無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

-

2014年新馬勝ち1号のケツァルテナンゴと会っていた話

   

投稿日:2014-06-07 更新日:

先週日本ダービーが終わり、今週から2歳馬の新馬戦(デビュー戦)が始まりました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ケツァルテナンゴ(馬)の話です

140607q1
netkeiba.comより引用

URL:http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=87719

先ほど行われた この世代の初めての新馬戦で、ケツァルテナンゴという馬が勝ちました。

つまり今のJRAの2歳馬で、最初に勝った馬という事になります。

 

過去同じレースを勝った馬は、けっこうな割合で大活躍しています。

2013年レッドリヴェール GI阪神JF勝ち
2010年アヴェンチュラ GI秋華賞勝ち

他の馬もなかなかいい感じです。
(トーセンパワフル、ダローネガ、ダノンパッション、ツルマルジャパン、ポルトフィーノなど)

例年に比べると今年は少々小粒感のあるメンバーでしたが、内容も良かったですし、ケツァルテナンゴも今後が期待できますね。

 

で、

実はこの馬に会った事があるんです。

IMG_0811
↑馬

去年の10月にノーザンファーム空港牧場を見学させてもらったのですが、その時見せてもらったのが、母ダイワオンディーヌの1歳馬、つまりケツァルテナンゴなのです。

この馬は「G1レーシング」という「一口馬主クラブ」で募集されていました。

馬価格は1600万円なのですが、その1/40の権利を40万円で買う事で、馬主気分が味わえるのです。

 

友人のIくん(安曇野いちの相馬眼かもしれない男)にカタログ写真を見てもらったところ、

「この馬がいいと思う」

というので、事務局に申し込んで見学させてもらったのです。
(スタッフの皆様、ご対応ありがとうございました)

 

馬の実物はとても良かったです。

私は馬体の良し悪しはわかりませんが、バランスと皮膚感が良く感じて、とても好印象でした。

でも育成スタッフの評価は普通だったんです。

私「調教は進んでいる方ですか?デビュー時期はどうですか?」
ス「まあ普通ですね。たぶんデビューは秋以降になるかと」

私「ここが素晴らしい!みたいな強調点はありますか?」
ス「特には、、、それほど目立った点はありませんね」

私「この馬はおススメですか?」
ス「う~ん、、、馬自体はいいですけど、チチカステナンゴ産駒なのであまり強気には……」

私「とても気に入ったので、かなり前向きに出資しようと思うのですが」
ス「よく考えて、納得したら出資してくださいね」

と、こんな感じでした。

 

スタッフの方は、とても正直で誠実な対応をしてくれたと思います。

「嘘でも何でもいいから誉めて売りつけてしまえ!」みたいな感じは全然ありませんでした。

私は、
「そうかぁ、、、普通なのかぁ、、、」
と思ったので、結局は出資は見送りとしました。

という馬がさっき新馬戦を快勝したので、複雑な心境でブログ記事を書いているというわけです。

結論:競馬って難しいですね

 

おまけ話題1

別のスタッフの方におススメの2歳馬について聞いてみたら、

「それはもう、何と言ってもレーヴドスカーの12(レーヴミストラル)ですよ!ダービーを勝って種牡馬になってもらう予定です!」

と言ってました。

この馬も引き続き注目してみたいです。

 

おまけ話題2

友人のIくんは普通の素人の会社員ですが、仔馬を見る目には自信と実力がありますので、

「ぜひセリ会場に同行してもらいたい」

という方がいらっしゃいましたら、ご連絡ください。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-
-

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.