無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 3月は旅はお休みします

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

費用集計 【オセアニア・太平洋】

2011-12南太平洋旅の費用集計&まとめ 51日間で6ヶ国でリゾートして401,004円

   

投稿日:2012-02-29 更新日:

久々に旅関連の記事です。

今回の南太平洋旅の全体の費用集計結果です。

旅の期間は、2011/12/12~2012/2/1の51日間でした。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

移動経路と日程

120229keiro1
↑行った場所

こんな感じの場所を旅していました。

ちなみに南太平洋の日付変更線の東側には、あまり国は無いと思います。

・クック諸島(ニュージーランド領的な場所)
・タヒチ(フランス領)
・イースター島(チリ)

こんなくらいでしょうか。

BlogPaint
↑行った場所

おおざっぱな経路はこんな感じです。

オーストラリア経由でニュージーランドに入り、南太平洋の国々をまわり、またオーストラリア経由で日本に帰りました。

50泊51日の南太平洋旅でした。

旅の日程は以下の通りです。

 

スケジュール

12/12 日本出発
12/13 ニュージーランド(クライストチャーチ⇒カイコウラ⇒ウェリントン⇒タウポ⇒オークランド)
12/27 ニューカレドニア(ヌメア、アンスバタ、カナール島、メトル島)

1/01 バヌアツ(ポートビラ、ハイダウェイ島)
1/07 フィジー(ナンディタウン、マナ島)
1/15 サモア(アピア、ファオファオビーチ)

1/22 フィジー(ナンディタウン、デナラウアイランド)
1/24 トンガ(ヌクァロファ、エウア島)
2/01 日本帰着

 

全体の費用集計

今回も一項目ずつ、集計結果を書いてみようと思います。

2012年1月頃のレートで換算しています。
(1ドル=77円くらいです)

◆食費:40,386円(平均792円/日)

ニュージーランドとかリゾート地を旅した割には、けっこう安く済みました。

食事込みの宿に多く泊まった事も、理由の一つだと思います。

DSC03099
↑トンガのエウア島の一般家庭

食事をご馳走になった事も何回かありました。

たくさん親切してもらった、いい旅でした。

 

◆宿泊費:87,594円(平均1,718円/日)

妥当なところですね。

感覚としても、1500~2000円の宿に多く泊まったと思います。

DSC00465
↑ニュージーランドのユースホステル(約1980円)

こういう都市型の宿から、

DSC02474
↑サモアのビーチブレ(2食付きで約2310円)

大自然の素朴な宿まで、いろいろでした。

さすがにここはちょっと驚きましたが。。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

◆交通費:250,649円

日本からの航空券 80,186円 成田⇒ゴールドコースト
ゴールドコースト⇒クライストチャーチ
オークランド⇒成田
の3区間の航空券の合計
旅先の国内交通 39,063円
旅先の国際交通 131,399円

毎度毎度、一番高くついてしまう交通費。

今回もやっぱり高額でした。こんなにかかっていたんですね、、、

だがしかし!

南太平洋の国々をしっかりとまわって、それなりに離島にも行ってこの価格なら、むしろ安いくらいなのでは!?

……と思いたいです。

そこそこ安いチケットを予約できたと思っていますし。

 

◆入場料:2,280円

ニュージーランドで立ち寄った2ヶ所のみです。

今回は自然散策など、無料で楽しめる事を多めにしました。

 

◆エンターテイメント代:1,504円

カジノとかクリスマスパーティとかで少々。

 

◆ツアー代:1,840円

トンガのエウア島で、島南部の自然巡りをしただけでございます。

 

◆その他:11,397円

ネット、日用雑貨、洗濯、郵送代とか。

なんだかんだとお金がかかります。

 

◆お土産代:内緒

あれ……? けっこう使ってたなぁ……

 

◆ガイドブック代:5,355円

地球の歩き方を3冊。

それでは各項目が出揃ったので、合計金額の発表です。

 

総合計

50泊51日の南太平洋旅の総額費用

 

 

 

 

 

401,004円

 

 

です。

う~ん、、、もっと安く済むと思ったんですけどねー。

やっぱこれくらいかかっちゃうのかー。

 

でもねでもね、

ニューカレドニア

とか、

フィジーのマナ島

とか、

憧れの南国リゾート!

