無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/21はオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

コスタリカ パナマ

-, , ,

7/24パナマシティ⇒サンホセ 夜行バスで15時間、国境も越えます

   

投稿日:2013-07-27 更新日:

 2013年7月24日 水曜日 パナマシティ(パナマ)

パナマのパナマシティから、

コスタリカのサンホセ行きの夜行バスに乗るところです。

DSC08027
↑バス

ちょうど乗るころに日付が変わりました。

チケットは昼間、バスターミナルで買っておきました。

TICAバス パナマシティ ⇒ サンホセ 40.1バルボア(≒4010円)

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

夜行バスで国際移動

DSC08028
↑バス前

この人は半そで半ズボンで乗るみたいですね。

大丈夫なのかな?

TICAバスはかなり冷房が強いので注意した方がいいと聞いています。

DSC08029
↑タイヤ

中南米のバスによく付いているこの部品。

何だか知ってる人がいらっしゃいましたら、教えてください。

DSC08030
↑服

私はモンベルの暖かいインナーを着こんで、準備万端で乗り込みます。

DSC08032
↑バス内

席はそれなりに広々。

隣の席も空いていたので、ゆったりと座れました。

サンホセに向かって出発です。

おやすみなさい。

DSC08033
↑バス内

3:00頃、休憩でどこかに立ち寄りましたが、私は寝ていました。

5:00頃、パスポートチェックがありました。

バス内は噂通りとても寒く、フル装備で乗り込んで正解でした。

ダウンジャケットまでは必要なさそうですが、上着類は必須です。

 

国境

DSC08034
↑国境施設

7:30頃、国境施設に到着。

全員が荷物を持って、建物内に入りました。

出国時の荷物チェックは珍しいです。

ここは麻薬の通り道になりやすいせいでしょうか?

DSC08035
↑シール

パナマ出国時に、このシールを買わされました。

料金は1バルボア(≒100円)。

こんなシステム知りませんよ?

本当に公式のシールなのかな??

DSC08036
↑国境

スタンプを捺してもらい、パナマ出国は無事に完了です。

ここまでパナマ

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

ここからコスタリカ

DSC08039
↑国境

少し歩いて、今度はコスタリカ側の国境です。

特に何事もなくスタンプを捺してもらえました。

出国用のチケットは確認されませんでした。

DSC08041
↑税関

屋外で税関の荷物検査。

民族衣装を着た人がいますね。

そんなこんなで、あっとまに中米2国目。

コスタリカに入国です。

DSC08042
↑おやつ

キューバで買った食べっこ動物。

DSC08043
↑バス内

またパスポートチェック。

おまけにフルーツ屋さんも営業に来ました。

DSC08046
↑食堂

9:30頃、ドライブインにて休憩です。

 

朝食

DSC08045
↑朝食

ご飯セット 4ドル(≒400円)

小豆ご飯とトマトサラダと、謎の何かです。

スジ肉みたいなのが、皮でくるんでありました。

まあまあ美味しかったです。

DSC08050
↑景色

山のなかを進みます。

コスタリカは大自然を楽しむ国みたいですね。

 

サンホセに到着

DSC08052
↑バスターミナル

13:54、サンホセのTICAバスのオフィスに到着。

パナマシティから15時間かかりました。

よく寝てたせいか、それほど長く感じませんでした。

IMG_5848
↑街並み

それでは予約していた宿に向かいましょう。

とても評判の良い「サバナ喜多側」という宿に行きます。

IMG_5850
↑お店

この辺りは革製品を扱った通りでした。

鞍も置いてありますね。

IMG_5854
↑たぶん幼稚園

みんな民族衣装を着ていますね。

たぶん民族的な祝日が近いせいで、

こういう格好をしているみたいです。

IMG_5858
↑バス停

Ave1とCalle28の交差点付近のバス停から、バスに乗ります。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-コスタリカ, パナマ
-, , ,

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.