13:30に、楽山のバスターミナルに到着しました。

漢字が難しくて書けないのですが、頭に『肖』の字がつく方です。

バスを降りると、大仏見学の客引きがたくさん声をかけてきました。しかも超熱心です。こういうのも久々だなあと思いました。

img_2217
↑市バス

バスターミナルのすぐ前から、市バスの13路に乗りました。

料金は1元(≒16円)でした。

でもこれがなかなか来なくて、30分くらい待ちました。

img_2218
↑バス

現金で払う時は、右の料金箱にお金を入れます。

自動でカウントするシステムはないので、運転手さんが目視で金額を確認します。

img_2221
↑街並み

楽山は普通に賑やかな町でした。

ある種、原宿みたいな雰囲気があると思います。

img_2224
↑川

バスは町中を通るので、けっこう時間がかかります。

急いでいる人は、タクシーを使った方がいいかもしれませんね。

川の左奥の方に岩山がありますが、あそこらへんに大仏様がいるはずです。

img_2229
↑施設

歴史的な地区が見えたので、大仏のちょっと手前で降りてみました。

よく書いてますが、私はこういう街並みが好きです。

img_2230
↑施設

こどもが中国将棋みたいなのをしていました。

img_2235
↑街並み

飲食店とか屋台とかが並んでいます。

時間があれば、ゆっくり散策したい場所ですね。

img_2239
↑おじいちゃん

葉っぱでドラゴンとかを作っていました。

img_2250
↑施設

ここは遊覧船乗り場のようです。

料金は70元(≒1085円)と少々高めですが、船からゆったりと大仏を見ることができます。

img_2255
↑街並み

あれ、思ったよりも大仏様が遠いですよ……

あまり時間に余裕もないし、やはり入口付近のバス停まで乗るべきだったかなぁ。

img_2260
↑山

という訳で、やっと楽山大仏の入口に到着しました。

時刻は15:00なので、成都のバスターミナルから3時間半かかりました。

このうちの30分は別の場所を歩いていたせいですが、それを引いても3時間もかかるんですね。

成都⇒楽山のバスが2時間でしたが、その後の市バスに時間がかかりました。

なので急ぎの人はタクシーを使うと、とても便利かと思います。

では入場しましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.