無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/2-15は東欧に行ってきます

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

4/17早朝ガンジス河ツアーの続き バナーラス(バラナシ)

   

投稿日:2014-04-19 更新日:

4/17の朝に、ガンガー(ガンジス河)をツアーで見学している続きです。

IMG_2991
↑川沿い

一番賑やかなガートのあたりです。

ところで「ガート」ってはこういう建物の事かと思っていたのですが、「階段」という意味だったそうです。

ガンジス河沿いの建物です

IMG_3000
↑川沿い

これは貯水タンク。
ガンガーの水を町中に送るための設備だそうです。

生活用の水源としても大活躍のガンガー。

このちょっと先がマニカルニカー・ガート。

火葬場なので、撮影は禁止となっています。

IMG_3001
↑船

その火葬場の前です。
欧米人のご年配グループは、ガシガシ撮影していました。

火葬は24時間行われているので、このときもいくつかの場所で火が上がっていました。

「生と死」についてあれこれ考えさせられるべき場所なのですが、特別何かを感じることはありませんでした。

「ああ、ここが火葬場なのかあ」というくらいでした。

自分でも意外でした。

トピックス

・火葬場の社長の家は近所にある
・火葬の仕事をするのは、カーストの一番低い人
・火葬代は10000ルピー(≒17,000円)くらい
・「火葬場の近所で自分の死を待っている人」の多くは演技らしい(そういってお金を稼いでいる)

IMG_3005
↑川沿い

傾いてる寺院です。

IMG_3006
↑フレディ・マーキュリー

この辺りで沐浴をしている人は、おしゃれな人が多かったです。

鏡を見て髪型を直しながら沐浴している人もいました。

IMG_3012
↑ガンガー

また対岸の方に移動しました。

ボール遊びしている人たちがいました。

沐浴とか全然関係なくて、涼しくて気持ちいいからだと思います。

IMG_3035
↑ガンガー

歯磨きする人たち。
写真撮影をアピールしてきました。

IMG_3024
↑街並み

もとの陸地に戻りました。

7時前後は、小学生の通学の時間帯のようです。

狭い路地をバイクがびゅんびゅん通っていきます。

P4170971
↑カフェ

ツアーの最後でカフェに立ち寄り。

IMG_3026
↑カフェ

持ち帰りで買う人も多かったです。

P4170972
↑おやつ

チャイ 無料

値段は8ルピー(≒14円)なのですが、
ツアー代に込みだそうです。

IMG_3027
↑街並み

緑色のやばそうな液体が湧き出していました。
下水管が破裂したのかも?

P4170973
↑おやつ

コカコーラ 35ルピー(≒60円)

早起きして散歩したあとのコーラは別格の美味しさです。

・34コーラめ

 

朝食

P4170974
↑朝食

約2時間の早朝ガンジス河ツアーを終え、宿(サンタナ)に戻ってきました。

とても楽しくて満足できました。

朝食セット 無料
目玉焼き 15ルピー(≒26円)
ヨーグルト 15ルピー(≒26円)

朝食後はすぐに昼寝しました。

 

昼食

P4170975
↑昼食

昼食も宿でお願いして食べました。

鶏から揚げセット 170ルピー(≒289円)

少し固めのインド風から揚げは、歯ごたえがあって美味しかったです。

IMG_3036
↑街並み

昼食後はまた昼寝して、涼しくなった17時くらいから外出しました。

IMG_3037
↑ぬいぐるみ

ドラえもんによく似ていますが、別の名前でした。

この前ニューデリーで見たのとも、また違う名前でした。

IMG_3038
↑ぬいぐるみ

鼻が長いのはガネーシャでしょうか?

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2017 AllRights Reserved.