無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ジンバブエ ボツワナ

-, ,

7/31ビクトリアフォールズ⇒ボツワナのカサネ 順調に国境を越えました

   

投稿日:2014-07-31 更新日:

2014年7月31日 木曜日 ビクトリアフォールズ(ジンバブエ)

おはようございます。

今日は持ってきた衣類をフル装備で寝たのですが、それでも少しだけ寒かったです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

テント泊しました

DSC02628
↑温度計

朝7時の気温は17.5℃でした。

マットの幅が狭いので寝返りをうつのも一苦労ですし、「テント」よりも「部屋とベッド」の方が快適である事を知りました。

でもテント泊を2回したので、これで10USドル節約できました。

なのでテント購入の実質的出費は、35USドル⇒25USドル(≒2550円)となりました。

DSC02629
↑くつ

夜中に犬に持っていかれると困るので、
木の上に置いておきました。

IMG_6743
↑街並み

9時ごろから外出しました。

同じ宿に泊まっていたえいたさん達は、
早朝に出発してしまったようです。

ご挨拶ができなくて残念でした。

 

朝食

IMG_6744
↑朝食

今日もピザを食べに来ました。
ペリペリチキンピザ 4USドル(≒408円)
コカコーラ 1USドル(≒102円)

今日も美味しかったです。
連日ピザを食べられて幸せです。

国境越えに備えて、コカコーラで力をつけておきました。

・32コーラめ

 

会計時に100ドル札で支払おうとしたら、
「ごめんなさい、お釣りがありません」
と言われました。

それ自体はよくある事なのですが、レジ内を見たら20ドル札1枚と、1ドル札3枚しかありませんでした。

さすがにもう少し準備すべきだと思いました、、、

DSC02632
↑郵便局

DSC02635
↑切手

日本への絵葉書の送料は1USドル(≒102円)でした。

友人のお父さんが消印コレクターらしいので、
私もたまに協力しています。

DSC02637
↑寝床

宿(SHOESTRINGS)に戻ってきたので、
これからテントを撤収します。

DSC02639
↑寝床

約6分で収納できました。
慣れたらもっと早くできそうですね。

そして宿をチェックアウトしました。

ツアーデスクも売店もレストランもバーもあるし、とても良い宿だったと思います。
(夜遅くまで騒がしいこと以外は、、、)

IMG_6748
↑街並み

宿の人に、ボツワナへの行き方を教わりました。

町外れの方に、乗り合いタクシーの乗り場があるそうです。

メインの通りを、滝と反対方向に歩きます。

IMG_6753
↑展示

ニワトリでかいです。

IMG_6754
↑公園

美術的な公園だったのですね。
コンセプト等はよくわかりませんが。

IMG_6756
↑街並み

ボツワナ通りを右折すると、何か施設がありました。
ここがタクシーパークでしょうか?

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

タクシーパーク?

DSC02641
↑ジンバブエ人

警備の人に、
「ここはタクシーパークですか?」
と聞いたら、

「そうだよそうだよ、車をつかまえてあげるからここで待ちな」
と言ってくれました。

そして通りかかる車に声をかけてくれました。

 

って、これ絶対にタクシーじゃないですよね?

ヒッチハイクを代行してくれてるだけだと思うのですが、いずれにせよ助かりました。

警備員さんありがとうございます。

DSC02642
↑車

数分後に、タウンエースノアが停まってくれました。

ビクトリアフォールズの町⇒ボツワナとの国境まで、15USドル(≒1530円)で行ってくれる事になりました。

DSC02645
↑車内

私が乗ったあとに町の方へ戻り、2人のスウェーデン人を乗せてから、国境方面へ出発しました。

この車は、もともと送迎の用事があったようです。

そこに私が1人追加されて、プラス15USドルですから、運転手さんもラッキーだったと思います。

ちなみに彼らは1人35USドル(2人で70USドル)支払って、カサネ空港まで移動するそうです。

IMG_6760
↑景色

国立公園の中の道を通っていきます。

「運が良ければ野生の動物を見られるよ」
と言われたのですが、
それほど運は良くなかったようです。

 

国境

DSC02646
↑国境施設

45分くらいで、ジンバブエ側の国境施設に到着しました。

「ジャパン?コンニチハ!」
と挨拶してくれたのが嬉しいです。

パスポートにスタンプを捺してもらい、あっさり出国手続きが完了しました。

DSC02648
↑街並み

歩いてボツワナ側の国境施設へと向かいます。
のどかです。

ここまでジンバブエ

 

ここからボツワナ

DSC02650
↑国境施設

ボツワナ側の国境施設に到着。
ガラガラです。
私の他には、誰も一般人はいませんでした。

「ジャパン!コンニチハ!何日滞在したいの?」

ここでも日本語で挨拶してくれました。

パスポートにスタンプを捺してもらって、あっさり入国手続き完了です。

ここまでは入国のたびにビザ代が必要で大変でしたが、ここから先はビザ不要な国ばかりです。

とても気が楽です。

 

歩くと危険

DSC02651
↑国境施設

靴底の消毒コーナーがありました。
ここでルートについて質問してみました。

「カサネまではどれくらい距離がありますか?」

「そうだねえ、12kmくらいかねえ」

「じゃあ歩いても行けますね」

「歩く!?ダメダメ!危険だよ!野生動物がたくさんいるからね」

動物で危険ってのは、初めてのケースですね。

DSC02654
↑街並み

なので素直にタクシーを探そうと思います。

ですが色々な人のブログを見ると、
「ここでタクシーが全然見つからなくて苦労した」
という表記が多かったです。

まあまだ時間も早いことですし、じっくりのんびり待ちましょう。

DSC02655
↑タクシー

と思ったら、あっさりタクシー見つかりました。

でもパトライトみたいなのがついてますし、厳密な意味でタクシーではありませんね。

でも助かりました。

ジンバブエとの国境⇒カサネの町まで、4USドル(≒408円)で移動してくれるそうです。

途中で野生動物に会うことはありませんでしたが、「動物に注意」の看板が多かったので、実際にあちこちに動物がいるのでしょう。

IMG_6764
↑街並み

国境から20分くらいで、目当てのホテルに到着しました。
(チョベ・サファリ・ロッジ)

ビクトリアフォールズの宿から2時間だったので、早くてスムーズな移動だったと思います。

最初からタクシーを使えば、1時間ちょいで移動できそうです。

で、このホテルが素晴らしいのですが、それは次の記事にて。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ジンバブエ, ボツワナ
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.