無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

トルコ イラン

-, , , ,

12/6タブリーズ(イラン)⇒ドウバヤズット(トルコ)その1 最後までイラン人は親切でした

   

投稿日:2013-12-08 更新日:

2013年12月6日 金曜日 夜行列車の中(イラン)

おはようございます。

夜行列車でテヘランからタブリーズへ移動中です。

DSC00617
↑車内

私はいつも一番に起きるのですが、今日は珍しくみんなよりも遅く起きました。

同じ部屋では、紳士と女性がイチャイチャしていました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

イラン北部へ移動中です

DSC00618
↑GPS

前回の移動時は電波が弱くて困りましたが、今回はしっかりと捕捉できています。

地域的な問題でしょうか?

DSC00619
↑景色

外は雪で真っ白でした。

どうりで寒いわけです。

車内もやけに寒いと思ったら、窓が全開になっていました。

 

昨晩あまりにも暑くてTシャツ姿で寝たのですが、朝起きたら体が冷えていました。

これで風邪をひきました。

確定です。

DSC00620
↑朝食

乗車前に買った備蓄食料です。

食堂車に行く元気はありませんでした。

今思えば、この時点ですでに熱があったのかも。

 

タブリーズに到着

DSC00621
↑駅

8:00にタブリーズ駅に到着です。
テヘランから約13時間かかりました。

ご覧の通りけっこう寒いのですが、雪を見るとテンションが上がる面もあります。

DSC00623
↑タクシー

とりあえずバスターミナルに移動することにしました。

タブリーズ駅⇒バスターミナル 8万リアル(≒271円)

 

バスターミナル

DSC00626
↑売店

バスターミナル到着。
あれはチャーイ(紅茶)が出てくるマシンでしょうか?

 

トルコ行きのバスを探します

DSC00628
↑バスターミナル

トルコ直通のバスを探したのですが、イスタンブール行きしか見つかりませんでした。

それだとだいぶ行きすぎなんです。

私は国境を越えてすぐの町に行きたいのです。

 

色々と聞きまわったところ、

・タブリーズ⇒オルーミーイェ⇒トルコのワン
・タブリーズ⇒マークー⇒トルコのドウバヤズット

の2通りの方法でトルコに行けるようです。

私はマークー経由にしたので、まずはそこまで移動します。

タブリーズ⇒マークー(バス) 75,000リアル(≒254円)

市内交通(さっきのタクシー)の方が高いんですね。

ちょっと違和感がある価格設定です。
(このバスが安すぎという事なのですが)

DSC00631
↑ポスター

そういえばイランは喫煙者が多いかも。

DSC00634
↑テレビ

バスターミナル内のテレビで、日本の映画っぽいのをやっていました。

DSC00635
↑イラン人

「イランのことをどう思う?」
っていつも質問されます。

DSC00636
↑バス

これでマークーまで移動します。
内装は普通でした。

9:45、タブリーズを出発です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

マークーに到着

DSC00640
↑街並み

14:00にマークーに到着です。
マクー空間に引きずりこまれるような事はありませんでした。

こうして書くと一瞬ですが、体調不良のため、4時間半の移動はけっこうしんどかったです。

DSC00641
↑イラン人とタクシー

バスで隣の席だったメフディさん(イラン人)。

彼もトルコに行くということで、同行させて頂きました。

マークーから国境までは、乗り合いタクシーで移動します。

 

ひとつ先の町に到着

DSC00648
↑街並み

まずは1つ先の町まで移動。

料金は3000リアル(≒10円)なのですが、なんとメフディさんが私の分まで支払ってくれました。

「大した額じゃないから気にしないで」
と言ってくれました。

確かに金額は少ないものの、とても親切にして頂き感激です。

DSC00651
↑景色

聖なるアララット山が見えます。
できれば下車してじっくり撮影したいところでした。

 

国境に到着

DSC00655
↑国境

再び乗り合いタクシーで国境まで来たのですが、またしてもメフディさんがお金を支払ってくれました。

たぶん15,000リアル(≒51円)くらいです。

「さっき出してもらったし、今回は私が支払いますよ」

って私も言ったのですが、

「いいからいいから、気にしないで」

とメフディさん。

 

イラン人どんだけ親切なんですか。

 

国境付近には両替屋さんがいました。

1000円分くらいイランリアルが余っていたので、それをトルコリラに両替してもらいました。

このときもメフディさんがレート交渉をしてくれました。
(30万リアル⇒20トルコリラに両替)

イラン出国は、スタンプを捺してもらうだけであっさり通過しました。

さらばイラン。

素晴らしい国でした。

ここまでイラン

ここからトルコ

DSC00656
↑国境

こちらもパスポートにスタンプを捺してもらい、あっさりと入国できました。

本当はイラン国境付近で1泊か2泊するつもりだったのですが、勢いでトルコに入国してしまいました。

しかしまあ、イランもたっぷり楽しみましたし、これくらいでOKとしておきましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-トルコ, イラン
-, , , ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.