無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

4/17 早朝ガンジス河ツアー 綺麗だったり汚かったり

   

投稿日:2014-04-18 更新日:

2014年4月17日 木曜日 バナーラス(インド)

おはようございます。

バナーラス(バラナシ)では連日のんびりしていますが、今日は早起きしてガンガー(ガンジス河)を見に行きます。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ガンジス河を見学します

IMG_2896
↑ガンガー

5:15に宿を出発して、ガンガー沿いの船着場に行きました。

宿泊している宿(サンタナ)で、
「早朝ガンガー見学ツアー 本物のバダルさんのガイド付き」
を申し込みました。

8人参加して、1人あたり300ルピー(≒510円)でした。

IMG_2897
↑川沿い

早朝からバドミントンをしている人たち。

IMG_2901
↑街並み

薄暗いと、いつもより2割増しでカッコよく見えます。

IMG_2903
↑川沿い

ガネーシャ(象頭の神様)ですが、
ずいぶんアート的な絵ですね。

IMG_2905
↑船

これに乗って、ガンガーを行ったり来たりして見学します。

IMG_3028
↑朝日

ガンガーのサンライズです。

インドで見る朝日や夕日って、妙に綺麗に感じるんですよね。

大気の成分が関係しているのでしょうか?

IMG_2940
↑ガンガー

沐浴している人もたくさんいました。

IMG_2942
↑川沿い

こちらは集団でヨガをしていました。

バラモン(とても高い身分)の子供たちだそうです。

普通の学校とかには行かずに、特別な教育や生活をしているとか。

IMG_2951
↑ガンガー

河で洗濯をする人たち。

彼らは先祖代々、洗濯する仕事の家系だそうです。

バダルさんが日本語で説明してくれるので、とても有意義に見学できています。

IMG_3030
↑ガンガー

お気に入りの一枚です。

理由は分かりませんが、ここら辺で写真を撮ると、妙に幻想的に写る気がします。

7年前にコンデジで撮影したときも、この辺りだけやけに綺麗に写っていました。

空気の濁り具合が、ちょうど良く作用しているのかも?

それともこれがガンガーの聖なる力なのでしょうか。

IMG_2959
↑ガンガー

我々以外にも、ボートがたくさん出ていました。
多くは観光客です。

IMG_2961
↑ガンガー

ここも沐浴する場所です。
女性が多い場所は、初めて見たかもしれません。

IMG_3031
↑ガンガー

あっちへこっちへ色々回って見学しています。

IMG_3032
↑インド人

ガイドのバダルさん(28歳)。

この時の表情は、少しだけ大泉洋っぽいです。

最近お腹が出てきたのを気にしているそうです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ガンジス河の対岸です

IMG_2974
↑川沿い

ガンジス河の対岸に来てみました。

「バダルさん、こっちは不浄な場所なんですよね?」

「フジョウって何?」

「えっと、、、汚いというか、神様がいない方というか、、、」

「ん~、、、ワカラナイ。ゴミは多いね」

地球の歩き方には「不浄」と書いてあるのですが、実際はあまり気にされていないのかも。

IMG_3034
↑ガンガー

味のある建物が並んでいる光景は壮観です。

IMG_2983
↑ガンガー

うわっ!汚いっ!!

本当にそうつぶやいてしまいました。

「成分分析をしたら大腸菌が基準値の5000倍くらいあった」

なんて話を聞いたこともありますし、科学的にはとても汚い河です。

生活排水から死体から、この町の(インドの?)全てがここに流れてきています。

でも聖なる河なのです。

ヒンドゥー教徒にとってはここで火葬されて流される事が最上級の幸福みたいですし、人生の目的地となる偉大な河です。

IMG_2987
↑ガンガー

そんな感じで有意義な見学をしています。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.