無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計

-, , ,

2013冬旅の全体の費用集計&まとめ 意外と安くて嬉しい(ドバイ、イラン、トルコ、イタリア)

   

投稿日:2014-02-10 更新日:

今回の旅全体の費用集計記事です。

各記事へのリンクは2013冬 ドバイ⇒イラン⇒トルコ⇒イタリアもくじをご覧ください。

48日間の旅で、161記事も書いていました。

手抜きせず頑張った自分を褒めてあげたいです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

移動経路と日程(全49日間)

140210tizu
↑移動経路

こんな感じで移動しました。

2013年
11/19 日本出発
11/20 アラブ首長国連邦(ドバイ) 4泊
11/24 イラン 12泊
12/06 トルコ 16泊
12/22 イタリア 14泊

2014年
01/07 日本帰着

 

最初に思ったことは、

国の数が少ないっ!

です。
だって49日間もあって、それで4ヶ国だけって、、、

ちなみに直近1年間の旅はこんな感じでした。
・2012冬旅 83日間で23ヶ国
・2013春旅 38日間で6ヶ国
・2013夏旅 43日間で12ヶ国

 

でも今回の旅では、
「絶対に急がないでゆったり過ごす!」
と決めていたので、目標は達成できました。

「なんか無職旅っぽくないなあ」という違和感がありますが、きっとそう思っているのも私だけですよね。

では各項目ごとに、使ったお金を見ていこうと思います。

だいたいの目安として、1ドル=100円、1ユーロ=140円とお考えください。

 

全体の費用集計

◆食費:42,643円(平均927円/日)

まあ妥当なところかと思います。

イランの物価が安いのに助けられました。

イランでは1日平均で451円しか使っていませんので。

全然節約せずにこれは嬉しいです。

IMG_4776
↑クルド料理

トルコ東部も物価が安くて助かりました。

コーラと羊肉スープとパン(食べ放題)で250円。

味も良かったです。また食べたいです。

IMG_6892
↑ピッツァ

イタリアでも1日平均1,244円だったので、それほど高くなりませんでしたね。

こんな感じの素晴らしいピッツァも700円くらいでした。

今回の旅では、ほとんど自炊をしませんでした。

なので自分でスパゲティを茹でたりすれば、もっと安く済ませられたと思います。

 

でもせっかくイタリアに行ったのですから、美味しいイタリア料理を楽しみたいですよね。

私は安い食堂に入る事が多かったので、「むしろもっと贅沢しても良かったかな?」と思います。

 

◆宿泊費:95,200円(平均2,070円/日)

これはちょっと高かったかも。

特に年末年始だったため、ヴェネツィアの宿が高かったです。

IMG_8411
↑ヴェネツィアの宿の窓

ドミトリーなのに1泊27.9ユーロ(≒3,906)もしました。

でもこの景色を見てください!

ヴェネツィア歴史地区の中ですし、値段以上の満足度でした。

IMG_3176
↑ドバイの宿

そういえばドバイの宿代も高かったですね。

1泊6,000円するのに、3泊もしてしまいました。

これは割高だったように思います。

3年前のドバイの宿泊費はもっと安かったと思います。

ここ数年で急に値上がりしているっぽいです。

 

◆交通費:168,602円

・日本からの航空券...99,600円

アエロフロートロシア航空で、
日本⇒ドバイ/ヴェネツィア⇒日本
という航空券を買って、この値段でした。

JTBでオンライン予約しました。
JTB海外航空券

 

・国内交通........40,289円
・国際交通........21,713円
・イランビザ取得代金...7,000円

ビザ取得代金は、この項目に含めました。

毎度毎度、一番高くついてしまう交通費。

今回ももちろん、一番高かったです。

なのですが、思ったよりもずいぶん安くて嬉しいです。

140210tizu
↑移動経路

これだけ動いて16.8万円でしたからね。

ホントに嬉しいです。

下手したら日本からの往復航空券だけだって、これ以上しちゃいますからね。

 

いつもより行った国の数が少ない

いつもより移動距離が少ない

交通費が安い

とまあ、当たり前といえば当たり前の事なのですが。

 

◆入場料:16,297円

行きたいところには大体行ったので、まあこんな所でしょう。

IMG_3932
↑イランのペルセポリス遺跡

イランは全体的に物価安なのですが、遺跡とかの入場料だけは、やけに割高でした。

この日使ったお金の内訳はこんな感じです。
・ペルセポリス遺跡入場料 510円
・宿泊費 629円
・食費 544円(3食+おやつ)

