無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 5/9-21は香港とか桂林の旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 ヴァティカン市国

ヴァティカン市国旅の費用集計&まとめ2013 面積は小さくても、かなり濃くて凄い国です!

   

投稿日:2013-03-02 更新日:

ヴァティカン市国旅の費用集計記事です。

各記事へのリンクは「イタリア&サンマリノ&ヴァティカン市国もくじ」をご覧ください。

旅の期間は、2013/1/10と1/11です。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

費用集計

渡航準備のお金:1,785円

・ガイドブック1冊....1,785円←地球の歩き方イタリア(Amazonで探す

地球の歩き方イタリア編に、サンマリノとヴァティカン市国の情報も載っています。

 

国際移動のお金:0円

区間 金額 備考
ローマ⇔ヴァティカン市国 0円 徒歩

130302vati
↑全体図

ヴァティカン市国は、ローマの中にある世界最小の国です。

IMG_7747
↑国境?

たぶんこの石のラインが、イタリアとヴァティカン市国の国境です。

もちろん何の手続きもせずに、徒歩で入国する事ができます。(ただし建物に入るには、セキュリティチェックがあります)

それにしても国際移動のお金が0円って、なにげに初めての経験では?

 

ヴァティカン市国で使ったお金:1,824円

項目 金額
食費 0円
宿泊費(日帰りを2回)  0円
交通費 0円
入場料  1,824円
エンターテイメント  0円
ツアー代  0円
その他 0円

お土産代は計上していません。

1ユーロ = 114円で計算しました。

2013/1/10と1/11に日帰りで、ヴァティカン観光しました。

行った場所はサン・ピエトロ大聖堂と、ヴァティカン宮殿(博物館)です。

どう考えても「旅」という程の事はしていませんが、一応これがお決まりのフォーマットですので、いつもと同じように書いてます。

 

まとめ

サン・ピエトロ広場

IMG_7743
↑ヴァティカン市国の広場

というわけで、まずはサン・ピエトロ広場です。

奥に見えるのがサン・ピエトロ大聖堂でございます。

キリスト教的には、超絶に重要な場所となります。

 

サン・ピエトロ大聖堂

IMG_7793
↑サン・ピエトロ大聖堂内部

これがビックリするくらい荘厳でした。

「ビックリするくらい」っていうか、実際にビックリしました。

まさに大聖堂

ベスト・オブ・ザ・大聖堂

明らかに世界一の大聖堂だと思います。

しかもぶっちぎりかと。

IMG_7822
↑サン・ピエトロ大聖堂内部

しかも超ありがたい感じがしました。

論理的に説明できませんが、

ありがたいオーラが、そこら中から溢れていました。

多くの日本人は、

「仏教と神道をミックスさせて時々程々に信仰している」

と思うのですが、私もその一人です。

でもそんな私でさえ、ここでは「ありがたいオーラ」を感じました。

きっとキリスト教徒にとっては、更にとんでもないものを感じられる場所なのでしょう。

 

ヴァティカン宮殿(博物館)

IMG_7891
↑ヴァティカン宮殿(博物館)内部

続けてヴァティカン宮殿(博物館)へ。

サン・ピエトロ大聖堂から博物館へは直接行けないっぽいので、一度イタリアに出国して、別の国境から再入国します。

って書くと凄い移動のように思えますが、数分間歩いて、別の建物の入り口に行くというだけの話です。

この博物館は全然予備知識が無かったのですが、かなり凄いです。

IMG_7875
↑ヴァティカン宮殿(博物館)内部

展示内容はヴァティカン市国と関係なさそうな物も多いのですが、とにかく凄いボリュームなんです。

たんねんに見てまわると、1週間くらいかかるとか。

世界三大博物館には入っていませんが、6~7番目くらいには入っているんじゃないでしょうか?

と思って調べてみたら、「世界七大博物館」というくくりがあって、その中の1つにヴァティカン博物館が入っているそうです。

自分の見立てが当たってて嬉しくなりました。

IMG_7977
↑ヴァティカン宮殿(博物館)内部

広すぎだよー。

どこまで続いているんですかー。

ゲームセンターとかにありがちな「壁を鏡にして広く見せる」というような、こざかしいテクニックは使っておりません。

ガチでず~~~っと先まで展示室が続いております。

DSC03771
↑ヴァティカン宮殿(博物館)内部

通路にある売店。

ちょっと油断すると、すぐに売店と出くわします。

IMG_7996
↑ヴァティカン宮殿(博物館)内部

最後はカッコイイ螺旋階段を通って出国。

IMG_8040
↑サン・ピエトロ大聖堂

 

まとめのまとめ

と、そんな感じのヴァティカン市国の旅でした。

っていうか大聖堂と博物館の見学でした。

ローマに行った人は、ほぼ100%がヴァティカン市国へも行く事でしょう。

なので今さら「オススメです」とか書くのも、なんだか恥ずかしい気がします。

 

でも、ちょっと視点を変えてみるというか、もっと積極的に考えてもいいのかもしれません。

ヴァティカン市国に行きたいから、そのオマケでローマ(イタリア)に行く

ってのも、十分アリなんじゃないかと思いました。

それくらい凄かったですよ。

十分に主役に成りうる魅力がある場所だと思います。

 

ただ一つ注意点としては、サン・ピエトロ大聖堂に行った後だと、他の大聖堂が物足りなくなる恐れがあります。

ですので「大聖堂巡り」をする予定のある人は、サン・ピエトロ大聖堂を最後にするのがいいかもしれません。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, ヴァティカン市国
-

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.