無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 次の旅は9月ごろ?

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

中国

北京でモンゴル行き列車のチケットを買うために歩き回る

   

投稿日:

6/26に北京の六里橋長距離バスターミナルで、
目当てのチケットが売り切れていて困っている続きです。

DSC07185
↑地下鉄駅

あまり困っていても仕方ないので、とりあえず北京の中心部に戻ることにします。
バスターミナルのすぐ裏に地下鉄駅がありました。

DSC07186
↑駅

あれ?なんで誰もいないの?まだ営業してない?
と不安になるくらい静かです。

DSC07187
↑路線図

あ、まだ途中までしか開通していなかったのですね。納得。
でもとりあえず乗っておきましょう。
2元(≒26円)

DSC07190
↑駅

地下鉄で北京西駅まで移動しました。
巨大で威圧感のある建物です。

ここの売り場で、二連浩特(エレンホト)行きのチケットを買おうとしましたが駄目でした。
中国語しか通じないので何が駄目なのか理解できませんでしたが、
とにかく買うことが出来ませんでした。

まいったなぁ、、、

予定変更して中国だけまわって帰ろうかなぁ、、、

なんてちょっと弱気になってみたり。

DSC07192
↑北京駅

徒歩と地下鉄で、また北京駅に戻ってきました。

DSC07194
↑駅前

なんかイベントをやっていました。

DSC07195
↑宿

駅前にある北京城市青年酒店(ユースホステル)に来ました。
ここは3年前に泊まったことがあります。
スタッフは英語が通じるので、相談に乗ってもらおうと思いました。

DSC07196
↑部屋

かなりの疲労を感じたので、ついつい部屋をとってしまいました。
YHAカードで割引してもらって、シングルルームが1泊120元(≒1524円)。
トイレとシャワーは共同ですが、エアコンも効いていてそこそこ快適です。

ベッドに横になったら、ガクっときてしまいました。
自分で思っていたよりも、さらに疲れていたようです。
一泊することにして良かったです。

宿の中では、飛行機のチケットを手配することができます。
北京からモンゴルまで、3500元(≒44450円)くらいだそうです。
う~ん、、、それはいくらなんでも出せないなぁ、、、

ちなみに3年前は鉄道のチケットも手配してもらえたのですが、
今は飛行機だけになってしまったようです。

DSC07199
↑乗り物

1時間くらいしてから外出。
さっき見たのと同じようなカバー付バイクですが、ずいぶんデザインが可愛いですね。

DSC07200
↑いいホテル

北京国際飯店という大きなホテルに来ました。
北京駅から徒歩10分くらいの場所にあります。

DSC07201
↑ホテル内

かなりきらびやかです。

DSC07202
↑ホテル内

このホテル内に、国際列車のチケットを取り扱う会社があると聞いて来ました。
ここですね。
(国際列車のチケットは、北京駅では購入できないようです)

DSC07210
↑料金表

確かに国際列車のチケットを取り扱っているようです。
英語も通じるし、空席もあるみたいだし、これでバッチリです!

でも、、、けっこう高いんですよね。。

北京⇒ウランバートル(モンゴルの首都) 一番安い寝台 1430元(≒18161円)

う~ん、、、これはちょっと予算オーバーかなぁ、、、
モンゴルのもっと手前の町までだと、こんな感じです。

北京⇒ザミーン・ウード(モンゴルの国境付近の町) 一番安い寝台 809元(≒10274円)

ずいぶん安くなりましたね。
これで行って、モンゴル国内は自力で移動する方が経済的です。

ちなみに北京⇒モスクワは、4049元(≒51422円)するようです。
飛行機の方が安いですね。

とりあえず購入は保留しましたが、行く手段が解ったので安心できました。

DSC07203
↑北京駅のチケット売り場

三度北京駅へ。
(さっきのオフィスだと、国際列車のチケットしか販売していないため)

DSC07204
↑チケット売り場内

情報も集まってきたので、もう一度チケット購入に挑戦してみます。

DSC07206
↑窓口

何度かたらいまわしにあって、1番の窓口に来ました。
「国際列車を国内下車するチケット」はここで購入できるようです。

DSC07205
↑チケット

やっと購入できました!!!

北京⇒二連浩特(エレンホト) 安い寝台 148元(≒1880円)

朝から約6時間探しまわって、やっと二連浩特までのチケットを購入できました!!
(このチケットは国内線なので、さっきの北京国際飯店内では購入できません)

買えたことももちろん嬉しいのですが、

何この安さ?

というくらい安く買えたことも、とても嬉しいです。

文字だけで恐縮ですが、位置関係を説明するとこんな感じです。
北京------二連浩特--(国境)--ザミーン・ウード-----ウランバートル

で、チケットの比較はこんな感じです。
北京⇒二連浩特 148元(北京駅で購入した場合)
北京⇒ザミーン・ウード 809元(北京国際飯店内で購入した場合)

間に国境があるものの、二連浩特とザミーン・ウードって隣町なんですよね。

国内列車か国際列車かというだけで、こんなにも値段が違ってくるのです。
ちなみに乗る列車は同じものだったりします。

DSC07207
↑飲食店

安心したところで、食事にしようと思います。
もう15時半ですが、遅めの昼食を。

DSC07209
↑店内

英語は全然通じませんが、英語の辞書のようなメモ紙を取り出して、
一生懸命対応してくれたところが可愛いです。

DSC07212
↑昼食

いろいろ入った麺 20元(≒254円)

鶏肉?の塊が入っています。骨が大きくて、肉はあまりついていません。
どう食べたらいいんですかねえ?
それに麺とスープの味も、、、、う~ん、、、
おなかは膨れました。

DSC07214
↑おやつ

口直し的に購入。
宿の近所は売店がたくさんあって便利です。

ミルクティー 5元(≒64円)
イケメンの印刷してあるポテトチップ 10元(≒127円)

DSC07215
↑ポテトチップ

のりが固く、開封を失敗しました。
日本製のお菓子だと、こういうことってあまり無いですよね。
気が付きづらいところですが、日本の技術力を再認識しました。

そして宿の部屋でブログを書いて現在に至ります。

けっこう疲れましたね。
体力的にもそうですが、精神的にもけっこう疲れました。
しかしまあ、なんとかモンゴルへの道が確保できて安心しました。

2日目にして、いきなり挫折!?

と、かなり不安になっていましたから。
暗くなる前に観光に行こうかと思いましたが、宿でゆっくりすることにしました。
本番はこれからですからね。ここは体力温存作戦です。

もうちょっと休んだら、夜にちょっと繁華街をぶらぶらしようかと思います。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-中国

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.