無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

インド

-, ,

12/29タージマハルと古都を見学して夜行列車でバラナシへ移動

   

投稿日:2014-03-15 更新日:

「昔のインド旅シリーズ」の8日目です。

昨日は自分自身に大きな変化がありましたが、それ以降は特筆事項もなく、普通のインド旅が続いています。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

2007年12月29日 土曜日 アーグラー(インド)

おはようございます。

6:00に起きて身支度してカマルホテルをチェックアウトしました。

会計時にインチキされることもなく、最後までいい宿でした。

DSC01422
↑寺院

ホテルの屋上から、朝もやの中にタージマハルが見えます。
早速行ってみましょう。

DSC01440
↑看板

タージマハル入場には、いくつかのルールがあります。

基本的にカメラや財布以外は持ち込み禁止です。

私は荷物を宿に置いてきたので、すんなり入場できました。

入場料は5USドル(≒580円)プラス500ルピー(≒1500円)。

インドの物価からするとかなり高いです。

 

タージマハルです!

DSC01447b
↑寺院

こちらがかの有名なタージマハルでございます。

かなり感動しました。

旅日記には「不思議空間です」って書いてありました。

DSC01477b
↑インド人

インド人男性に「一緒に記念写真撮ろうよ」と言われたので、快く笑顔で承諾しました。

その人も喜んでくれたし、私にとっても楽しい思い出になりました。

数日前の私とはずいぶん変わりました。

DSC01520
↑寺院

タージマハルの魅力については、また別の機会に書く事にしましょう。
もうじき行きますしね。

っていうか細かい事は忘れてしまいました。

当時はブログも書いていませんでしたしね。

DSC01529
↑インド人

インド人はこの体勢をとることが多いと思います。

DSC01542
↑売店

9:30くらいにタージマハルの見学が終了。

せっかく来たので、お土産物もいくつか買っていきました。

楽しいやりとりの範囲内で、値切り交渉も上手くできました。

DSC01550
↑昼食

チャイ 30ルピー(≒90円)
ライス 20ルピー(≒60円)
チキンカレー 80ルピー(≒240円)

宿に戻って朝食兼昼食。

米粒が長くて弾力があって、日本米とは全然違いました。

タイ米と比べても全然違います。

相変わらずカレーはとても美味しいです。

DSC01546
↑宿

タージマハルを見ながら食事なんて、なかなか贅沢ですね。

DSC01561
↑街並み

夜行列車で次の町へ移動するので、
それまでアーグラー近郊を観光します。

DSC01563
↑バス

ローカルバスの料金は22ルピー(≒66円)

これでちょっと離れたところにいきます。

 

ファテープル・スィークリー見学!

DSC01573
↑都

ファテープル・スィークリーというところに来ました。

昔の都なのですが、わずか14年で放棄されています。
(水不足が原因だったとか)

入場料は5USドル(≒580円)プラス100円でした。

さっきのタージマハルもそうでしたけど、
なんで二種類のお金を支払っているのでしょうか?

しかも今回は日本円ですし、自分でも謎です。

DSC01601
↑都

楽しく見学しました。
「人間を駒にするチェス」の場所とかもあって凄かったです。

DSC01628
↑街並み

色々な意味でインドにも慣れてきたので、
警戒しつつもリラックスして歩く事が出来ています。

DSC01633
↑バス内

それにしても凄い人数と活気です。

道に人があふれすぎていて、バスがなかなか進めません。

駐車場から大通りに出るまでに、30分くらいかかった気がします。

あと途中でこのバスが無理な追い越しをして、接触事故をしたような気がします。

 

運転手さんが、
「いや、何もなかった。俺は普通に運転していただけだ」
みたいな顔をしてそのまま運転を続けたので、何が起きたのか詳細は確認できませんでしたが、、、

でも、
「ガン」って音がして、
車体に不自然な衝撃があって、
多くの乗客が慌てながらある方向を見ていましたから、、、

何かありましたよね、きっと。

やっぱりインド怖いかも。

DSC01645
↑おやつ

レモンティー 10ルピー(≒30円)
アーグラーの町中に戻って一休み。

近所の売店のおじいちゃんと少し仲良くなっていたので、
ちゃんとお別れしてから出発しました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

次の町へ

DSC01672
↑駅

駅の待合室。

いつ列車が来るのか分からず、とても不安でした。

アナウンスも掲示もよく理解できませんし、、、
インドの列車は、できるだけ始発駅から乗った方がいいですね。

DSC01674
↑夕食

えっと、、、なんでしょうね、、、これは?
パンかな?

DSC01677
↑オランダ人と日本人会社員

同じ行き先のオランダ人夫婦と仲良くなりました。

彼らはポーター(荷物を運ぶ人)を雇っていたので、
列車が来たらちゃんと案内してもらえます。

なるほど、そうすれば乗り過ごすリスクも激減しますね。

DSC01684
↑イラスト

近いうちに日本に来るという事で、
イラストも交えて日本情報を教えてあげました。

DSC01693
↑列車

アーグラー近郊の駅⇒バラナシ 寝台列車 662ルピー(≒1986円)

定刻から2時間くらい遅れたと思いますが、無事に乗車できました。

だいぶ混雑してますね。

そんな感じで平和な1日でした。
残りの数日も、しっかりインドを楽しもうと思います。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-インド
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.