無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

イラン

12/2マシュハドのハラムを見学、イスラム教徒じゃないので別室に連行……と思ったらむしろ親切に対応して頂く

   

投稿日:2013-12-04 更新日:

a01
↑市場

2013/12/2に、マシュハドを散策している続きです。

バーザーレ・レザーという市場の建物です。
こちらは私の宿とは反対側の入り口です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

市場

a02
↑市場

広場との合成写真が流行っているようです。

a03
↑写真

けっこう こった作りですね。

a04
↑商品

ここでもキティちゃんを発見。
もしかして世界の全ての国に進出しているのでは??

a05
↑おもちゃ

象が列車のように連結されて走っています。
ちょっと欲しいかも。

a06
↑おもちゃ

ポリスって書いてあるわりには、
重装備すぎるような気がします。

a07
↑おもちゃ

ドラえもん(らしき物)はありますが、ポケモンはありませんね。

 

ハラメ・モタッハル広場(ハラム)

a08
↑広場

昨日に引き続き、ハラメ・モタッハル広場に来ました。
「ハラム」とも呼ぶようです。

窓口に荷物を預けて入場しました。

a09
↑広場

スマホや携帯電話での撮影はOKです。

iPhoneでパノラマ撮影をしてみました。

 

聖地です

a10
↑広場

昨日も思いましたが、本当に広くて立派な広場です。

もっと有名でもいいように思いますが、
ここは聖地であって観光地ではないので、そういう事情もあるのでしょう。

a11
↑石

お祈りのときに、
おでこにくっつけて使うそうです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

気を使って見学しました

a12
↑広場

ここは「聖地」なので、とても気を使って行動しました。

「ここに入ってもいいですか?」

とか、

「ここで写真を撮ってもいいですか?」

など、

そのつど質問しながら進みましたが、答えはいつも「ノープロブレム」でした。

a13
↑聖堂

建物内にも入れてもらえました。

a14
↑聖堂

ここら辺はかなり神聖な場所らしく、熱心にお祈りしている人が多かったです。

内装もとてもきらびやかです。

a15
↑聖堂

私「ここで撮影してもいいですか?」

係員さん「オーケーオーケー、ノープロブレムだよ」

私「ありがとうございます」

係員さん「ところで君の宗教は何だい?」

私「仏教です。でもイスラム教文化には敬意を払っています」

係員さん「そうかそうか、それはいい心がけだね」

係員さん「でもここはイスラム教徒以外は入っちゃダメなんだよ。ちょっとこっちに来てくれるかな?」

a16
↑広場

どこかへ連行されました。

特に怒っているようではありませんが、、、
大丈夫でしょうか、、、?

a17
↑部屋

別室で名前とかを紙に書かされました。

何か処罰されるのかな、、、

 

ガイドさんに案内してもらうことに

a18
↑サジェットさん

処罰されるどころか、専属のガイドさんが付いて案内してもらう事になりました。

良かったです。
むしろ良かったです。
ありがとうございます。

a19
↑広場

あれこれ解説してもらって、より充実した見学をする事ができました。

ただ、
「どの入口から入ったの?」
っていうのは、念入りに聞かれました。

本当は入り口の係員さんが、異教徒の入場を止めないといけないのですね。

a20
↑日時計

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-イラン
-

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.