無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 12/2-14は真冬のロシア旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

エジプト

11/24ルクソール⇒アスワン(列車) 安宿探し 「あー」とか「うー」とかだけ言ってても客引きは話を進める

   

投稿日:

11/24に、ルクソール駅で列車を待っている続きです。

DSC01471
↑列車

定刻から90分遅れで、やっと列車が来ました。
その間もローカル線が何本が来ていたのですが、
外国人が乗っていい列車は限定されているようです。



DSC01472
↑駅のホーム

私と入れ違いに、日本人旅人が1人降りてきました。
この列車はカイロから来ていたのですね。

3日前に私にウソをついた客引きが、今日も熱心に勧誘していました。
その客引きは私を見ても、怒ったり隠れたりなどせずに、
普通に「ルクソールは楽しかったかい?」と、笑顔で話しかけてきました。
このメンタルの強さというかお気楽さは、見習いたいものです。

DSC01473
↑車内

これがカイロ⇒ルクソール⇒アスワンの1等車両の内部です。
満席だったため、私がチケットを買えなかった列車です。

DSC01474
↑座席

まあ広くて快適ですね。
ちゃんとリクライニングもします。
でもこれで10時間以上の夜行の旅は、ちょっとしんどいかなー。
それでもバスに比べたら、だいぶ楽だと思いますが。

DSC01475
↑車内

ピラミッドとツタンカーメン?の写真が貼ってありました。
いかにもエジプト。
あまりにもエジプト。

DSC01477
↑車窓

ナイル川に沿って進みます。
っていうかエジプトのほとんどの町は、ナイル川沿いです。
船で移動することもできます。(何日もかかりますが)

DSC01478
↑駅

13:15、アスワン駅に到着です。
列車出発から4時間、ルクソール駅到着からだと5時間以上かかりました。
これならバスの方がきっと早かったですね。

でもよく寝られたし、列車はそこそこ快適でした。

DSC01479
↑他の列車

アスワンは今までの町と比べると、少し暑くなった気がします。

さて、まずは宿探しです。

DSC01482
↑駅前

アスワン駅前の様子と、客引きのおっちゃん。

寝起きで頭がまわっていないせいか、
客引きとまともに会話ができません。
「あー」とか「うー」とかだけ言って、適当に無視して歩きました。

それでも一方的に話を進めてくるのが、客引きの凄いところです。
いつの間にか話が確定していたりします。
(それでも無視すれば問題ありませんが)

DSC01484
↑街並み

それでも着いてくる客引きのおっちゃん。
右下にちゃっかり写っています。

地球の歩き方に載っている、マルワという宿に行ってみました。
しかしすでに営業はやめていたようです。残念。

DSC01486
↑街並み

続けて、ヌル・ハンという宿に向かってみました。
地球の歩き方にも載っているし、もともと2番目の候補でしたが、
客引き(2人目)がずっとくっついてくるので、少し嫌な感じです。

客引きに連れられていくと、紹介料が加算されて、
宿泊費が高くなる事があります。

DSC01487
↑部屋

ヌル・ハンという宿に到着。
シングルルームで1泊30ポンド(≒405円)。部屋はなかなか綺麗でいい感じです。
シャワーとトイレは共同。
無線LANは使えないはずなのですが、なぜか自分の部屋では接続できました。

他にこれといった候補もないし、ここに決めてしまいました。
(特に不満点もありませんし)
とりあえず昼寝タイム。

DSC01488
↑宿の外観

写真中央の白い人が、客引き(2人目)です。
とても怪しく感じたのですが、普通にこの宿で働いている人でした。
しかも親切でいいおっちゃんでした。

私は「客引き拒絶反応」があまりにも強くなってしまいましたが、
たまには信じてもいいのかなー、、なんて思ってみました。

……たまにはですよ。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-エジプト

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.