無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5/9-21は香港とか桂林の旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 セルビア

セルビア旅の費用集計&まとめ2013 マクドナルドのご当地バーガー世界一かも?(とても美味しい)

   

投稿日:2013-03-03 更新日:

セルビア旅の費用集計記事です。

各記事へのリンクは「セルビアもくじ」をご覧ください。

旅の期間は、2013/1/11~13の3日間です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

費用集計

渡航準備のお金:1,890円

・ガイドブック1冊....1,890円←地球の歩き方中欧(Amazonで買う

この辺りの国情報は、「地球の歩き方 中欧」にまとめて載っています。

 

国際移動のお金:約11,529円

区間 金額 備考
入国:ローマ(イタリア)⇒ベオグラード 8,820円 アリタリア航空
出国:ベオグラード⇒サラエヴォ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ) 2,709円 バス

130113gps
↑地図

もちろん陸路でも行けるのですが、日程と値段を考慮した結果、ローマから直接飛行機でセルビアに入りました。

 

セルビアで使ったお金:合計3,314円)

項目 金額
食費 1,529円
宿泊費(2泊)  1,785円
交通費 0円
入場料  0円
エンターテイメント  0円
ツアー代  0円
その他 0円

お土産代は計上していません。

1ディナール = 1.05円で計算しました。

2013/1/11~13の3日間、セルビア観光しました。

行った場所は首都のベオグラードだけです。

 

まとめ

DSC03863
↑ベオグラードの宿

とってもアットホームな雰囲気の宿でした。

これまでは「明らかに有名な観光地」ばかり行っていましたが、ベオグラードはそれほど観光客が多い場所ではありません。

でもそういう方が人々が親切だったりして、居心地が良い事も多いです。

 

ベオグラードは綺麗な町

IMG_8211
↑ベオグラードの街並み

普通に綺麗な町でした。

ここでも特に博物館などには入らず、町歩きを楽しみました。

IMG_8188
↑ベオグラードの街並み

こんな場所もあります。

たぶんユーゴスラヴィア紛争の空爆跡です。

わざと修復せずに壊れたままにしているようですが、なぜそうしているのか理由は不明です。

でも実際に私が写真を撮り、ブログに掲載し、色々と感じたりしました。

ここを訪れる人をそうさせているのだから、十分に意義があると思います。

IMG_8226
↑ベオグラードの街並み

ほとんどの場所は綺麗に整っています。

さっきの場所以外では、内戦を感じさせるものは見当たりませんでした。

治安が悪い感じも、特にありませんでした。

 

ハンバーガーが美味しい

DSC03867
↑ハンバーガー

マクドナルドのご当地バーガーセット。

ここ数年間で食べたマクドナルドのなかで、一番美味しかったです。

せっかくなので、もっと強気に表現してみましょう。

「私の経験のなかで」、という注釈は付くものの、

マクドナルドのご当地バーガーで世界一美味しいのは、セルビアのこの商品です!

と言っておきます。

DSC03866
↑マクドナルドの店内

なぜかパソコン備え付けの席もありました。

ネットカフェも兼ねているのでしょうか?

IMG_8252
↑ベオグラードの公園

あとはのんびりと、公園を散歩したりしました。

IMG_8267
↑ベオグラードの公園

1月のベオグラードはけっこう冷え込みましたが、まあまあ楽しく過ごせました。

IMG_8294
↑ベオグラードの市場

あとは市場を見学したり。

やっぱり今までの国と比べると、観光資源は少な目ですね。

DSC03893
↑ハンバーガー

朝のバスに乗り、ハンバーガーを食べながら、ボスニア・ヘルツェゴヴィナのサラエヴォに向かいました。

 

まとめのまとめ

と、そんな感じのセルビア旅でした。

正直なところ、
「セルビア超楽しいです!ぜひ行ってみてください!」
とは言えないかもしれません。

でもそれほど退屈しませんでしたし、危険を感じる事もありませんでした。

ベオグラードは人々が驚異的に暖かい

なんていう情報もありますので、近所の国まで来た人は、気軽にセルビアに立ち寄ってみてもいいと思います。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, セルビア
-

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.