無職で海外とか国内を旅をしている人のブログです 9/5-15は台湾旅です

無職旅2

無職旅2スマホ記事上レスポ

ウズベキスタン

7/18レギスタン広場1 これぞシルクロード!明らかに立派な遺跡

   

投稿日:

*******************************
2011年7月18日 月曜日 サマルカンド(ウズベキスタン)

おはようございます。
今日こそ、今日こそは、サマルカンドのメインである、
レギスタン広場に行こうと思います。

P1350758
↑レストラン

プロフ(炊き込みご飯)が食べたいと思い、朝からレストランに。
3件まわりましたが、いずれも品切れ(まだ作ってない)でした。
プロフを作るのは、昼頃が多いようです。

P1350759
↑謎の剥製

P1350760
↑朝食

妥協して、別の軽食屋さんに入りました。
ヨーグルトとピロシキと何か 2200スム(≒110円)
味は良かったのですが、かなり油っこいので、
後々胸焼けに繋がりました。

P1350762
↑店内

こっそりとこっちを観察し続ける店主。

P1350766
↑ネットカフェ

食後はネットカフェで、書き溜めていたブログをアップ。
日本語入力ができず、色々と苦労しました。

80分で3000スム(≒150円)
63分しか使っていないのに、しっかり吹っかけてきました。

IMG_4683
↑レギスタン広場

いよいよレギスタン広場でございます。
「レギスタン」とは、「砂地」の意味だそうです。

IMG_4685
↑チケット売り場

入場料は11800スム(≒590円)。
写真撮影料は請求されませんでした。

IMG_4684
↑広場内

立派です。
明らかに立派です。

IMG_4692
↑広場内

演劇用(?)のステージと観客席がなければ、もっと良かったのに、、、
世界遺産にこういうのを付け足すのはやめましょう。やめましょう。

IMG_4689
↑装飾

イスラム建築で、動物とか顔が書いてあるのは、非常に珍しい事だそうです。

見学しながら写真を撮っていると、警備員が話しかけてきました。

「コンニチハ、ニッポンジン、デスカ?」

片言の日本語で、とてもフレンドリーに話しかけてきます。

「ミナレット(塔)、ノボリマセンカ?、スバラシイ、デスヨ」

本来は入場できないミナレットに、昇らせてくれるそうです。
警備員が小遣い稼ぎのために声をかけてくる、
とは聞いていましたが、こんなに堂々と誘ってくるとは。

IMG_4695
↑通路

カギのかかった扉をあけて、誘導してくれました。
交渉の結果、5000スム(≒250円)を支払いました。

IMG_4713
↑ミナレット

これに昇ります。

IMG_4697
↑ミナレットの入り口

ちょっとした冒険気分。

IMG_4700
↑ミナレットの中

けっこう急な階段です。

IMG_4710
↑てっぺん付近

展望台があるわけではなく、ちょこっと穴が開いています。
ここから顔だけだして、外を覗くというわけです。

IMG_4706
↑景色

なかなかいい景色。

IMG_4707
↑景色

でも、「高い」のと「足場がボロボロ」という二重の恐怖で、
あまり落ち着いて撮影できませんでした。

満足度はぼちぼちです。

IMG_4718
↑他の場所

ミナレットよりも、こういう場所を見られたというのが面白かったかも。
見学ルートではないので、オリジナルに近い状態のままだと思います。
古びた感じがグッドです。

IMG_4719
↑電気

配線はグチャグチャ。

P1350770
↑出口

あれ?警備員のおっちゃんどこー??


しまった、閉じ込められてしまった!!

IMG_4721
↑カギ

扉の上の死角に、カギがつってありました。
これで無事に扉が開きました。

脱出ゲームみたいで、ちょっと面白かったです。

なお、女性一人の場合だと、
セクハラされる場合があるので注意しましょう。

つづく

無職旅2PC記事下336

無職旅2PC記事下336

関連記事

関連記事と広告

スポンサーリンク

   

-ウズベキスタン

Copyright© 無職旅2 , 2018 AllRights Reserved.