無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 ザンビア

ザンビア旅の費用集計&まとめ ビクトリアの滝は意外と気軽に行けました

   

投稿日:2014-09-22 更新日:

次回の旅も決まったので、費用集計シリーズも早く書き終えないといけませんね。

というわけで、2014年7月25日~7月28日のザンビア旅の費用集計記事です。

各記事へのリンクはザンビアもくじをご覧ください。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

費用集計

◆渡航準備のお金:7,152円

地球の歩き方 南アフリカ編 2,052円(Amazonの売り場を見る
ザンビア観光ビザ 5,100円

ザンビアの情報は、地球の歩き方 南アフリカ編に載っています。

ビザは国境で取得しました。

アフリカはビザが必要な国が多くて、出費が大変です。
(でも取得は楽にできる事が多いです)

 

◆国際移動のお金:3,625円

区間 金額 備考
入国:リロングウェ(マラウイ)⇒ルサカ 3,625円 バス
出国:リビングストン⇒ビクトリアフォールズ(ジンバブエ) 0円 徒歩

140728tizu
↑移動経路

私はマラウイからバスでザンビアに入国しましたが、タンザニアからタンザン鉄道で移動する旅人も多いようです。

 

◆ザンビアで使ったお金:合計12,478円(734.02クワチャ)

項目 金額
食費  3,502円
宿泊費  3,978円
交通費 2,635円
入場料  2,040円
エンターテイメント  0円
ツアー代  0円
その他 323円

お土産代は計上していません。
宿泊は3泊分の値段です。

1クワチャ=0.25円で計算しました。

2014年7月25日~7月28日の4日間、ザンビアを旅しました。

行った場所はルサカ、リビングストンです。

 

まとめ

DSC02493
↑トラック

「中日新聞のトラック」の荷台に、たくさんの人が乗っています。

イメージしていたアフリカの光景を見られて嬉しかったです。

 

ルサカ

IMG_5792
↑ルサカの街並み

首都のルサカに着いてビックリしました。
とても綺麗で先進的な街並みです。

ケニアのナイロビ、タンザニアのダルエスサラームも都会でしたが、それとは質の違う雰囲気の都会でした。

一言でいうと安心できる感じなんです。

IMG_5795
↑ザンビア人

もうね、本当にここまでの国と雰囲気が違うんです。

例えばヨーロッパを西と東で分けるとしたら、
西側:ドイツ
東側:ポーランドとチェコ
ここら辺が境界線だと思うんですよ。
(オーストリアはどっちかなー。どちらかというと東側かなー)

そんな感じの、「あっ、雰囲気が変わった」という実感がありました。

IMG_5801
↑バス

都市間の長距離バスもこんなにも綺麗です。

日本のバスと比べても遜色ないです。

しかも人間と手荷物しか乗っていません。

「そんなん当たり前じゃん」と思うかもしれませんが、ここまでのアフリカの国は違いました。

基本的に穀類の大きな袋が乗ってきます。

あとは木材とか生きた鳥とかが持ち込まれる事も多かったですし。

 

リビングストン

IMG_5807
↑リビングストンの街並み

そしてビクトリアの滝の最寄りの町であるリビングストンへ。
こっちはさらに整った街並みで、再び驚きました。

IMG_5811
↑リビングストンのお店

綺麗でおしゃれなお店も多く、
「ここはアメリカの地方都市だよ」
と言われても信じてしまいそうです。

DSC02531
↑リビングストンのお店

スーパーマーケットも日本と同等レベルです。

DSC02533
↑ファーストフード

久々にファーストフード店を見て、ときめいてしまいました。

ヨーロッパからの観光客が多いという事もあって、先進的な部分も多かったです。

IMG_5865
↑宿

リビングストンではFawlty Towersという宿に泊まりました。

こんな感じの素敵な宿が、リビングストンにはいくつかあります。

IMG_6265
↑宿

どうですか!この内装。
素晴らしいですね。

「ビクトリアの滝は見たい!でもアフリカの安宿ってちょっと怖いかも、、、」
という人でも、これなら安心して泊まれますね。

っていうか他の先進国の宿と比べても、ここはハイレベルだと思います。

IMG_6266
↑宿

ですがお値段も先進国並みです。
ドミトリーで15USドル(≒1530円)もしました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ビクトリアの滝

IMG_5903
↑滝と虹

というわけで、ビクトリアの滝にやってきました。

今回のアフリカ旅のメインの目的地のひとつです。
現地で会った日本人旅人と一緒に観光しました。

IMG_5895
↑滝

滝のすぐ上を散策できたりするのは意外でした。
すぐそこが滝壺です。

IMG_5936
↑滝

レインコートを着て滝を見学しました。
でもこの時は「別にいらないんじゃないかな?」と思っていました。

P7270089
↑滝

しかし奥へ進めば進むほど、水しぶきが強烈になってきます。
まるで台風の中にいるみたいです。

IMG_6047
↑滝

世界三大瀑布のひとつであるビクトリアの滝。
(あと2つはナイアガラの滝、イグアスの滝)

光景のダイナミックさは、世界一かもしれません。

IMG_6096
↑滝

「のんびりと街並みを楽しむ」というのも好きですが、やっぱり有名な観光地に来ると、盛り上がり方が違いますね。

しかも大自然の迫力ある光景です。

アフリカ旅がさらに盛り上がってきました。

IMG_5956
↑ザンビア人

IMG_6187
↑橋

滝の近くの橋では、バンジージャンプをすることもできます。

IMG_6168
↑子供

お母さんがバンジージャンプするので、号泣してしまった子供。

IMG_6208
↑お母さんと子供

でもすっかり楽しくなってしまったお母さんは、2回も飛んでいました。
(ちなみに1回100ドル以上します)

IMG_6282
↑橋

そして徒歩で橋を渡って、次の国ジンバブエへと移動しました。

そんな感じのザンビア旅でした。

たった4日間だけの滞在でしたが、とても面白かったです。

安心して楽しめたのも大きかったです。

 

以前は、
「ビクトリアの滝に行ってみたいな。でもザンビアとか大丈夫なのかな?無事に滝まで行けるかな?色々と心配だな」
と思っていました。

でもザンビアはそんな不安とは程遠い、安心で快適な国でした。

むしろ楽勝でした。

雄大な自然が好きな人は、ビクトリアの滝は強くオススメです。

あまり油断しすぎてはいけませんが、そこまで恐れずに行ってみてもいいと思います。
(ジンバブエとセットにしてもいいかも)

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, ザンビア
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.