みたいな場所に1ヶ月以上滞在した訳ですからね。

そう思えば決して高くはない、、、ですよね。
(しかもニュージーランドも軽く縦断してますし)

 

まとめ

ではここからは、写真を見ながら軽く振り返ろうと思います。

ニュージーランド

IMG_0523
↑クライストチャーチの街並み

まずはニュージーランドから。

最初に訪れた町がこんな状態で、ビビリながらの旅のスタートでした。

DSC00806
↑タウポの滝

でもニュージーランドでは、とても快適な旅が出来ました。

食事も宿泊も観光も、ほとんど苦労しませんでした。

どこに行っても美しい自然があるし、いい国です。

IMG_1153
↑オークランドの街並み

都市部も適度に賑わっています。

お隣のオーストラリアより物価が安いのも嬉しいです。

治安も良いし、とってもオススメな国です。

 

ニューカレドニア

IMG_1358
↑アンスバタビーチ

2ヶ国目はニューカレドニア(フランス領)。

本島とその近郊だけだったので、天国に一番近いかどうかは解りませんでした。

でもそこそこ観光しやすいし、海も綺麗だし、いい場所だと思います。

これから行く予定のある人は、離島に行く事を強く強くオススメします。
(イルデパンとか、ウベア島とか)

ただ物価がかなり高いので、その点は覚悟しないとです。

スポンサーリンク

無職旅2PC記事下336

バヌアツ

DSC01580
↑バヌアツの市場のおばちゃん

3ヶ国目はバヌアツ。

おばちゃんの頭髪が大迫力です。

ここらへんから南国っぽい、ゆったりした感じが出てきました。

IMG_1777
↑バヌアツのハイダウェイ島

小さいけど、綺麗でのんびりして楽しい島。

町の中心部からもそう遠くないし、とても良い島です。

当初は全然期待していなかったバヌアツでしたが、予想外に楽しく過ごせました。

穴場のリゾート地としてオススメできる国です。

 

フィジー

IMG_2046
↑フィジーのマナ島の海

4ヶ国目はフィジー。

マナ島のサンセットビーチは、感動的な美しさでした。

DSC00833
↑マナ島の山

ほんの1時間程度だけど、トレッキング的な事もしましたし。

IMG_1967
↑マナ島のファイアーダンス

滞在中は「やることないー」なんて言ってましたが、今思い返せば、けっこう楽しく過ごせました。

フィジーはリゾート地として、かなり成熟しているようです。

もちろんツアーで行っても楽しいと思いますが、個人旅行でもしっかりと楽しむことができる、いい国だと思います。

日本からちょっと遠いけど、わざわざ行く価値はありそうです。

 

サモア

IMG_2162
↑サモアのビーチブレ

5ヶ国目はサモア。

のんびり楽しく過ごせましたが、近隣の国に比べると、残念ながらちょっと地味な感じかも。

でもそのぶん、一番のんびり出来た場所でもあります。

 

トンガ

IMG_2392
↑トンガのエウア島の一般家庭

6ヶ国目。
この旅で最後に訪れた国はトンガでした。

これがまた楽しいのなんのって。

エウア島在住日本人のHさん、Kさん、Yさんには、本当にお世話になりました。

IMG_2443
↑エウア島の巨木

エウア島の大自然を満喫したり。

DSC03095
↑エウア島の一般家庭

一般家庭におじゃまして、伝統料理をごちそうになったりと、とっても貴重な体験が出来ました。

今まで旅した中でも、トップクラスのいい体験だったかもしれません。

IMG_2538
↑エウア島のビーチ

みんな写真が大好き。

お姉さん(お母さん?)の強烈的なポーズも印象的なエウア島でした。

 

まとめのまとめ

と、そんな感じの南太平洋旅でした。

私はあちこち行きましたが、1つか2つの国に絞ってゆっくり過ごすのも良さそうですね。

またいつか行ってみたいです。

今度はいいホテルに泊まって、美味しい物を食べたりダイビングしてみたり。

そうしたら、さらに何倍も楽しくなりそうです。

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-費用集計, 【オセアニア・太平洋】

Copyright© 無職旅2 , 2020 AllRights Reserved.