無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 ウクライナ

ウクライナ旅の費用集計&まとめ

   

投稿日:2012-09-25 更新日:

IMG_1923

ウクライナ旅の費用集計結果です。

各記事へのリンクは「ウクライナもくじ」をご覧ください。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

費用集計

◆渡航準備のお金:3,780円(本当は0円)

・ガイドブック1冊.....1,995円←地球の歩き方ロシア編(Amazonで探す
・会話集1冊........1,785円←旅の指さし会話帳ロシア編(Amazonで探す

上記2冊を持っていきましたが、
いずれも昨年のシルクロード旅の時に購入したものなので、
今回の旅での出費はありませんでした。

 

◆国際移動のお金:約12,035円

・ミンスク(ベラルーシ)⇒キエフ....4,275円←夜行寝台列車
・キエフ⇒ワルシャワ(ポーランド)..7,760円←夜行寝台列車

 

◆ウクライナで使ったお金:合計15,290円

・食費.............4,269円
・宿泊費............6,001円
・交通費............2,925円
・入場料............1,736円
・エンターテイメント.........0円
・ツアー代...............0円
・その他..............359円←荷物預け、洗濯
(*)お土産代は計上していません。

1グリヴナ = 9.7円で計算しました。
2012/7/22~7/26と7/28~29の計7日間、ウクライナ観光しました。
行った場所はキエフとオデッサです。

 

まとめ

120723gps
↑移動経路

こんな感じで、ベラルーシからウクライナに入国。
そのあとオデッサ経由でモルドヴァに立ち寄り、またキエフに戻り、
そしてポーランドのワルシャワへと移動しました。

ウクライナはヨーロッパで最も広い国ということもあり、
国際交通費は割高になってしまいました。

IMG_1740
↑キエフの寺院

ベラルーシと同じく、なんだか未知な感じのするウクライナ。

IMG_1730
↑キエフの街並み

予想に反して(?)かなり面白かったです。

DSC08747
↑キエフの街並み

ちゃんと観光施設が整っているんですよねー。
日本人に馴染みが薄いだけで、実は人気の観光地なのかもしれません。

IMG_1923
↑キエフの寺院

キエフには見所がたくさんあります。
世界遺産に登録されている寺院もあります。

IMG_2558
↑キエフの広場

町中もこんな感じで賑やかで明るい雰囲気です。
どこに行っても、だいたい楽しかったという印象です。

IMG_2268
↑オデッサの公園

そしてのんびりまったりした雰囲気もあり。

英語はほとんど通じませんでしたが、
怖い感じはしないし、親切な人も多いしで、あまり苦労はしませんでした。

DSC08806
↑レストラン

現物を指差しして選ぶレストランを愛用しました。

DSC08757
↑ウクライナ料理

ガッツリ取って、これで420円くらい。
味もなかなかでした。

DSC08808
↑ウクライナ料理

これくらい取ると562円。
冷製スープとパンの組み合わせが奇跡の美味しさで、
毎回食べてしまいました。

IMG_2304
↑オデッサのビーチ

黒海沿岸に行けば、海遊びもできます。
でも混雑していたし騒がしかったし、一人で楽しむのはちょっと難しいかも?

IMG_2352
↑ウクライナ人

そしてウクライナ女性は、とてもとても美しいです。
天使(のように美しい人)と、数え切れないくらいすれ違いました。

IMG_2372
↑ウクライナ人

無職旅認定:ウクライナは世界一の美女の国(確定)
でございます。
(でもエストニアは殿堂入りということで、別格として扱いました)

IMG_1852
↑市場

キャビアもたくさん売っていました。

IMG_1791
↑公園

これはちょっと(かなり?)怖いかも。

と、そんな感じのウクライナ旅でした。
上手く表現できなかったかもしれませんが、

とにかく楽しかった

です。
また行きたい、是非行きたい国のひとつです。
日本人はビザ無しで入国できますし、近隣の国に行く機会があれば、
ぜひウクライナまで足を伸ばしてみてください。

トルコとかグルジアから船で行くというのも、面白いと思います。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, ウクライナ

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.