無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 6/29-7/4はタイ旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 モンゴル

モンゴル旅にかかったお金

   

投稿日:

ちょっと間があいてしまいましたが、今回の旅の2ヶ国目、
モンゴル旅の費用集計結果です。

◆渡航準備のお金:3,675円
・ガイドブック1冊.....1,890円←地球の歩き方モンゴル編(Amazonで探す
・会話集1冊........1,785円←旅の指さし会話帳モンゴル編(Amazonで探す

◆国際移動のお金:約7,184円
・二連浩特(中国)⇒ザミーン・ウード.....1,313円←乗合タクシー
・ウランバートル⇒イルクーツク(ロシア)...5,871円←列車

◆モンゴルで使ったお金:合計18,156円
・食費............3,721円
・宿泊費...........1,697円
・交通費...........1,638円
・入場料.............420円
・エンターテイメント........0円
・ツアー代..........10,530円←テレルジ草原のプライベートツアー
・その他..............150円←荷物預け、インターネット
(*)お土産代は計上していません。

1トゥグリク = 0.06円で計算しました。
2012/6/28~7/3の6日間、モンゴル観光しました。
行った場所はザミーン・ウードとウランバートルです。

個々の記事へのリンクは、モンゴルもくじをご覧ください。

ツアー代以外は、ずいぶん安く済んだ気がします。

120629keiro
↑地図

こんな感じで、北京から陸路で移動してモンゴルに入国しました。
そしてロシアのイルクーツク行きの列車で出国しました。
イルクーツクは、バイカル湖の近くにある都市です。

IMG_8862
↑ザミーン・ウードの街並み

中国との国境の町であるザミーン・ウード。
ここから私のモンゴル旅がスタートしました。

たぶんゴビ砂漠の中なのだと思います。
砂が多くて独特の街並みでした。

IMG_8856
↑旅仲間

一緒に国境を超えた旅仲間。
ドイツ人2人とモンゴル人3人、私以外全員女性というラッキーな状況でした。
特筆するような出来事はありませんでしたが、華やかな事は良いことです。

DSC07332
↑モンゴル料理

たぶん羊肉です。硬くて歯ごたえがあって美味しいです。
入国してすぐに「モンゴルに来たんだなぁ」という実感がわきました。

DSC07382
↑列車内

ウランバートル行きの列車内にて。
モンゴル人青年が、ホーミー(凄い音を発する技)を披露してくれました。
楽しい旅になりそうな、幸先のよい初日でした。

DSC07431
↑ウランバートルの街並み

あまりイメージのわかないウランバートルですが、
思っていたよりもずっと都会でした。
道路も建物も交通手段も、ぼちぼち整備されています。

DSC07440
↑ウランバートルのお店

近代的で綺麗なお店も多く、あまり不自由はしなさそうです。

IMG_8973
↑大草原とラクダと馬

ウランバートル近郊の、テレルジ地区に行きました。
プライベートツアーの135ドルは高かったですが、
値段以上の経験が出来たと思います。

DSC07503
↑馬

ほんのちょっとでしたが、乗馬もしました。
この写真のガイド兼ドライバーのおっちゃんが、色々と親切に世話してくれて、
満足度の高い観光ができました。

DSC07520
↑大草原

宿泊先のゲルの主人と犬が、丘の上まで迎えに来てくれたところ。
見通しは良いのですが、とにかく広い大草原なので、
なかなか目的のゲルが見つからずに苦労しました。

IMG_8994
↑ゲル

ここに宿泊しました。

DSC07529
↑ゲル内

ずっと憧れていたゲル。
まさかこんな本格的なところに宿泊出来るとは、思っていませんでした。

IMG_8998
↑ゲルの子供

IMG_9000
↑食材

IMG_9055
↑ゲルの主人

IMG_9046
↑ゲルの厨房

民族料理(?)でおもてなししてくれました。

DSC07524
↑ゲルの料理

味は、、、う~ん、、、、どうなんでしょうねぇ、、、
本音としては、イマイチだったかも。

DSC07541
↑ゲル内

でもゲルの中で家族と一緒に食べる食事が、美味しくない訳はありませんよね。
作っているところも見ているし、もしかしたら食材も見ているし、
とても思い出深い食事になりました。

DSC07553
↑飲み物

かなり頻繁に牛乳も飲みました。
こちらはかなり期待していたのですが、予想外に普通の味でした。

IMG_9059
↑夕日

食後は暗くなるまで、子供たちと遊んだりしました。

IMG_9154
↑星空

真夏だというのに、日本の真冬並の寒さでした。
モンゴルの大草原に行く人は、ぜひ真夏に行くことをオススメします。

IMG_9213
↑井戸

子供たちと一緒に、井戸に水をくみに行ったりしました。
たった18時間の滞在でしたが、色々な事を考えさせられました。

IMG_9171m
↑ゲルと家族と無職旅

全員集合ではなくて残念ですが、一緒に記念撮影。

いや、だからホントに楽しかったんですってば。
書くまでもないとは思いますが、ゲル滞在超オススメです。
モンゴルに行ったら、絶対にゲル滞在してください。

IMG_9235
↑道

ちょっとしんみりしながら、ウランバートルに戻りました。

DSC07564
↑車

この時は焦りました。

DSC07692
↑ロシアのイルクーツク行きの長距離列車

と、そんな感じのモンゴル旅でした。
面白かったなー。
また行きたいなー。
っていうか定期的に行きたいなー。

2012年9月現在、ユナイテッド航空だと日本からモンゴルまで、
20000マイルで往復できますので、マイルの使い道に悩んでいる人は、
ぜひモンゴルに行ってみてください!

そうでない人も、ぜひ行ってみてください!

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, モンゴル

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.