無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ザンビア ジンバブエ

-, ,

7/28国境越え ザンビアのリビングストン⇒ジンバブエのビクトリアフォールズ

   

投稿日:2014-07-29 更新日:

2014年7月28日 月曜日 リビングストン(ザンビア)

おはようございます。

宿(Fawlty Towers)のベッドは素晴らしく、とても快適に寝られました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

宿の共同スペースで朝食

DSC02566
↑ねこ

少し早起きして、昨日の分のブログを書いてアップしました。

DSC02567
↑朝食

昨日買ったパンを食べました。

DSC02568
↑宿

宿泊客の年齢層はちょっと高めで落ち着いた感じです。

騒がしいのが苦手な人にオススメできる宿です。

IMG_6273
↑写真

スタッフの写真と名前が貼ってありました。
左の人はたぶん月間優秀スタッフですね。
これはやる気が出ます。

DSC02574
↑紙

トイレには清掃のチェックシートまで。

あまりにもしっかりしているので
気になってレセプションで質問してみました。

この宿のオーナーはイギリス人だそうです。

DSC02569
↑商品

これからジンバブエへと移動します。

ザンビアのお金が少し残っていたので、いつものスーパーマーケットに行きました。

といってもぬいぐるみを買う必要はありませんね。

DSC02570
↑商品

テントが欲しかったのですが、
ここにはありませんでした。

DSC02571
↑商品

謎の杖と思ったら、たいまつのようです。

DSC02572
↑お店

スーパーの前には、民芸品屋さんもありました。

DSC02573
↑買ったもの

エナジードリンク 9.99クワチャ(≒170円)
フルーツジュース 9.99クワチャ(≒170円)
チョコレート 6.29クワチャ(≒107円)
チョコレート 6.99クワチャ(≒119円)

最後なのでちょっと贅沢しました。

IMG_6275
↑おやつ

さっき買ったフルーツジュースです。
下部に「83%パイナップルジュース」と書いてあります。

「83」という数字が、実に正直な感じで好印象です。
美味しかったです。

DSC02575
↑バス

宿の無料バス(ビクトリアの滝行き)に乗りました。
10時にリビングストンの宿を出発です。

DSC02576
↑景色

ビクトリアの滝の上流の川です。

ここを泳いでいけば、
きっと無料で国立公園に入場できますね。
命の保証はありませんが。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

国境

IMG_6278
↑国境

ザンビアの国境施設に到着です。
ビクトリアの滝国立公園のすぐ近所にあります。

パスポートを出してすぐにスタンプを捺してくれたので、
10秒くらいで出国手続きは完了しました。

IMG_6280
↑国境

マシンガンを持った兵士の人は、棒でヒヒを追い払うときも真剣な表情でした。

ザンビアは3泊4日だけでしたが、しっかりビクトリアの滝を見学できたので、とても楽しかったです。

ここまでザンビア

ここからジンバブエ

IMG_6282
↑橋

昨日バンジージャンプを見学した橋です。

IMG_6287
↑滝

ここから見るビクトリアの滝もカッコいいです。

IMG_6293
↑橋

バンジージャンプの発射台です。
昨日バンジーに激ハマリしてたお母さんは、今日はいませんでした。

少し安心しました。

IMG_6296
↑街並み

滝の水しぶきが、道路にも少しだけ飛んできます。

IMG_6297
↑国境

ジンバブエ側の国境施設に到着です。

DSC02578
↑紙

用紙に記入して30USドル(≒3060円)を払って、あっさりと観光ビザを取得できました。

入国手続きも合わせてやってくれました。

税関のチェックは何もありませんでした。

今回のアフリカ旅の7ヶ国目、ジンバブエに入国です。

IMG_6300
↑植物

キリンの化石でしょうか。

IMG_6301
↑標識

たぶん人間を表していると思うのですが、
プロポーションがだいぶおかしいと思います。

IMG_6302
↑公園

ビクトリアの滝国立公園の、
ジンバブエ側の入り口です。

ザンビア側とは違った光景を楽しめますので、
こちらもとても楽しみです。
また後で来ましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ザンビア, ジンバブエ
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.