無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 7/15-21はウラジオストク旅

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 中国

中国旅にかかったお金(2012)

   

投稿日:

旅の帰国から、だいたい2週間が経ちました。
そろそろ、恒例の費用集計結果の記事を書こうと思います。
まずは中国から。

◆渡航準備のお金:0円
・なし
ガイドブックや会話集など、特に新規で買ったものはありませんでした。

◆国際移動のお金:約12,713円
・茨城⇒上海..................11,400円←飛行機、春秋航空
・二連浩特⇒ザミーン・ウード(モンゴル)..1,313円←乗合タクシー

◆中国で使ったお金:合計13,850円
・食費............1,588円
・宿泊費...........2,500円
・交通費...........9,763円
・入場料...............0円
・エンターテイメント........0円
・ツアー代..............0円
・その他...............0円
(*)お土産代は計上していません。

1人民元 = 12.5円で計算しました。
2012/6/25~6/28の計4日間、中国観光しました。
行った場所は上海、北京、二連浩特です。

個々の記事へのリンクは、中国もくじをご覧ください。

357b7533
↑移動経路

「中国旅」とは書きましたが、実際はほぼ通過したのみです。

最初の目的地はモンゴルのウランバートルだったのですが、
そこへ行くためのほぼ最安のルートを選び、こんな感じになりました。

茨城⇒上海(飛行機)
上海⇒北京(夜行列車)
北京⇒二連浩特(列車)
二連浩特⇒モンゴルのザミーン・ウード(乗合タクシー)

食費や宿泊費を含めても約25,000円で、
日本からモンゴルへと移動する事ができました。
もうちょっと頑張れば、20,000円は切れると思います。

DSC07125
↑飛行機

何度かお世話になっている春秋航空。
サービス面等はそれなりですが、とにかく安いので助かります。

DSC07145
↑上海の駅

上海到着後、ただちに北京へと移動しました。

以前は自動券売機でチケットを購入出来たのに、
どういうわけか窓口での販売のみに戻っていました。
せっかく便利になったと思ったのに、とても残念です。

久々の窓口でのチケット購入は、色々と疲れました。。
でもおおむね列は守られているので、それは助かりました。

DSC07153
↑列車

上海と北京を10時間で結ぶ高速鉄道。
たぶん中国最高の車両のひとつです。

DSC07159
↑車内

こんな感じでとっても綺麗です。
その後ロシアや東欧でたくさん列車に乗りましたが、
それらを含めてもトップクラスの車両だったと思います。

でもお値段は高めで、617元(≒7,713円)もしました。
安い列車ならば、この半額以下で乗る事ができると思います。

ちなみに北京⇔上海の飛行機も、
安い日ならば4,000円くらいだったりします。

DSC07190
↑北京西駅

巨大な駅舎ですね。
さすが中国、スケールがでかいです。

北京到着後は、モンゴル方面への移動手段を探しました。

DSC07199
↑自転車?

カウル付きの自転車?バイク?を多く見かけました。
ちょっと可愛いかも。

IMG_8847
↑歴史地区っぽい場所

北京では数時間だけ観光することが出来ました。
私は上海よりも北京の方が好きかもしれません。
上海に比べると、少し落ち着いてのんびりと観光できる気がします。

IMG_8844
↑串揚げ?

店先に展示してあるこの状態では、ワシャワシャと動いていました。
少し興味はありましたが、さすがにこれはチャレンジ出来ませんでした、、、

DSC07147
↑中華料理

ファーストフード店でしたが、中華料理も何回か食べました。
まずまずの美味しさです。
日本人の口にも合うと思います。

DSC07169
↑食堂

朝っぱらに、食堂内でヒゲを剃っているおじさん。
これは中国独特の光景かも。。

DSC07237
↑列車

私は北京から二連浩特まで、列車で移動しました。
中国とモンゴルとの国境の町です。
料金は148元(≒1850円)でした。

同じ列車で直接ウランバートルやモスクワまでも移動出来るのですが、
国際列車はかなり値段が高いので、私は分けて移動する事にしました。

DSC07250
↑車内

モンゴル人女性と一緒でした。
どことなく朝青龍的な雰囲気を感じました。

DSC07262
↑内モンゴル自治区の料理?

車内販売にて。
けっこう美味しかったです。

DSC07301
↑乗合タクシー

そして二連浩特で一泊して、色々と頑張って、
この乗合タクシーでモンゴルへと移動する事になりました。
料金は1人100元(≒1250円)でした。

と、こうして振り返ってみて気づいたのですが、
それなりに色々な出来事がありましたね。
中国はただ通過しただけで、殆ど何もしなかったつもりだったのですが。

やっぱ中国も、もう一度じっくりと旅したいですねー。
日本から近いし物価も安いし、かなりいい旅が出来ると思います。
(ただ、色々な面で難易度はやや高めですが)

そんな感じで、今回の旅がスタートしました。
次の国はモンゴルです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, 中国

Copyright© 無職旅2 , 2019 AllRights Reserved.