無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5/9-21は香港とか桂林の旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ベネズエラ

4/7カラカス⇒プエルトオルダス⇒シウダーボリーバル カルロスを探せ!

   

投稿日:2013-04-08 更新日:

130408gps
↑移動経路

4/7に、カラカスの空港でまったりしている続きです。

こんな感じで、カナダのトロントからベネズエラのカラカスまで移動しました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

基礎データ

ここでベネズエラの基礎データを。

国名:ベネズエラ・ボリーバル共和国
首都:カラカス
面積:日本の2.5倍くらい
人口:3000万人くらい
言語:スペイン語
通貨:ボリーバルフェルテ(1ボリーバルフェルテ ≒ 15.6円)
治安:非常に悪い

備考1:闇両替あり

公定レートだと、1ボリーバルフェルテ≒15.6円くらいとなります。

でも実勢レート(闇両替レート)だと、1ボリーバルフェルテ≒5~6円くらいです。

 

備考2:治安が悪い

ベネズエラの治安は最悪です。

特に首都のカラカスが酷く、

「人口あたりの殺人事件発生率」「東京の100倍」を超えて「世界最悪」を記録したこともあります。

また、悪徳警官によるワイロの要求とか、理由無き罰金徴収(ほぼ強盗行為)なんかもあるようで、旅人にとってはけっこうしんどい国であります。

それでも多くの人が行きたくなるほど、ギアナ高地の魅力は高いようです。

DSC05102
↑飛行機

さてさてそういうわけで、首都のカラカスには立ち寄らずに、そのまま地方都市へと飛んでしまうことにしました。

カラカス⇒プエルト・オルダス アセルカ航空

530ボリーバル(≒3,090円)

チケットは空港の航空会社窓口で、数時間前に購入しました。

DSC05103
↑おやつ

治安の悪いベネズエラではありますが、普通の人は親切で感じのよい事が多いです。

この飛行機に乗るまでも、5人くらいの人に親切にしてもらいました。

ここにきて、一気に人と人との距離が近くなったというか、、、

なんか嬉しいですね。

旅に出たという実感が湧いてきます。

 

プエルト・オルダス空港

DSC05104
↑空港

1時間半くらいで、プエルト・オルダスの空港に到着。

軍用ヘリでしょうか?かっこいいですね。

DSC05105
↑空港

謎のオブジェ。

銀でしょうか?

あと、とんでもなくセクシーなお姉さんを数人見かけました。

男だったら、、、というか人間だったら、確実に2度見するレベルです。
(写真はありません、、、ごめんなさい)

さすがベネズエラ。

DSC05110
↑空港内

ここでギアナ高地(エンジェルフォール)のツアーを申し込めると思うので、旅行会社らしき場所で聞いてみようと思います。

DSC05109
↑旅行会社らしきオフィス

英語は通じませんでしたが、なんとか意図は伝わりました。

DSC05150
↑メモ

旅行会社の名前と連絡先を教えてくれました。

ん??? という事は、ここでは申し込めないという事でしょうか?

他にも数軒に聞いてみましたが、だいたい同じような感じでした。

今がオフシーズンだからでしょうか??

旅行会社がたくさん客引きしていると想像していたんですけどねー。

DSC05112
↑空港

外はだいぶ暑くなってました。

日本の真夏以上です。

DSC05114
↑タクシー

というわけで、本命だった別の町に移動することにしました。

軍人さんっぽい人が、タクシーまで案内してくれました。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

バスターミナル

DSC05116
↑バスターミナル

プエルト・オルダス空港から、プエルト・オルダスのバスターミナルへ移動。

タクシーで所要5分くらい、50ボリーバル(≒300円)でした。

歩いて行ける距離だとは思いましたが、けっこう暑いし道も分からないしなので、素直にタクシーを使ってよかったです。

DSC05119
↑乗り合いタクシー

ギアナ高地ツアーのもう1つの拠点である、シウダー・ボリーバルという町へ移動します。

乗り合いタクシーが何台も待機して、行き先を叫んでいるので、すぐに乗るべきものがわかりました。

料金は80ボリーバル(≒480円)。

115km離れた場所への移動でこの値段は、まあまあお安いと思います。

バスの方がもっと安いですが、速さとか快適性を考慮するとこっちの方がいいですね。

しかもセクシーなお姉さんと同乗できて幸運です。

 

シウダー・ボリーバル

DSC05125
↑バスターミナル

50分くらいで、シウダー・ボリーバルのバスターミナルに到着です。

乗り合いタクシーは時速160kmくらいですっ飛ばすので、あっという間に着いてしまいました。

途中で警官の検問などもなく、快適で安心な移動でした。
(スピード出しすぎなのは怖かったですが)

 

ちなみにシウダー・ボリーバルにも空港はあるので、

カラカスから直接来ても良かったのですが、

本数が少なくて時間も遅かったりして、少々不便です。
(値段も高いかも?)

 

カルロスさんを探す

DSC05127
↑バスターミナル

民芸品販売コーナー?

私はここで、カルロスという男を探さなくてはいけません。

彼がギアナ高地ツアーを、安く親切に提供してくれるらしいですので。
(情報提供:旅仲間のTakaさん ありがとうございます)

 

少々不安ではありましたが、とりあえず探しまくります。

そこら辺の人に、「カルロス トゥリスモ(旅行)」と質問しまくったら、なんとなく誘導してもらえました。

DSC05128
↑オフィス

バスターミナルの脇にあるこの建物が、カルロスのオフィスのようです。

ちゃんとカルロスは実在していたのですね。一安心です。

と思ったのですが、オフィスが閉まっていて誰もいません。

う~ん、、、どうしましょ。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ベネズエラ
-, ,

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.