無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 ボツワナ

ボツワナ旅の費用集計&まとめ 世界一のゾウ王国?、あと高級ホテルにテント泊した

   

投稿日:2014-09-26 更新日:

急いで書ききってしまいましょう。

2014年7月31日~8月3日のボツワナ旅の費用集計記事です。

各記事へのリンクはボツワナもくじご覧ください。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

費用集計

◆渡航準備のお金:2,052円

地球の歩き方 南アフリカ編 2,052円(Amazonの売り場を見る

ボツワナの情報は、地球の歩き方 南アフリカ編に載っています。

 

◆国際移動のお金:2,436円

区間 金額 備考
入国:ビクトリアフォールズ(ジンバブエ)⇒カサネ 0円 徒歩
出国:Charles Hill⇒ヴィントフック(ナミビア) 2,436円 有料ヒッチハイク

140807tizu1
↑移動経路

カサネはボツワナ北東の町なので、入国は楽でした。

しかしそこからボツワナを横断して、ナミビア中央部のヴィントフックへ行くのは、遠くて大変でした。

 

◆ボツワナで使ったお金:合計25,169円(2,169プラ)

項目 金額
食費  7,902円
宿泊費  7,540円
交通費 3,610円
入場料  812円
エンターテイメント  0円
ツアー代  5,104円
その他 202円

お土産代は計上していません。
宿泊は3泊分の値段です。

1プラ=11.6円で計算しました。

2014年7月31日~8月3日の4日間、ボツワナを旅しました。

観光した場所はカサネ(チョベ国立公園)だけですが、移動経路としてマウン、ハンツィにも行きました。

 

まとめ

IMG_6767
↑ホテル

というわけでカサネに来ましたが、いきなり高級ホテルに到着です。
チョベ・サファリ・ロッジです。

 

高級ホテル泊

IMG_6804
↑ホテル

素晴らしいホテルです。
普通に泊まると、1泊1万円以上するはずです。

IMG_6786
↑ホテル

ですがキャンプサイトなら、1泊1000円程度で宿泊できてしまいます。
ジンバブエで買ったテントが、超絶に役立ちました。

IMG_6783
↑ホテル

テントのすぐ近くを、イノシシ軍団が歩いたりしています。
かなりワイルドな寝床です。

IMG_6851
↑ホテル

ホテルの敷地内で、アフリカっぽい野生動物と何度も遭遇しました。

IMG_6853
↑ホテル

大トカゲ?

IMG_7060
↑ホテル

「ワニ注意」と「カバ注意」の看板がありました、、、
ワニはともかく、カバは非常にヤバいっすね。

IMG_6869
↑ホテル

レストランでディナービュッフェ。
「安い寝床に泊まって、食事は豪華に」
というのは、私にとって理想的な展開でございます。

IMG_6863
↑食事

一流ホテルのレストランだけあって、とても美味しかったです。
特に肉類の美味しさが印象に残っています。
インパラの肉が出てきたのには驚きました。(これは味はイマイチでしたが)

IMG_6823
↑カサネの街並み

少しだけ町歩きもしました。
道路も建物も綺麗ですし、治安もいいみたいです。

ザンビア以降は安心感のある町が多かったですが、カサネは特に安全っぽい雰囲気がありました。

でも野生動物には注意しないといけないみたいです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

サファリ

IMG_6890
↑サファリカー

ホテルのツアーデスクで、各種サファリなどを申し込む事ができます。
こんな車に乗って、早朝サファリツアーに出かけました。

IMG_6982
↑ゾウ

ホテルから10分くらいで、チョベ国立公園に入る事ができます。

敷地の雄大さではケニアやタンザニアには負けてしまいますが、とても気軽にサファリできるのが、大きな魅力だと思いました。

IMG_7029
↑ライオン

何回見てもライオンはカッコいいです。
近いと迫力がありますね。

IMG_7040
↑キリン

 

ボートクルーズ

IMG_7102
↑ボート

午後からはボートクルーズにも参加しました。

IMG_7140
↑ゾウと船

ボートに乗って、川から動物ウォッチングをしました。

とにかくゾウが大量にいました。

アフリカゾウの生息密度は、ここら辺が世界一だそうです。

ケニアやタンザニアの国立保護区と比較しても、ゾウの数ならばチョベ国立公園の勝ちだと思います。

つまりゾウ世界一という事ですね。

IMG_7214
↑カバ

陸上でカバを見られて良かったです。

IMG_7364
↑夕日とゾウ

満腹になるくらい、しっかりじっくりとゾウを見られました。

 

ヒッチハイクで国内移動

DSC02737
↑バス

ボツワナを横断して、次の国ナミビアへと向かいます。

直行バスは無いので、少しずつ区切って移動しました。

「ボツワナにバスは無いので、ヒッチハイクしなくてはいけない」

という噂がありましたが、ご覧のとおりバスも運行されていました。

IMG_7389
↑ヒッチハイク場

ですがあまりバスの本数は多くないようで、ヒッチハイクもする事になりました。

ヒッチハイクとはいえ、実質的には「乗合タクシー」のような物だったので、
それほど苦労はしませんでした。
基本的に有料ですし。

IMG_7400
↑ボツワナの子供

カサネを出発してからマウンやハンツィなどを経由して、2日かけて無事にナミビアへと移動できました。

そんな感じのボツワナ旅でした。

とても楽しかったです。

 

ザンビア以降は、

・比較的治安が良く、嫌な緊張感がなくなってきた
・観光地の質が高くなった

という理由により、行く先々が楽しくて素晴らしい日々でした。

 

チョベ・サファリ・ロッジでの思い出は、そんな中でも特に強いものでした。

私はコストパフォーマンスを気にする方なので、「お得感がある」というのは重要な事です。

もちろん内容も、文句無しに素晴らしいものでした。

 

「情報が少ない」とか「交通の便が悪い」などの理由で、ボツワナをパスしてしまう旅人は多いようです。

「普通にボツワナ旅行したい人」というのも少ないでしょう。

ですが実は野生動物王国でもありますし、とても魅力的な国だと思います。

南アフリカ旅行のオマケとして、ちょっとカサネに行ってみてもいいかもしれませんね。

飛行機ならばすぐに着きますし。

ゾウ好きな人には、特にオススメでございます。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, ボツワナ
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.