無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/21はオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

トルコ

-

12/15ディヤルバクル散策3 モスクで暖かく歓迎してもらいました(皆さん穏やかで友好的です)

   

投稿日:2013-12-16 更新日:

2013/12/15に、ディヤルバクルを散策している続きです。

IMG_5226
↑屋台

屋台の多い町です。
特にみかん屋さんが多いです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ウル・ジャーミィ

IMG_5232
↑モスク

ウル・ジャーミィというモスクです。

最初はキリスト教会として建てられましたが、歴史的にあれこれあって、今はイスラム教のモスクです。

確かに外見的には教会ですね。

通りすがりの人に、

「せっかくだからお祈りも見て行きなよ!」

と誘われて、内部にも入ってみました。
(写真撮影は不可でした)

 

建物には靴を脱いで入ります。

男性ばかり数百人集まっていました。

女性は別の建物に集まっているのだと思います。

壁(メッカの方向)に向かって、立ったり座ったりしながらお祈りしています。

 

たまにスマホをいじっている人とか、笑っている子供とかもまじっていて、少しゆるい雰囲気も感じました。

私は明らかに場違いなのですが、皆さん割と好意的な感じでした。

「異教徒は出ていけ!」

みたいに言われる事は全然なく、むしろ、

「よく来たね。ゆっくりしていってね」

という感じで歓迎してくれました。

イスラム原理主義の人々は過激らしいですが、普通のイスラム教徒の人々は、とっても穏やかで友好的だと思います。

IMG_5233
↑モスク

絨毯が積んでありました。
人が多いときは、屋外でもお祈りするのだと思います。

IMG_5235
↑モスク

えっと、、、中央の絵は、どう見てもキリスト教ですよね、、、

この地域の人は、他の宗教に寛容なのかもしれません。

 

文化博物館

IMG_5237
↑博物館

文化博物館という場所に来てみました。
入場料は無料です。

IMG_5240
↑博物館

楽器が展示してありました。

IMG_5247
↑博物館

あとは詩人の資料のようです。

係員さんも見かけなかったですし、イマイチよくわからない博物館でした。

IMG_5251
↑屋台

路上で焚き火してくつろいでいる人も多かったです。

IMG_5252
↑街並み

ここら辺は職人街でしょうか。
靴修理の人が並んでいました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

新市街

IMG_5254
↑街並み

城壁の外、新市街の方へ行ってみます。

ウォール教団とかは無いので、壁外へも自由に行くことができます。

もちろん巨人も徘徊していません。

IMG_5255
↑広場

やけに霧が濃いですね。

大気汚染ではないと思いますが。

IMG_5256
↑街並み

ショッピングセンターのようですが、派手に装飾されたりしていませんね。
ロシアみたいな無骨な感じがします。

IMG_5260
↑お店

スーパーマーケットはあまりにも普通でした。
日本のと区別付かないかも。

IMG_5261
↑お店

バーガーキング。

たまにはハンバーガーでも食べようかなー?

と思ったのですが、セットの値段は12~18トルコリラくらいでした。
特に安くはないですね。

今日はトルコ料理にしておきましょう。

ファーストフードはこの先、いくらでも食べる機会があるでしょうから。

 

夕食

IMG_5262
↑夕食

昨日と同じお店にて。

チキンとご飯とサラダとパンのセット 10トルコリラ(≒500円)

なぜかサラダが2皿に分けられていました。

よく煮込んだチキンが、柔らかくて美味しかったです。
トルコのご飯も美味しいです。

IMG_5263
↑おやつ

コカコーラ 2トルコリラ(≒100円)

久々のコカコーラです。
・18コーラめ

18時ごろに部屋に戻り、ゆっくり過ごしました。

今日はディヤルバクルの町を見てまわりましたが、

こういうマイナーな場所の観光って、有名どころとは違った楽しさがありますよね。

他の観光客がほとんどいないので、

「自分だけの観光ができている感」

というか、

「歴史的建築物をひとり占めしてる感」

があって、とても贅沢です。

 

明日は昼ごろの飛行機でイスタンブールへと飛びます。

実はイスタンブールは5度目なのですが、それでも(それだからこそ?)ウキウキしてしまいます。

久々に観光地もしっかり見学してみようと思います。

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-トルコ
-

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.