こうして並べると、入場料は高く感じちゃいますよね。

でも帰国した今、冷静になって考えると、「割とどうでもいい」と思うくらい安いです。

IMG_8789
↑ヴェネツィアの博物館

そう思うとイタリアは入場料高めでした。

でも、
「お金がもったいないので入場はやめておこう」
みたいな事をしなかった(はず)なので、悔いなく観光できて良かったです。

旅先だと、財布の紐が固くなりがちですので、今後も気をつけたいと思います。

 

◆エンターテイメント:7,340円

・イランでの足マッサージ 340円
・イアリアでの乗馬 7,000円
です。

IMG_6571
↑ナポリ近郊のヴェスーヴィオ火山と馬

いつもこの項目は少なめなんですよね。

「あまりお金のかかる遊びをしていない」という事なので、もちっと遊んでもいいかなと思います。

 

◆ツアー代:1,020円

・シーラーズからのペルセポリス観光ツアー
です。

プライベートタクシーを数時間チャーターして、おやつタイムも含めて、3人でワリカンしてこの値段です。

何度も書いてますが、イランの安さは嬉しいです。

 

◆その他:2,926円

ネット、チップ、洗濯、日用品などです。

 

◆お土産代:内緒

これもちょっとずつ増えてきちゃっています、、、

家族(特に母と姉)のリクエストが贅沢になってきたせいです。

 

◆書籍代:7,455円

地球の歩き方を3冊と、会話集を1冊。

漫画も参考にしたのですが、その代金は含めていません。

 

◆総額

それでは各項目が出揃ったので、合計金額の発表です。

48泊49日の、ドバイ・イラン・トルコ・イタリア旅の総額費用

 

 

 

 

341,485円

 

でございます。

あれ?なんか安くないですか!?

何か計算間違えてるかも?

と思いましたが、たぶん大丈夫です。

今回は交通費が安く済んだのが、とにかく大きかったです。

 

直近1年間の旅はこんな感じでした。
・2012冬旅 83日間で主にヨーロッパ23ヶ国 468,463円と60,000マイル
・2013春旅 38日間でカナダと南米6ヶ国 479,920円
・2013夏旅 43日間で北中米カリブ海12ヶ国 515,430円

いつもより少し贅沢目に行動したのに、むしろ安くなってくれて本当に嬉しいです。

 

もちろん東南アジアとかと比べるとかなり高いですが、行った場所とか観光内容を考慮すると、とってもお得に済ませられた印象があります。

140210hyou
↑参考資料 費用一覧(お土産代抜き)

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

まとめ

最後にかるーく、各国を振り返りましょう。

IMG_3718
↑ドバイ夜景

まずはアラブ首長国連邦のドバイ。

とにかくこのブルジュ・ハリファからの夜景につきます。

意外と物価安な部分もありますので、気になる人は気軽に行ってみてもよろしいかと。

国じゅうが免税なので、買い物も楽しいと思います。

DSC00663
↑イラン人

イランは物価の安さと、人々の暖かさが印象的です。

私が今までに経験したなかでは、
「世界一の親日国はイラン」
だと思っています。

IMG_5062
↑トルコのビトリスの街並み

トルコはのんびり東部をまわったあと、イスタンブールでものんびり過ごしました。

特別な観光はしていませんが、それでもずっと楽しかったです。

トルコの観光国家としての実力はかなり高いです。

IMG_8206
↑ヴェネツィアの年明けの花火

最後はイタリア。

どの都市も素晴らしかったですが、やっぱり私の最高の場所はヴェネツィアです。

年越しカウントダウンも無事に参加することができて、とても充実した旅になりました。

 

今回の旅ではイランだけが新規訪問の国でしたが、とてもいい国でしたので、きっと「好きな国ランキング」でも上位になると思います。

残りのドバイ(UAE)、トルコ、イタリアは、もともと大好きな国でしたし、いずれもベスト10には入っていると思います。

 

過去の旅では、できるだけ多くの場所に行こうとしたので、途中で辛かったり退屈することもありました。

でも今回は、

「明らかに楽しい場所だけをつなぐ旅」

をしていたので、

初日から最終日までずっと楽しかったです。

はい。
そんな感じの2013年冬旅でした。

 

こういうスタイルに味をしめたので、次回も「明らかに楽しい場所」に行って、のんびりめに過ごしてみたくなりました。

そうなると、もはや旅ではないような気もしますが、まあ細かいことは気にしないようにします。

楽しい方がいいですから。

でも2014年夏にはアフリカに行くつもりなので、それはけっこうストイックな旅になりそうですね。

といったところで、引き続き無職旅をよろしくお願いします。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.