無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/21はオフ会

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

アルゼンチン パタゴニア

-

4/28エルカラファテで両替を頑張るものの、1ドル⇒7ペソが限界でした(2013年4月)

   

投稿日:2013-04-30 更新日:

IMG_1703
↑看板

4/28にエル・カラファテの町で、あれこれ手配している続きです。

乗馬ツアーなどなど、、色々楽しそうですね。

でも私には時間とお金が足りません、、、残念です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

バスターミナル

DSC06416
↑バスターミナル

町の中心部にあるバスターミナルに来ました。

早めに次の町へ行くバスを確保しておく必要があります。

でも目当てのバス会社の窓口が、なぜか無人なんです、、、

「しばらくしたら帰ってくるよ」的な貼紙があったので、ベンチに座って待つことにしました。

DSC06417
↑フランス人

でもそのおかげで、フランス人女性のマリオンさんと楽しくおしゃべりできました。

以前にも何回か書きましたが、

「フランス人は英語があまり得意ではない」という傾向があるので、

個人的にはとても話しやすいです。

DSC06418
↑バスターミナルの窓口とマリオンさん

1時間くらい待って、やっと窓口が開きました。

レディーファーストということで、マリオンさんに先にやってもらいました。

紳士ぶってみました。

 

そして私の順番に。

スペイン語のみなので非常に苦戦しましたが、なんとか目的のチケットを購入できました。

5/3 エルカラファテ⇒リオガジェゴス経由⇒ウシュアイア(バス)

料金は573ペソ(≒6,475円)でした。

3:00発、20:00着という、これまたハードな移動です。

 

ヤバいです。

これでアルゼンチンペソを、完全に使い切ってしまいました。

DSC06420
↑街並み

まだまだ使うアテがあるので、USドルからアルゼンチンペソに両替しないといけません。

ブエノスアイレスには及ばないとは思いますが、いいレートで両替してくれる場所を探して、歩き回りました。

DSC06421
↑街並み

日曜日なので銀行はお休みです。

もっとも銀行が開いていたところで、公定レートでの両替になってしまいます。

それはあまりよろしくありません。

 

両替を頑張る

DSC06423
↑お土産物屋さん

私:ドルからペソに両替してもらえますか?

兄貴:それならあっちに銀行があるけど、今日は休みだねー。

こんな感じで、なかなか上手く行きません。

この町では、あまり闇両替は一般的ではないのかも?

DSC06425
↑アウトドアショップ

ここで1USドルを7アルゼンチンペソで両替してくれるそうです。

でもなぁ、、、ブエノスアイレスだと9ペソだったしなぁ、、、

せめて8ペソくらいの場所を探したいです。

DSC06426
↑お菓子屋さん

けっこう必死だったので、なりふり構わずお店に入り、問い合わせてみました。

でもなかなか上手く行きませんです。。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

両替をかなり頑張る

DSC06422
↑おっちゃん

よく分からないバーみたいな場所に入ったのですが、おっちゃんがニコニコしながら相手してくれました。

「1USドルを8アルゼンチンペソで両替してあげるよ」

というような事を言ってくれたのですが、どうやら酔っ払った上での発言だったようです。

バーのママにカツを入れられて、取引は不成立となりました。

 

20軒くらいに訪ねてみたのですが、1USドルは5.2~7アルゼンチンペソの範囲にしかなりませんでした。

諦めて、大きめのお土産物屋さんで両替してもらいました。

300USドル⇒2,100アルゼンチンペソ

悔しいです、、、

ブエノスアイレスで両替すれば、2,700ペソになったのに、、、

600ペソ(≒6,780円)も損をしてしまった計算になります。。

 

でも素晴らしい経験は、お金には代えられませんからね。

ここでケチって悔いを残したくはありませんし、これで良かったと思います。

DSC06428
↑レッドブル

現金が手に入ったところで、スーパーマーケットに来ました。

実勢レートでの換算ならば、レッドブルは日本の半額くらいですね。

DSC06429
↑スーパー

ここ数日分の食料などを買いにきました。

各ツアーも長時間なので、おやつも必要です。

DSC06430
↑街並み

スーパーのあとは、少しぶらぶらしてから宿に戻りました。

300ドル両替したものの、正直なところまだ不安があります。

お土産物を買うほどのファイトは沸いてきません。

DSC06434
↑街並み

あとはもう1つバスを手配しました。

最初に行ったAlwaysという旅行会社で、エル・チャルテンへの往復のバスチケットを購入しました。

料金は150ペソ(≒2,130円)。

パイネ国立公園のツアーとセットで買うと、だいぶ割引になるみたいです。

 

ところで今までは、

1アルゼンチンペソ = 11.3円 で計算していましたが、

ここから先は、

1アルゼンチンペソ = 14.3円 で計算します。

ブエノスアイレスでもっとたくさん両替しておけばよかったです、、、

DSC06435
↑買ったもの

水(大) 6.5ペソ(≒93円)
水(小) 4.6ペソ(≒66円)
牛乳 7ペソ(≒100円)
ビスケット 2.8ペソ(≒40円) ×2つ
オレオ 5.3ペソ(≒76円) ×2つ
食パン 16.5ペソ(≒236円)
ドルセデレーチェ(パンに塗るチョコレート) 10ペソ(≒143円)

自分でも、かなりガチな買い物をしてしまったと思います。

遊び心は一切無しです。

DSC06437
↑夕食

食パンにドルセデレーチェを塗って食べました。

と、そんな感じの一日でした。

特に観光した訳ではありませんが、色々とあって濃い一日だったと思います。

特に1ドルを7ペソで両替するときは、

あまりにも悔しくて、少し涙ぐんでしまったくらいです、、、

 

でもお金以外は、ほとんどの心配事をクリアできました。

明日からはかなりのハードスケジュールですが、しっかりとパタゴニアの大自然を楽しんでこようと思います。

今回の旅のクライマックスです。

どうぞお楽しみに!

おやすみなさい

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-アルゼンチン, パタゴニア
-

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.