無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです しばらくステイホーム

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

チュニジア

12/3サハラ砂漠ツアー1 ラクダに乗って淡々と地味に砂漠を歩く

   

投稿日:

12/3に、ドゥーズの町を散策したあとの話です。

DSC01952
↑タクシー

いよいよサハラ砂漠ツアーの開始です。
15:00、タクシーで宿を出発しました。



DSC01953
↑ナツメヤシの林

ツアー代金は、1泊2日で35ディナール(≒1855円)でした。
オテル・ヴァン・マルスという宿で申し込みました。

IMG_3009
↑ラクダ

5分くらいで、町の外れのラクダ乗り場に到着です。
ガイドさんとラクダが待っていました。

DSC01956
↑砂漠

ラクダに乗って、早速出発です。

DSC01958
↑砂漠

ドゥーズの町を出ると、すぐに砂漠になります。
むしろ「砂漠の中にドゥーズの町がある」という方が適切かも?

IMG_3015
↑砂漠

淡々と、南へ向かって歩いていきます。
スタンドに襲われたりもしません。

DSC01960
↑石

ガイドさんが拾って手渡してくれました。
これが何なのかは不明です。

DSC01963
↑ラクダと無職旅

ラクダ1:乗る用
ラクダ2:荷物用
ラクダ3:???

IMG_3028
↑バギー

他のツアーの人たちとすれ違いました。
彼らは四輪バギーで、別の町から移動してきたようです。

場所によって、砂漠の雰囲気もだいぶ変わります。
ここら辺は綺麗な砂丘が広がっていて、
「日本人のイメージする砂漠」に一番近いエリアでした。

DSC01978
↑砂漠

ガイドさんはラクダに乗らず、ずっと歩いています。
英語はほとんど通じません。
たまに簡単な単語で少しコミュニケーションを取る程度なので、
道中はけっこう静かな感じでした。

「マウンテン!」「サハラ、ビューティフル!」「ラクダ!」
これくらいの会話でした。

IMG_3046
↑足跡

「ジャッカル」か「ズーズー」だそうです。

IMG_3048
↑ラクダ

ちょっと休憩。
ところでこのツアー、どこに行こうとしているのかが不明です。
もしかしたら、どこも目指していないのかもしれませんね。
日が暮れたところで、適当にキャンプするのかも。

IMG_3053
↑ガイドさん

アフメットさん 50歳

IMG_3056
↑夕日

地元の少年たちが、バイクで遊びに来ていました。
タイヤの跡も多く見かけました。

IMG_3059
↑家

17時頃、家らしき場所に到着です。
ちゃんとここを目指して歩いていたのですね。
大した目印もないのにしっかり辿り着くとは。。さすがです。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-チュニジア

Copyright© 無職旅2 , 2021 AllRights Reserved.